279件中 31 - 40件表示
  • クラレンス・セードルフ

    クラレンス・セードルフから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    クラレンス・クライド・セードルフ(、 1976年4月1日 - )は、スリナム、パラマリボ出身の元オランダ代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。現在はプリメーラ・ディビシオンのデポルティーボ・ラ・コルーニャの監督を務めている。クラレンス・セードルフ フレッシュアイペディアより)

  • アベル・アギラール

    アベル・アギラールから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2012年7月26日、プリメーラ・ディビシオンに復帰したデポルティーボ・ラ・コルーニャにレンタル移籍。アベル・アギラール フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ヒホンが財政難に陥っていたこと、プリメーラ・ディビシオン(1部)に2シーズン振りに昇格したサラゴサがストライカーを探していたことから、2003年夏に移籍金約300万ユーロでサラゴサに移籍した。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、レアル・ムルシア戦でプリメーラ初得点を決めた。2003年12月4日のビルバオ戦では2得点し、2004年4月25日のセビージャ戦ではチームの全4得点を一人で叩き出した。初体験のプリメーラでも通用することを示し、2003-04シーズンは計16ゴールを決めた。このシーズンのコパ・デル・レイでは決勝まで勝ち進み、レアル・マドリードを3-2で破って3年ぶりの優勝を果たした。サラゴサのファンは「¡Illa, illa, illa, Villa maravilla!(イジャ、イジャ、イジャ、ビジャ・マラビージャ)」(maravillaは「驚くべき」「素晴らしい」の意)というイムノHimno(チャント)を歌った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • セルソ・ボルヘス

    セルソ・ボルヘスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    セルソ・ボルヘス・モーラ(Celso Borges Mora , 1988年5月27日 - )は、コスタリカ・サンホセ出身のプロサッカー選手。コスタリカ代表。スペイン・プリメーラ・ディビシオンのデポルティーボ・ラ・コルーニャに所属している。ポジションはMF。セルソ・ボルヘス フレッシュアイペディアより)

  • ラダメル・ファルカオ

    ラダメル・ファルカオから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年1月にはスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャが800万ユーロ(1250万ドル)と報道されている移籍金で獲得を試みたが、クラブがこのオファーを拒否した。ファルカオはディエゴ・シメオネ監督の下でプレーを続け、クラウスーラ2008では初めてのリーグ優勝を果たした。本来のポジションはセンターフォワードであるが、シメオネ監督が採用した4-2-3-1フォーメーションでは攻撃的ミッドフィールダー3人の中央にも適合した。このポジションでは得点機会が減少したが、チームの中心としてボールに絡む回数が多くなった。それでもアペルトゥーラ2008期間中にはリーグ戦で6得点・コパ・リベルタドーレスで4得点の計10得点を挙げてチーム内得点王となった。2007-08シーズンの通算では全公式戦を通じて35試合に出場して19得点し、やはりチーム内得点王となった。シメオネ監督の2シーズン目はクラブ史上初めて最下位に終わり、長い歴史の中でも最悪のシーズンとなった。できの悪いチームの中では最も堅実な選手のひとりであったが、わずか6得点しか挙げることができなかった。シメオネ監督が退いてネストル・ゴロシート監督が就任すると、ファルカオは調子を取り戻し、公式戦21試合で10得点を挙げた。2008-09シーズンを通じて38試合に出場して16得点を挙げ、再びチーム内得点王となった。ラダメル・ファルカオ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・グアルダード

    アンドレス・グアルダードから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年7月、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャが移籍金700万ユーロで保有権の75%を獲得するオファーを出し、グアルダードの移籍を素早く取りまとめた。この金額はメキシコ人選手に支払われた移籍金としては史上最高額となった。2007年7月24日、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャと正式に契約して背番号18を受け取った。8月26日のUDアルメリア戦(0-3)でリーガ・エスパニョーラデビューし、2007-08シーズンは26試合に出場して5得点を挙げた。クラブは9位でシーズンを終え、UEFAインタートトカップ出場権を得た。UEFAインタートトカップ優勝により出場した2008-09シーズンのUEFAカップでは、グループリーグのフェイエノールト戦(3-0)で得点した。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はグアルダードがデポルティーボの鍵となる選手だと発言し、彼の才能と優れた人間性に敬服した。ロティーナ監督はグアルダードをレギュラーに固定し、数々のアシストやチャンスの創出で期待に応えたが、負傷でチームを離脱することも多かった。2010-11シーズンはわずか20試合の出場に終わり、クラブは20年ぶりのセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。アンドレス・グアルダード フレッシュアイペディアより)

  • 大久保嘉人

    大久保嘉人から見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    オリンピックで活躍がきっかけとなり、2004年11月にリーガ・エスパニョーラ所属のRCDマヨルカへ期限付き移籍が決定。エクトル・クペル監督の評価は好意的で、選手登録が解禁された直後の2005年1月10日、第18節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で初出場。ルイス・ガルシアの得点をアシストし、自身も1得点を挙げる好デビューを飾ったが、下位に沈むチームにあって2得点目が遠く、一時出場機会が減少した。終盤戦には控えとなったガルシアに代わって先発出場し、第36節アスレティック・ビルバオ戦及び第37節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でそれぞれ1得点ずつ挙げた他、2アシストとPK獲得の活躍でマヨルカの奇跡的とも言える1部残留に貢献した。シーズン終了後、UEFA選出スペインリーグ・若手ベストイレブンを受賞。大久保嘉人 フレッシュアイペディアより)

  • ワルテル・パンディアーニ

    ワルテル・パンディアーニから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ウルグアイの首都モンテビデオに生まれた。学生時代にはバレーボールの全国大会で優勝したことがある。地元のCAプログレッソからプロデビューし、とCAペニャロールを経て2000年にスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、Super Depor(スーペル・デポル)と呼ばれたクラブの黄金時代の一端を担った。決して不動のレギュラーではなかったが、攻撃時に最も重要な要素のひとつであった。2002-03シーズンにレンタル移籍したRCDマヨルカでは13得点を挙げ、さらにコパ・デル・レイで優勝する成功のシーズンを送り、デポルティーボに復帰した2003-04シーズンにも13得点を挙げた。2004年12月5日のラシン・サンタンデール戦で後半ロスタイムにフリーキックで同点弾を決めるなど、2004-05シーズンは前半戦だけで6得点を挙げていたが、ハビエル・イルレタ監督と何度も口論になったことから2005年1月にはイングランドのバーミンガム・シティFCにレンタル移籍した 。デビュー戦のサウサンプトンFC戦で移籍後初得点を決め、2-1で勝利した。ワルテル・パンディアーニ フレッシュアイペディアより)

  • フロリン・アンドネ

    フロリン・アンドネから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    フロリン・アンドネ(Florin Andone 、1993年4月11日 - )は、ルーマニア・ボトシャニ県ボトシャニ出身のプロサッカー選手。ルーマニア代表。リーガ・エスパニョーラ・デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションは、フォワード。フロリン・アンドネ フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・カクタ

    ガエル・カクタから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ガエル・カクタ(Gaël KAKUTA, 1991年6月21日 - )は、フランス・リール出身のサッカー選手。デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはミッドフィールダー。祖父が日本人の日系フランス人3世。「フランスのメッシ」の異名を持つ。ガエル・カクタ フレッシュアイペディアより)

279件中 31 - 40件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード