87件中 31 - 40件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た消費者物価指数

    経済学者の浅田統一郎は「日本のデフレ不況の主要な原因は、20年間に渡って続いた、日本銀行による極度に消極的な金融政策である」と指摘している。エコノミストの飯塚尚己は「日本経済がデフレ下にあるのは、日銀の政策が繰り返し失敗に終わった結果だ」と指摘している。若田部昌澄は「日銀は消費者物価指数上昇率0%あるいはデフレを目標として金融政策を運営しているのではないかという疑いさえある」と指摘している。高橋洋一は「日銀は『インフレ目標』ならず『デフレ目標』を持っているのかとさえ思えてくる」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た経済協力開発機構

    OECDによればデフレは「一般物価水準の継続的下落」と定義されている。IMFや内閣府はしばしば2年以上の継続的物価下落をデフレと便宜的に定義してデフレ認定を行なっている。一時的な物価下落をデフレと呼ぶ識者もよく見られるがOECDの定義やIMF・内閣府の基準からすると誤用である。またメディアで「食のデフレ」などと言った表現がなされる場合があるがデフレとは個別物価(個別価格/相対価格)ではなく一般物価水準(または総合物価)の下落を指しているので本来の意味からすれば誤用である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た藻谷浩介

    藻谷浩介は日本のように高度に発展した社会では高齢化の進行が耐久財分野での有効需要の減少をもたらしデフレの要因となっており、従来型の金融政策ではなく高齢者世代から若年者世代への所得の移転を税制などにより促すことが必要であると論じる。一方で民間の論調は人口減少デフレ論には懐疑的である。ダイヤモンドZAi2011年5月号は「2011年現在韓国、ロシア、東欧諸国は人口が減っているが、名目GDPは成長を続けている」と論じている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た内閣府

    OECDによればデフレは「一般物価水準の継続的下落」と定義されている。IMFや内閣府はしばしば2年以上の継続的物価下落をデフレと便宜的に定義してデフレ認定を行なっている。一時的な物価下落をデフレと呼ぶ識者もよく見られるがOECDの定義やIMF・内閣府の基準からすると誤用である。またメディアで「食のデフレ」などと言った表現がなされる場合があるがデフレとは個別物価(個別価格/相対価格)ではなく一般物価水準(または総合物価)の下落を指しているので本来の意味からすれば誤用である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たFRB

    1997年から始まった日本の金融危機について、アメリカのFRBはが研究を行ってきたことは広く知られており、危機が訪れたとき、デフレ阻止に向けて急速な金融緩和を行うべきであるという結論は、インターネット・バブル崩壊と「世界デフレ」の危機に関しては予期した以上の成果へ結びついた。FRBは2002年7月に「デフレ防止策について1990年代の日本の経験の教訓」というFRBスタッフによるディスカッションペーパーを公表し、そのなかで日銀が阪神・淡路大震災後も金融スタンスを変えなかったことや、1997年に消費税を増税したことに言及し、財政構造改革の政策スタンスを転換し所得・消費税等を引き下げることにより経済を刺激できた可能性について言及している。経済学者の田中秀臣などはこの論文を引用し1990年代のこれらの政策態度により日本は完全な長期停滞に突入したと論じる。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た物価

    デフレーション () とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。略してデフレとも呼ぶ。日本語では通貨収縮、俗称では「右肩下がり」という。対義語に物価が持続的に上昇していく現象を指すインフレーション () がある。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たインフレーション

    デフレーション () とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。略してデフレとも呼ぶ。日本語では通貨収縮、俗称では「右肩下がり」という。対義語に物価が持続的に上昇していく現象を指すインフレーション () がある。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た実質金利

    代表的な影響は債権・債務問題である。物価の下落は、実質的な返済負担増となる(デットデフレーション、英語:Debt Deflation)。そのため、借り手である債務者から貸し手である債権者への富の再配分が発生する。物価下落によって実質金利が上昇する。なお、たとえば1万円で買えるものの量が増えるから一見メリットがあるように見えることは、実際にはその1万円を稼ぐこと自体が困難になるため、デフレで有利になるとは言えない。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たゼロ金利政策

    「デフレが続いているにもかかわらず2002年からは景気が回復した、だからデフレは景気とは関係がない」という議論があるが、経済学者の若田部昌澄は「日本がデフレに陥っていた1990年代にも2回程度の景気回復があったが、そのたびに景気回復が頓挫した。原因には、2000年8月の速水優日銀総裁によるゼロ金利政策解除といった政策の失敗もある。デフレの下での景気回復はきわめて脆弱であり、2008年現在の景気回復はほとんど枕詞のように『実感なき』と呼ばれるほど勢いが弱い。デフレの下では給料などの名目値が伸び悩むから実感に乏しい」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たビルト・イン・スタビライザー

    累進課税制度など税制による自動的な減税効果(ビルト・イン・スタビライザーデフレーション フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「デフレーション」のニューストピックワード