279件中 91 - 100件表示
  • アンヘル・アリスメンディ

    アンヘル・アリスメンディから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2004年にアトレティコ・マドリードでデビューし、2004-05シーズンはラシン・サンタンデールへレンタル移籍した。2005-06シーズンはアトレティコに復帰したが出場機会が少なく、デポルティーボ・ラ・コルーニャに完全移籍した。デビュー時よりその才能を高く評価されており、デポルティーボは高額の移籍金と背番号10を用意し、司令塔フアン・カルロス・バレロンが怪我で長期欠場、エースストライカー不在というチーム状況下で、センターフォワード、トップ下、左右のサイドアタッカーに対応しシーズンを通して活躍した。アンヘル・アリスメンディ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ロポ

    アルベルト・ロポから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    10歳でRCDエスパニョールの下部組織にはいった。1999年4月のレアル・サラゴサ戦でデビューし、クラブのすべてのカテゴリーを経験した最初の選手になった。2001-02シーズンには初得点を記録し、飛躍的な成長を遂げた。2002-03シーズンは14枚、2003-04シーズンは15枚と、イエローカードを貰う頻度は高い。2006年にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督にはエスパニョールでもデポルティーボでも指導を受けている。アルベルト・ロポ フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・グラシア・カルマチェ

    ルベン・グラシア・カルマチェから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2014-15シーズンに入ると監督の構想外となり、2015年1月7日、アトレティコ・マドリードへレンタル移籍した。シーズン終了後にビジャレアルに復帰するが、構想外である状況に変わりはなかったため双方の合意の下で契約を解除し、デポルティーボ・ラ・コルーニャと1年契約を結んだ。ルベン・グラシア・カルマチェ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ヘメス・マルティン

    フランシスコ・ヘメス・マルティンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    父親はフラメンコ歌手である。カナリア諸島のラス・パルマス生まれだが、幼いころに本土のアンダルシア州に引っ越した。1989年にコルドバCFでデビューを果たし、1992年に移籍したラージョ・バジェカーノでプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューすると、1992-93シーズンはリーグ戦全38試合に出場。1993年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、デポルティーボは1993-94シーズンと1994-95シーズンの2シーズン連続でリーグ戦2位となったが、パコ自身は2シーズン合計で10試合しか出場できなかった。1994-95シーズンにはコパ・デル・レイで優勝し、1995年にはスーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝。1998年にはレアル・サラゴサに移籍し、2000-01シーズンには再びコパ・デル・レイで優勝。サラゴサでは6シーズンでリーグ戦168試合に出場した。2004年1月から6月には再びラージョでプレーした。2004-05シーズンはサッカーから離れたが、2005-06シーズンはテルセーラ・ディビシオン(4部相当)のCDルーゴでプレーし、36歳で現役引退した。フランシスコ・ヘメス・マルティン フレッシュアイペディアより)

  • オマール・ブラボ

    オマール・ブラボから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年5月22日、スペイン・リーガ・エスパニョーラのデポルティーボ・ラ・コルーニャと3年契約を結んだ。移籍金は発生していない。当時のデポルティーボには同じメキシコ人のアンドレス・グアルダードが在籍していた。8月31日のレアル・マドリード戦(2-1)でデビューし、12月8日のマラガCF戦(2-0)でリーグ戦初得点を挙げたが、スペインでは成功したとは言えず、2008-09シーズンは9試合の出場(先発出場は2試合)に終わった。2009年3月5日、クラウスーラ2009を戦っているUANLティグレスにレンタル移籍した。UANLティグレスへのレンタル期間終了後は古巣CDグアダラハラにレンタル移籍し、得点数を108に伸ばした。オマール・ブラボ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ヒメネス・テハーダ

    フランシスコ・ヒメネス・テハーダから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    デポルティーボ・ラ・コルーニャの下部組織出身であり、2005年4月26日のレアル・ソシエダ戦でトップチームデビューした。5月15日のレアル・サラゴサ戦 (2-2) では初得点を含む2得点を挙げた。2006-07シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)の にレンタル移籍し、27試合に出場して13得点を挙げた。2007年夏にデポルティーボに復帰し、2007-08シーズンは9得点を挙げた。2008年3月30日のレアル・ムルシア戦 (3-1) ではハットトリックを達成し、その翌週のラシン・サンタンデール戦 (3-1) では2得点を挙げた。フランシスコ・ヒメネス・テハーダ フレッシュアイペディアより)

  • ダド・プルショ

    ダド・プルショから見たデポルティボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    その後はクラブレベルでも順調にキャリアを過ごし、2003-2004シーズンはUEFAチャンピオンズリーグに出場。グループリーグの対デポルティボ・ラ・コルーニャ戦で4点を決めるなどの活躍を見せ、モナコをチャンピオンズリーグ準優勝に導いた。シーズン終了後はスコティッシュ・プレミアリーグのレンジャーズに移籍。スペイン人ストライカー、ナチョ・ノボとのコンビでリーグタイトル奪取にも貢献した。ダド・プルショ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・カヌーテ

    フレデリック・カヌーテから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2009年1月7日、コパ・デル・レイのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で得点後にユニフォームをめくり、多数の言語で「パレスチナ」と書かれた黒色のTシャツを観衆に見せ、イスラエルのガザ侵攻への抗議の意を示した。スペインサッカー連盟は試合中のいかなる政治的活動も認めていないため、カヌーテは3000ユーロ(約4,000ドル)の罰金を命じられた。フレデリック・カヌーテ フレッシュアイペディアより)

  • アシエル・デル・オルノ

    アシエル・デル・オルノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    10歳でアスレティック・ビルバオの下部組織であるレサマに加入。育成プログラムを受けた後、チェチュ・ロホにトップチームへと引き上げられ、2000年9月9日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でプリメーラ・ディビシオン・デビューを果たす。アシエル・デル・オルノ フレッシュアイペディアより)

  • ガルシア・カルボ

    ガルシア・カルボから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    レアル・マドリードの下部組織出身。1996年3月2日のUDサラマンカ戦(5-0)でトップチームデビューしたが、この試合では同じく下部組織出身のセンターバックであるフェルナンド・サンスもトップチームデビューを果たしている。1996-97シーズンは6試合に出場してリーグ優勝を経験したが、レアル・マドリード在籍期間中にはリーグ戦計16試合の出場に終わった。1997年にレアル・バリャドリードに移籍した。移籍初年度の1997-98シーズンにはプロ初得点を挙げ、4シーズンの間レギュラーを務めた。2001年、レアル・マドリードのライバルであるアトレティコ・マドリードに移籍した。2001-02シーズンには11枚のイエローカードを提示されたが、35試合に出場してプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。2004年夏には同じポジションのライバルとしてパブロ・イバニェス、ルイス・ペレアが加入したため、2004-05シーズンと2005-06シーズンは控えに甘んじたが、貴重なバックアッパーであった。2006年夏にはセグンダ・ディビシオン(2部)のレアル・バリャドリードに復帰した。移籍初年度にはプリメーラ・ディビシオン昇格を果たし、2007-08シーズンには絶対的なレギュラーとしてトップリーグ残留に貢献した。2007年9月2日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-2)で得点を挙げている。再発した足の負傷のために2008-09シーズンを丸々棒に振り、シーズン終了後に現役引退を発表した。ガルシア・カルボ フレッシュアイペディアより)

279件中 91 - 100件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード