130件中 51 - 60件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た設備投資

    物価の下落→企業収益の圧迫→企業の経費節約→需要不足→更なる物価の下落→更なる企業収益の圧迫→設備投資の抑制→リストラなどによる雇用の減少(失業の増加)→家計の所得の減少(購買力の低下)→消費の減少デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た年金

    岩田規久男は「現在と将来の所得が変わらなければ、デフレのほうがたくさんモノが買えるため良いが、所得は物価の変動によって影響を受ける。さらに企業の倒産・失業、預金・生命保険の安全性、将来の年金などがデフレによって悪影響を受ける」と指摘している。岩田は「物価が下落しても失業によって所得が無くなれば実質所得はゼロとなり、生活が困窮するだけである」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た保護主義

    中野剛志はカール・ポランニーは1930年代の世界恐慌を研究した上で『大転換』を執筆し、環境・自然の破壊・労働者の破壊・デフレによる生産組織の破壊を防ぐ保護対策を論じたが、そう考えるとデフレ対策も保護主義であり、生産組織の保護と言えるとしている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た地域通貨

    1932年、オーストリアのヴェルグルで、デフレ対策として地域通貨が導入され画期的効果をあげた(後に中央通貨令により禁止された)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たブラック企業

    高橋洋一は「デフレ脱却は、ブラック企業潰しに大きな役割を果たす」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た通貨

    19世紀の産業革命の進展期においては、デフレは恒常的な通貨問題であり、金本位の退蔵(グレシャムの法則)に見られる貨幣選好やインフレ抑止のための不胎化政策、技術革新による供給能力の飛躍的な進展がデフレをもたらしていた。ケインズ政策や管理通貨制度が普及した後はインフレーションに比して圧倒的に少ない。ジョン・メイナード・ケインズは、ハイパーインフレを除けば、インフレよりもデフレの方が害が大きいと述べている。その理由は世界経済が低迷している中で、富裕層に損をさせるよりも経済的弱者の失業を促進させる方が経済へのダメージが大きいからである。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たGDP

    円居総一は「ケインズ経済学では、賃金の下方硬直性を前提に、貨幣数量の変化が実質GDPに影響を与える、つまり物価の持続的下落と実質GDPの持続的下落という現象が同時に起きることを提示している。その後の実証研究の積み重ねによって10年以上の長期でない限り、ケインズ的見解が成立することがコンセンサスとなっている。また、ニュー・ケインジアンも長期では貨幣の中立性を認めている」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た金融緩和

    デフレ・ギャップが恒常的に存在することで、失業の増加、物価水準の下落、成長率の減少が続く。デフレギャップを解消するには、需要を増やすか供給を減らす必要があるが、市場において供給システムが出来上がっているケースで供給を減らすことは容易ではない。一般に政府が減税、金融緩和政策、政府支出を増大させるなどを行い需要を喚起する政策が取られる。国によっては兵役で雇用を創出する場合もある。日本ではこのギャップの数値は、内閣府のレポートに「需給ギャップ」として発表される。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た内閣府

    経済協力開発機構(OECD)によればデフレは「一般物価水準の継続的下落」と定義されている。IMFや内閣府は「2年以上の継続的物価下落」をデフレと便宜的に定義してデフレ認定を行なっている。一時的な物価下落をデフレと呼ぶ識者もよく見られるがOECDの定義やIMF・内閣府の基準からすると誤用である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た最低賃金

    若田部昌澄は「賃金が上がらないと物価は上がらないというのは定説であり、物価だけ先に上がるというのは考えにくい」と指摘している。若田部は「デフレで実質賃金が上がっている状態で、さらに最低賃金を引き上げると、企業は雇用に慎重になる。最低賃金の引き上げが、デフレ不況を解消するほどの需要にならず、悪い効果を与える可能性が高い」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

130件中 51 - 60件表示

「デフレーション」のニューストピックワード