130件中 31 - 40件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た中原圭介

    経済アナリストの中原圭介は「世界経済を歴史的観点から眺めていくと、インフレで不況のときもあれば、デフレで好況のときもあったということがわかります。実際に、ある貴重な研究論文において、デフレ期の9割で経済は成長しており、不況期の7割はデフレではなくインフレであったという、れっきとした事実が証明されている」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た根岸隆

    経済学者の根岸隆は「デフレ期待が強まれば投機的動機による貨幣の需要が増え、中央銀行がいくら貨幣供給量を増やしても金利が下がらず、いわゆる流動性の罠に陥る」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たポール・クルーグマン

    経済学者のポール・クルーグマンは「国は企業ではない」という持論を根拠に「ビジネスリーダーは、しばしば非常に悪い経済的なアドバイスを送る」と批判しており、経済の低迷に対処するために国を企業に見立てて賃金などの支出をカットすれば、需要の低迷というデフレの問題を悪化させるだけだと主張している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た若田部昌澄

    経済学者の若田部昌澄は「デフレによって年金・失業保険などの長期的な制度は崩壊の危機にさらされる」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た北村行伸

    北村行伸 金融研究 第21巻第1号 2002年3月(IMES DISCUSSION PAPER SERIES)デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た星岳雄

    経済学者の星岳雄は「デフレは金融政策で解決できる問題である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たハイマン・ミンスキー

    経済学者のハイマン・ミンスキーはデフレを抑止する機能として、デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た浜田宏一

    経済学者の浜田宏一は「本当に価格が伸縮的な経済であれば、実物景気循環論が言うとおり、デフレでも問題はないが、現実は賃金・物価は硬直的であるため、デフレ下では実質賃金が上がってしまう。つまり企業のコストが上がってしまうため、雇用・生産を抑えてしまう」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た猪木武徳

    経済学者の深尾光洋は「デフレを放置することは、政府の信用の失墜を放置するということである」と指摘している。経済学者の猪木武徳は「デフレが悪化すると、政府への信任が失われるのは、インフレの悪化と同様である。インフレもデフレもその論理は異なるものの、統治への信任の喪失という点では同じ影響力を持つ」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た安達誠司

    経済学者の田中秀臣、安達誠司は「デフレはマクロ経済学の環境だけでなく、同時にミクロレベルの企業・家計にまで深刻なダメージを与える」と指摘している。田中、安達は「デフレは経済全体の景況が悪いということである。少なくとも企業業績が悪化する可能性が、マイルドなインフレよりも数段も大きい」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「デフレーション」のニューストピックワード