208件中 41 - 50件表示
  • ヘスス・マリア・ラクルス

    ヘスス・マリア・ラクルスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1994年、当時2部所属のCAオサスナでプロデビュー。アスレティック・ビルバオに移籍した1997年9月13日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で1部デビューを果たした。2006年からは、RCDエスパニョールに在籍している。ヘスス・マリア・ラクルス フレッシュアイペディアより)

  • アルセニオ・イグレシアス

    アルセニオ・イグレシアスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    現役時代は、デポルティーボ・ラ・コルーニャなどスペイン国内のクラブでプレーし、リーガ・エスパニョーラで合計50得点を挙げた。1966年にアルバセテ・バロンピエで現役を引退した後は指導者としての道を歩んだ。1993年、1995年と2度ドン・バロン・アワードの最優秀監督に選ばれ、1995年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャをクラブ初のコパ・デル・レイ優勝に導いた。アルセニオ・イグレシアス フレッシュアイペディアより)

  • ホセバ・エチェベリア

    ホセバ・エチェベリアから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2000年代後半には出場機会が減少し、2008年10月1日、2009-10シーズン終了後に現役引退することと、ファンやチームに対する感謝の証としてこのシーズンを無給でプレーすることを発表した。なお、この後には選手組合の配慮により、労働者としての最低賃金は組合から受け取ることになった。現役最後のシーズンは成功とは言えず、リーグ戦7試合出場無得点、UEFAヨーロッパリーグ7試合出場2得点に終わった。2010年5月15日にホームで行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-0)が最終戦となり、交代の際にはスタンディング・オベーションが贈られた。アスレティック・ビルバオでは17シーズンで公式戦514試合に出場して105得点を記録し、ホセ・アンヘル・イリバルとホセ・フランシスコ・ロホ(José Francisco Rojo)に次ぐ歴代3位の出場試合数を数えた。キャプテンも務め、クラブの象徴的な存在であった。引退試合はチャリティーマッチ(「アスレティック・ビルバオ11人対サッカー少年200人」)として開催された。ホセバ・エチェベリア フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・アスンソン

    マルコス・アスンソンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2002年8月、スペイン・リーガ・エスパニョーラのレアル・ベティスに移籍した。移籍当初から不動のレギュラーの座をつかみ、在籍期間中に幾度も直接フリーキックを決めている。デビュー戦となったデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(4-2)では3度ものチャンスを外したが、その後利き足でない左足で40ヤードの距離から直接フリーキックを決めた。2004-05シーズンは8得点を挙げて4位となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンはUEFAチャンピオンズリーグの7試合に出場したが、負傷のためにUEFAカップ出場は逃した。リーグ戦では1得点に終わった。2006年7月25日、30歳の誕生日にスペイン国籍を獲得したが、皮肉にも2006-07シーズンがスペインで過ごした最後のシーズンとなった。2007年夏に就任したエクトル・クーペル監督の構想には入らず、双方合意の下で契約を解除してレアル・ベティスを退団した。5シーズンの在籍中に数多くのフリーキックを決め、通算23得点を挙げた。マルコス・アスンソン フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・リアル

    エクトル・リアルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1976年       デポルティーボ・ラ・コルーニャエクトル・リアル フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル

    ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    カスティーリャ=ラ・マンチャ州・アルバセーテに生まれ、1999年に地元のアルバセテ・バロンピエからトップチームデビューしたが、4シーズンで15試合しか出場することができなかった。2000年にはセグンダ・ディビシオンB(3部)のデポルティーボ・ラ・コルーニャBにレンタル移籍している。その後もセグンダ・ディビシオンBのレアル・サラゴサBやSDポンフェラディーナなどに所属したが、2005年、セグンダ・ディビシオン(2部)のCDカステリョンと契約した。2006年には同カテゴリーに降格したばかりのカディスCFに移籍したが、2007-08シーズンはリーグ戦42試合中18試合の出場にとどまり、クラブもセグンダ・ディビシオンB降格となった。2008年にセグンダ・ディビシオンのUDラス・パルマスに移籍し、31歳となった2010年にUDサラマンカと契約した。ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル フレッシュアイペディアより)

  • ガルシア・カルボ

    ガルシア・カルボから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    レアル・マドリードの下部組織出身。1996年3月2日のUDサラマンカ戦(5-0)でトップチームデビューしたが、この試合では同じく下部組織出身のセンターバックであるフェルナンド・サンスもトップチームデビューを果たしている。1996-97シーズンは6試合に出場してリーグ優勝を経験したが、レアル・マドリード在籍期間中にはリーグ戦計16試合の出場に終わった。1997年にレアル・バリャドリードに移籍した。移籍初年度の1997-98シーズンにはプロ初得点を挙げ、4シーズンの間レギュラーを務めた。2001年、レアル・マドリードのライバルであるアトレティコ・マドリードに移籍した。2001-02シーズンには11枚のイエローカードを提示されたが、35試合に出場してプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。2004年夏には同じポジションのライバルとしてパブロ・イバニェス、ルイス・ペレアが加入したため、2004-05シーズンと2005-06シーズンは控えに甘んじたが、貴重なバックアッパーであった。2006年夏にはセグンダ・ディビシオン(2部)のレアル・バリャドリードに復帰した。移籍初年度にはプリメーラ・ディビシオン昇格を果たし、2007-08シーズンには絶対的なレギュラーとしてトップリーグ残留に貢献した。2007年9月2日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-2)で得点を挙げている。再発した足の負傷のために2008-09シーズンを丸々棒に振り、シーズン終了後に現役引退を発表した。ガルシア・カルボ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトール・サンチェス

    ビクトール・サンチェスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1998-99シーズンにラシン・サンタンデールに移籍し、35試合に出場して12得点を記録した。1999年、ハビエル・イルレタ監督のいたデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、2006年まで在籍した。初年度の1999-2000シーズンはリーグタイトルとスーペルコパを獲得した。2001-02シーズンは決勝でレアル・マドリードを破ってコパ・デル・レイのタイトルを獲得し、さらにスーペルコパでも優勝した。デポルティーボでは7シーズンで210試合に出場した。ビクトール・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ラサルテ

    マルティン・ラサルテから見たデポルティボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    プロデビューしたナシオナル・モンテビデオでは、1988年にコパ・リベルタドーレス優勝、トヨタカップ優勝を果たした。同年にスペイン・セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティボ・ラ・コルーニャへ移籍し、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を経験した。1992年にウルグアイに戻り、デフェンソール・スポルティング、セントラル・エスパニョール、CAレンティスタスに在籍して現役引退した。マルティン・ラサルテ フレッシュアイペディアより)

  • ドセ・デ・オクトゥブレ

    ドセ・デ・オクトゥブレから見たデポルティボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ドセ・デ・オクトゥブレ(Club 12 de Octubre)は、パラグアイの都市イタグアを本拠地とするサッカークラブ。リーガ・パラグアージャの3部に所属している。スペインのデポルティボ・ラ・コルーニャやRCDエスパニョールのそれと類似した、白地に青の縦縞が入るユニフォームカラーが特徴である。ドセ・デ・オクトゥブレ フレッシュアイペディアより)

208件中 41 - 50件表示