208件中 91 - 100件表示
  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    セビージャの下部組織ではヘスス・ナバスやアントニオ・プエルタらと一緒にプレーした。ベルント・シュスターに風貌が似ていたことから、少年時代には「シュスター」というあだ名があった。2004年2月、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でトップチームデビューを果たし、その年の9月には初得点を記録した。2004-05シーズンには、ドン・バロン・アワードのブレイクスルー選手に選ばれた。セビージャのトップチームに在籍したのはわずか2シーズンのみで、2005年夏にはスペインの10代選手としては最高記録となる2700万ユーロの移籍金でレアル・マドリードに移籍した。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • ウナイ・エメリ

    ウナイ・エメリから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年夏、ロナルド・クーマン監督の後任としてバレンシアCF監督に就任。就任時には36歳であり、バレンシア史上最年少の監督となった。深刻な財政難によって補強が進まず、シーズン中には給料未払いが発覚するなどクラブは混乱状態にあったが、2008-09シーズンは6位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAヨーロッパリーグではラウンド32でFCディナモ・キエフ(ウクライナ)に敗れ、コパ・デル・レイでは準々決勝でセビージャに敗れた。就任2年目となった2009-10シーズンにはクラブを3位に導き、2シーズンぶりにUEFAチャンピオンズリーグ出場権を取り戻した。同シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは準々決勝でアトレティコ・マドリード(スペイン)と対戦し、結果的に優勝するクラブにアウェーゴール差で敗れた。コパ・デル・レイではラウンド16でデポルティーボ・ラ・コルーニャに2試合合計3-4で敗れた。ウナイ・エメリ フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・アスンソン

    パウロ・アスンソンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    パウロ・アスンソン・ダ・シウヴァ(Paulo Assunção da Silva, 1980年1月25日 - )はブラジルのサッカー選手。デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはMF(センターハーフ)。パウロ・アスンソン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・マヌエル・ペレイラ

    シルヴィオ・マヌエル・ペレイラから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    シルヴィオ・マヌエル・アゼヴェード・フェレイラ・サ・ペレイラ(Sílvio Manuel Azevedo Ferreira Sá Pereira, 1987年9月28日 - )は、ポルトガル・リスボン出身のサッカー選手。デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはDF。シルヴィオ・マヌエル・ペレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ハウジネイ

    ハウジネイから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1980年代中盤にサンパウロ州のジュヴェントスでデビューした。州内のビッグクラブからの関心も集めたが、その後はポルトガルのFCポルトやスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャといったヨーロッパのクラブでプレーした。1988-89シーズンから1989-90シーズンの途中まで在籍したポルトでは7試合出場2ゴールにとどまったが、1988-89シーズン途中から1989-90シーズンまで在籍したデポルティーボでは、セグンダ・ディビシオンで67試合に出場して16ゴールを挙げた。ハウジネイ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・リベリーノ

    ロベルト・リベリーノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    また、後にブラジル代表選手となるジャウミーニャを入団させた。彼はチーム在籍1年であったが、ドリブルからシュートまで持っていける個人技でチームの攻撃を担った。(その後、彼はパルメイラスを経て、デポルティーボ・ラ・コルーニャで1997年?2004年まで在籍。(2002-2003年のレンタル移籍も含む)ピッチの魔術師と言われ、ヨーロッパの舞台に活躍した。)ロベルト・リベリーノ フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・モラタ

    アルバロ・モラタから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2011年2月13日のデポルティーボ・ラ・コルーニャBとの試合で初のハットトリックを記録した。2011-2012シーズンは17ゴールを記録し、チームの2部昇格に貢献した。アルバロ・モラタ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァン・ヴィルトール

    シルヴァン・ヴィルトールから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1991年にスタッド・レンヌでプロデビュー。デポルティーボ・ラ・コルーニャが保有権を持ちながらレンタルという形で1997年にボルドーへ移籍するとリーグ優勝に貢献すると共に得点王(22ゴール)に輝く。その活躍が認められ2000年、プレミアリーグ・アーセナルへ移籍すると、鋭い得点感覚で活躍を見せてロベール・ピレスらと共にアーセナルの黄金時代を形成した。アンリ、ピレス、ヴィルトールはフレンチ・コネクションと賞された。アーセナルでは主に右サイドハーフをつとめ、デニス・ベルカンプ欠場の際はアンリと高速2トップを形成することもあった。アーセナルでは通算49ゴールをあげている。シルヴァン・ヴィルトール フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ボニセル

    ジェローム・ボニセルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    地元のクラブであるモンペリエHSCでデビュー、1996年からデポルティーボ・ラ・コルーニャで3シーズンを過ごした後、再びフランスに戻りジロンダン・ボルドーでプレー、クープ・ドゥ・ラ・リーグを獲得。2003年にグラスゴー・レンジャーズに移籍、3試合の出場に留まるもリーグとカップで優勝した。フラムFCで2シーズンプレーし。半年間の無所属を経た後、タイエ・タイウォの控えとして中田浩二の抜けたオリンピック・マルセイユで残りのシーズンプレーした。ジェローム・ボニセル フレッシュアイペディアより)

  • フアン・グティエレス・モレノ

    フアン・グティエレス・モレノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年夏、33歳になっていたフアニートはフリートランスファーでアトレティコ・マドリードに加入した。全盛期と比べれば衰えも見られ、控え選手として2008-09シーズン開幕を迎えたが、ルイス・ペレアの不調でポジションを獲得した。2010年4月4日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(3-0)では先制点を決めた。2010年夏には既存のセンターバックが全員残留したにもかかわらずディエゴ・ゴディンが加わり、フアニートは控えに降格した。2010-11シーズン前半戦はコパ・デル・レイのUDラス・パルマス戦(1-1)の1試合しか出場機会を与えられなかった。フアン・グティエレス・モレノ フレッシュアイペディアより)

208件中 91 - 100件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード