208件中 61 - 70件表示
  • フランシスコ・ハビエル・ガルシア

    フランシスコ・ハビエル・ガルシアから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年夏に就任したベルント・シュスター監督の構想から外れたため、スペイン国内のアトレティコ・マドリード、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、プレミアリーグのリヴァプールFCなどから興味を示され、移籍期間最終日の8月31日に移籍金250万ユーロ(約3億9500万円)でCAオサスナと4年契約を結んだ。CAオサスナは長期離脱したジャバド・ネクナムの代役を探しており、セビージャFC戦(1-1)で初出場すると、その試合から6試合の間に2得点(レバンテUD戦とビジャレアルCF戦)を決めた。2007-08シーズンは25試合に出場して2得点と活躍したため、あらかじめ付けられていた買戻しオプションをレアル・マドリードに行使され、2008年4月29日に移籍金400万ユーロでレアル・マドリードに復帰することが決まった。フランシスコ・ハビエル・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルケス

    ハビ・マルケスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    RCDエスパニョールのユースチームでキャリアをスタートさせ、2009年9月19日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で途中出場しプロデビューを果たした。12月20日、UDアルメリア戦でプロ初ゴールを記録した。ハビ・マルケス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・ムニアイン

    イケル・ムニアインから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    バスク自治州最大のクラブであるアスレティック・ビルバオの下部組織出身。2009年7月30日、16歳7ヶ月11日でUEFAヨーロッパリーグ予選BSCヤングボーイズ戦ファーストレグ(0-1)に出場してトップチームデビューした。59分にガイスカ・トケーロに代わって途中出場し、クラブの公式戦最年少出場記録を作った。1週間後にアウェーで行われたセカンドレグ(2-1)で初得点を記録し、チームの勝ちぬけに貢献した。16歳7ヶ月18日での得点はやはりクラブの公式戦最年少得点記録となった。8月30日、ホームで行われたリーグ開幕戦のRCDエスパニョール戦(1-0)に先発出場してクラブのリーグ最年少出場記録を作った。9月17日、UEFAヨーロッパリーグのFKオーストリア・ウィーン戦ファーストレグ(3-0)でアンドニ・イラオラとホセバ・エチェベリアが得点した後、駄目押しとなる3点目を決めた。10月4日、レアル・バリャドリード戦(2-2)では16歳と289日でゴールを決め、プリメーラ・ディビシオン(1部)の最年少得点記録を更新した。それまでのリーガ1部の最年少ゴール記録は、2002-03シーズンにシスコ・ナダルが記録した16歳と353日だった。12月1日、クラブと初のプロ契約を結び、契約を2015年6月まで延長した。晩秋には約1ヶ月の間戦線離脱したが、12月6日のバレンシアCF戦(1-2)では51分に途中出場して先制点を決めた。シェレスCD戦、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でも得点し、2009-10シーズンはリーグ戦通算26試合に出場して4得点3アシスト、公式戦通算35試合に出場して6得点を決めた。イケル・ムニアイン フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ファシオ

    フェデリコ・ファシオから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007-08シーズンもセビージャ・アトレティコに登録されたが、トップチームのハビ・ナバーロが膝の負傷で離脱し、ジュリアン・エスキュデも恥骨炎でチームを離れたため、2007年8月25日のシーズン開幕戦・ヘタフェ戦(4-1)でトップチームデビューし、その後もトップチームで起用されて重要な役割を果たした。2008年5月7日のラシン・サンタンデール戦(3-0)で初得点を含む2得点を決め、ラシン戦から3週間後のレアル・ベティス戦(2-0)でシーズン3点目を決めた。本来はセンターバックであるが、どちらの試合も守備的ミッドフィールダーとして起用されている。2008-09シーズンはリーグ戦で3位に入ったが、わずかな出場機会しかなく、ポジションも定まらなかった。2009-10シーズンは負傷で離脱していた期間が長く、リーグ戦の出場は10試合にとどまったが、ホームでのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(1-1)でヘディングシュートを決めている。リーグ戦は4位に入り、コパ・デル・レイでは優勝したが、決勝には出場していない。フェデリコ・ファシオ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・ガマ

    ブルーノ・ガマから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ブルーノ・ガマ(Bruno Alexandre Vilela Gama, 1987年11月15日 - )は、ポルトガル・ブラガ県ヴィラ・ヴェルデ出身のサッカー選手。デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはフォワード(右ウイング)。ブルーノ・ガマ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ムニティス

    ペドロ・ムニティスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2000年に強豪レアル・マドリードに移籍し、2000-01シーズンはリーガ・エスパニョーラ、2001-02シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで優勝した。2002-03シーズンは古巣のラシン・サンタンデールにレンタル移籍し、2002年10月19日のレアル・マドリード戦ではレンタル元相手に得点を決めて2-0で勝利している。2003年夏、レアル・マドリードとの契約満了によりデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。2003-04シーズンは3位に終わったが、主に左ウイングとして出場して攻撃のキープレーヤーとして活躍した。ペドロ・ムニティス フレッシュアイペディアより)

  • レオ・フランコ

    レオ・フランコから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2009年7月1日、契約満了にともなってアトレティコに別れを告げ、トルコのガラタサライSKに移籍した。モルガン・デ・サンクティスの後釜として2009-10シーズンはリーグ戦26試合に出場したが、シーズン終了後に双方合意の元契約を解除し、2010年7月17日に移籍金ゼロでレアル・サラゴサに2年契約で移籍してスペインに舞い戻った。8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、その試合を無失点に抑えた。その後はトニ・ドブラスとのポジション争いが続き、最終的には23試合に出場した。2011-12シーズンになるとロベルト・ヒメネスが加入し、彼が正GKに据えられた。結局、このシーズンはロベルトが全38試合に出場したため、控えに甘んじた。レオ・フランコ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・バラガン

    アントニオ・バラガンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年の夏に開催されたU-19欧州選手権で不動の右サイドバックとして出場し、優勝に貢献。大会終了後、セビージャ時代の恩師であるホアキン・カパロス監督の誘いで、デポルティーボに買い戻しオプション付きで移籍した。同年10月にはレアル・ソシエダ戦でリーガ・エスパニョーラ初ゴール。同月、U-21スペイン代表に初招集された。またガリシア州選抜として、2006年末にリアソールで行われたエクアドル戦に出場した。2007年夏に就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督がベテラン主体のチーム作りを進めたため、以降はマヌエル・パブロの控えという扱いであった。2009年6月8日にデポルティーボとの契約満了に伴い、レアル・バリャドリードに移籍。アントニオ・バラガン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴンサレス・ペーニャ

    カルロス・ゴンサレス・ペーニャから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    FCバルセロナのカンテラ出身であるが、トップチームでは1試合も出場していない。2006年、セグンダ・ディビシオン(2部)のアルバセテ・バロンピエに移籍。2006-07シーズンは25試合に出場し、2007-08シーズンは41試合に出場して2得点するなど、3シーズンでリーグ戦100試合以上に出場した。2009年6月、セグンダ・ディビシオンに降格したレクレアティーボ・ウエルバと4年契約を結んだ。移籍先でもレギュラーポジションを獲得したが、2010年夏に同じくセグンダ・ディビシオンに降格したばかりのレアル・バリャドリードに移籍した。2010-11シーズンは中盤戦で負けが込むなど不安定な戦いに終始し、リーグ戦で7位となって昇格プレーオフに出場したが、プレーオフ準決勝でエルチェCFに2試合合計2-3で敗れた。2011-12シーズンはデポルティーボ・ラ・コルーニャ、セルタ・デ・ビーゴに次ぐ3位となり、昇格プレーオフでコルドバCFとADアルコルコンを破ってプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を決めた。カルロス・ゴンサレス・ペーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ジャウマ・フェイトサ・ジアス

    ジャウマ・フェイトサ・ジアスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1997年7月、スペイン・リーガ・エスパニョーラのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。1997-98シーズンから1999-2000シーズンまでの3シーズンで87試合に出場して26得点を挙げ、1999-2000シーズンにはリーグ優勝を果たした。しかし、2000年にアトレティコ・マドリードからポジションが被るフアン・カルロス・バレロンが加入したために出場機会が減少し、2001-02シーズンにはコパ・デル・レイを制したが、リーグ戦では18試合の出場にとどまった。2002年5月には練習中にハビエル・イルレタ監督と揉め事を起こした。これが引き金となり、2002-03シーズンはオーストリア・ブンデスリーガのFKオーストリア・ウィーンにレンタル移籍した。2003年夏にはデポルティーボに復帰したが、2003-04シーズンは11試合しか出場できなかった。2004年にはメキシコのクラブ・アメリカに短期間だけ在籍し、34歳で現役引退した。ジャウマ・フェイトサ・ジアス フレッシュアイペディアより)

208件中 61 - 70件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード