279件中 51 - 60件表示
  • ドセ・デ・オクトゥブレ

    ドセ・デ・オクトゥブレから見たデポルティボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    クルブ・ドセ・デ・オクトゥブレ・デ・イタウグア(Club 12 de Octubre de Itaugua)は、パラグアイの都市イタウグアを本拠地とするサッカークラブ。リーガ・パラグアージャの2部に所属している。スペインのデポルティボ・ラ・コルーニャやRCDエスパニョールのそれと類似した、白地に青の縦縞が入るユニフォームカラーが特徴である。ドセ・デ・オクトゥブレ フレッシュアイペディアより)

  • イバン・サンチェス・リコ・ソト

    イバン・サンチェス・リコ・ソトから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年夏、移籍金400万ユーロでデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍。2006-07シーズンはワントップや左サイドハーフなどで33試合に出場し、3得点を決めた。2006年10月から2007年5月まで7ヶ月間も得点に見放されていた時期があり、その夏最高額の移籍であったために批判されたこともあった。2007-08シーズンは先発出場が8試合と激減したが、チーム2位の5得点を決めた。2008年6月にはプレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCからオファーがあったが、提示された移籍金額が低かったためにクラブ側が了承しなかった。イバン・サンチェス・リコ・ソト フレッシュアイペディアより)

  • 長澤徹

    長澤徹から見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    選手の躍動感を引き出す指導者でありたいと語り、2000年代前半にデポルティーボ・ラ・コルーニャを率いたハビエル・イルレタ監督に傾倒する。長澤徹 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブ

    欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    かつてデポルティーボ・ラ・コルーニャはUEFAチャンピオンズリーグの常連出場クラブであり、アスレティック・ビルバオとRCDエスパニョールとデポルティーボ・アラベスとRCDマヨルカは欧州カップ戦決勝への出場経験がある。比較的小規模なクラブも成功を収めており、ビジャレアルCF、セルタ・デ・ビーゴ、マラガCFはUEFAインタートトカップの優勝経験がある。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(バルセロナ)とUEFAカップ(セビージャ)でリーガのクラブがダブル(同時優勝)を達成した。レアル・マドリードは1955-56シーズンから1959-60シーズンにかけてUEFAチャンピオンズリーグで5連覇を成し遂げ、1965-66シーズンに6回目の優勝を飾った。インターシティーズ・フェアーズカップでは、1957-58シーズンから1965-66シーズンまでにバルセロナ、バレンシア、サラゴサが計6度の優勝を果たし、そのうち3回の決勝は同国対決となった。欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・マリア・ラクルス

    ヘスス・マリア・ラクルスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1994年、2部所属のCAオサスナでプロデビュー。1997年にアスレティック・ビルバオに移籍し、9月13日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で1部デビューを果たした。2006年から2009年にはRCDエスパニョールに在籍した。ヘスス・マリア・ラクルス フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルケス

    ハビ・マルケスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    RCDエスパニョールのユースチームでキャリアをスタートさせ、2009年9月19日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で途中出場しプロデビューを果たした。12月20日、UDアルメリア戦でプロ初ゴールを記録した。ハビ・マルケス フレッシュアイペディアより)

  • スペインのサッカー

    スペインのサッカーから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    八百長が横行していると一部から指摘されている。デポルティーボ・ラ・コルーニャ会長は2013年5月9日、一部チームが金銭の授受によってクラブの2部降格を避ける手段が蔓延していると発言している。スペインのサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・アランスビア

    ダニエル・アランスビアから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年7月12日、デポルティーボ・ラ・コルーニャにフリートランスファーで入団するとすぐにUEFAインタートトカップで優勝してUEFAカップの出場権を勝ち取った。10月2日のUEFAカップ1回戦・SKブラン戦はPK戦にもつれ込んだが3本を止める大活躍で勝利に貢献し、グループリーグ出場権を手にした。2008-09シーズンのリーグ戦は出場停止による1試合を除く37試合に出場。リーグ3位の47失点と奮闘し、正GKとしての座を確立した。ダニエル・アランスビア フレッシュアイペディアより)

  • セサル・マルティン

    セサル・マルティンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1999年夏、移籍金約740万ユーロでデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。デポルティーボではリーグ、コパ・デル・レイのタイトルを1回、スーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルを2回獲得したが、絶対的なレギュラーではなく、リーグ戦のシーズン最多出場は2002-03シーズンの20試合にとどまった。怪我などによりホアキン・カパロス監督の信頼を失い、2006年7月18日にレバンテUDに移籍した。レバンテUDでも怪我がちであり、リーグ戦でわずか3試合の出場にとどまったほか、アトレティコ・マドリード戦(0-3)では退場処分を受けた。2007年1月31日、双方合意の下でレバンテUDとの契約を解除し、イングランド・プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCと2006-07シーズン終了までの短期間の契約を結んだ。4月28日のチェルシーFC戦でプレミアリーグデビューしたが、契約は延長されず、シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)のエルクレスCFに移籍した。2009年夏には同じセグンダ・ディビシオンのCDカステリョンと2年契約(1年の延長オプション付き)を結んだが、2009-10シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンB(3部)降格が決定するとチームを離れた。セサル・マルティン フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ウェボ

    ピエール・ウェボから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年9月のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で、デポルティーボのチームDJのウェボに纏わる発言が話題となった。チームDJは「いこうぜ、マヨルカはウェボ1人のみ、デポルは20のウエボがある」とアナウンスしたのだが、スペイン語でウエボとは卵の意で、俗語では睾丸を意味する。このウェボとウエボを掛けた発言に悪意はなかったものの、審判記録に記載された。ピエール・ウェボ フレッシュアイペディアより)

279件中 51 - 60件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード