前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
279件中 1 - 10件表示
  • ジャック・ソンゴォ

    ジャック・ソンゴォから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1996 - 97シーズンにデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍。このシーズンのサモラ賞に外国人として初選出される活躍を見せてリーグ3位に貢献。その後監督交代が相次ぎチームは低迷したが、在籍3年目に就任したハビエル・イルレタ監督が就任すると、ヌールディン・ナイベト、ドナトとの両CBと共に堅牢な守備陣を構築し、1999-00シーズンにはクラブ初のリーグ優勝を達成し、「スーペル・デポル」として一時代を築いた。その後フランシスコ・モリーナの台頭により出番が減少し、古巣FCメスに復帰。ここで26試合に出場するも2部降格となった。ジャック・ソンゴォ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ペレス

    ルーカス・ペレスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ルーカス・ペレス・マルティネス(Lucas Pérez Martínez, 1988年9月10日 - )は、スペイン・ア・コルーニャ出身のサッカー選手。RCデポルティーボ所属。ポジションはFW。ルーカス・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ2007-2008

    リーガ・エスパニョーラ2007-2008から見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ロベルト・アジャラ (レアル・サラゴサ) 対デポルティーボ・ラ・コルーニャ (2008年3月3日)リーガ・エスパニョーラ2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • アウグスト・セサル・レンドイロ

    アウグスト・セサル・レンドイロから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1945年6月6日、ガリシア地方のア・コルーニャ県コルクビョンに生まれる。国民党所属で、代議員議員(1993年-1995年)、ア・コルーニャ県議会議長(1995年-1999年)を歴任。プロサッカーリーグリーガ・エスパニョーラのクラブデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ会長(任1988年-2014年 )。アウグスト・セサル・レンドイロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・フランシスコ・モレノ

    フアン・フランシスコ・モレノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    フアンフラン(Juanfran)ことフアン・フランシスコ・モレノ・フエルテス(Juan Francisco Moreno Fuertes, 1988年9月11日 - )は、スペイン・マドリード出身のサッカー選手。ポジションはDF。デポルティーボ・ラ・コルーニャに所属している。フアン・フランシスコ・モレノ フレッシュアイペディアより)

  • マヌ・フェルナンデス

    マヌ・フェルナンデスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍。主にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)要員として活躍し、プリメーラ・ディビシオンでの公式戦を含めてミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現東京ヴェルディ)の下21試合に出場した。マヌ・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • バレンシアCF

    バレンシアCFから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1999年にエクトル・クーペル監督が就任すると、同年夏のスーペルコパ・デ・エスパーニャではバルセロナに勝利した。1999-2000シーズンは、前任者とのサッカーの違いなどから、リーグ戦では序盤戦に低迷したが、クーペルは前任者のシステムを踏襲し、クラウディオ・ロペス、ガイスカ・メンディエタ、キリ・ゴンサレス、ジェラール・ロペスらがチームの中心となったことで、チームは巻き返して優勝争いに加わった。このシーズンは、レアル・マドリードが早々と優勝争いから離脱、優勝候補の筆頭だったバルセロナもリーグ戦での勝ち点の取りこぼしが目立ち、デポルティーボ・ラ・コルーニャとレアル・サラゴサの躍進で、優勝争いが混沌としていた。結局、優勝したデポルティーボ・ラ・コルーニャに勝ち点4差、2位のバルセロナに勝ち点1差の3位であったが、このシーズンのUEFAチャンピオンズリーグではクラブ史上初めて決勝に進出した。しかし、2000年5月24日にパリで行われた決勝ではアメデオ・カルボーニが出場停止。カルボーニの抜けた穴は大きく響き、レアル・マドリードに0-3で敗れた。バレンシアCF フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・デ・リアソール

    エスタディオ・デ・リアソールから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    エスタディオ・デ・リアソル(Estadio de Riazor)は、スペイン・ガリシア州・ア・コルーニャにある多目的スタジアム。サッカークラブのデポルティーボ・ラ・コルーニャがホームスタジアムとして使用している。収容人数は34,600人。「世界一美しいスタジアム」と呼ばれている。エスタディオ・デ・リアソール フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・バラル

    ダビド・バラルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    アンダルシア州カディス県サン・フェルナンドに生まれ、CDサン・セルバンドやなどのクラブを経てレアル・マドリードの下部組織に移った。2002年にレアル・マドリードC、2003年にレアル・マドリード・カスティージャと昇格していき、2003-04シーズンにはにレンタル移籍して17得点した。2006年、セグンダ・ディビシオン(2部)のスポルティング・デ・ヒホンに完全移籍した。2007-08シーズン後半戦はクロアチア人のマテ・ビリッチと絶妙なコンビを組み、10年ぶりのプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に貢献した。2008年10月26日、アウェーでのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (3-0) でトップリーグ初得点となるPKを決めた。17位で迎えたシーズン最終節のレクレアティーボ・ウェルバ戦 (2-1) では降格を回避する重要な得点を挙げた。ホーム&アウェーそれぞれでのバレンシアCF戦やアトレティコ・マドリード戦など強豪との対戦で得点しており、シーズン通算では二桁得点を達成した。ダビド・バラル フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・モスケラ

    ペドロ・モスケラから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ペドロ・モスケラ・パラダ (Pedro Mosquera Parada, 1988年4月21日 - )は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ出身のサッカー選手。ポジションはMF。リーガ・エスパニョーラのデポルティーボ・ラ・コルーニャに所属している。ペドロ・モスケラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
279件中 1 - 10件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード