279件中 61 - 70件表示
  • フランク・シニョリーノ

    フランク・シニョリーノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2005年にFCナントに移籍した。2007年、FCナントがリーグ・ドゥに降格したため、シニョリーノに興味を示したニューカッスル・ユナイテッドFCやデポルティーボ・ラ・コルーニャの中からスペインのヘタフェCFに移籍した。移籍金は150万ユーロだった。7月30日、UEFAカップのトッテナム・ホットスパー戦でチームデビューした。怪我のためにリーグ戦デビューは遅れ、12月16日のビジャレアルCF戦でリーグデビューした。脛骨の酷い怪我により、2008-09シーズンは試合に出場していない。フランク・シニョリーノ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ドゥダ

    セルジオ・ドゥダから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2010年5月17日のレアル・マドリード戦 (1-1) ではリーグ優勝の渦中にいた相手から先制点を挙げるが、試合終盤にシャビ・アロンソに肘打ちを見舞って退場し、メディアを賑わせた。2010 FIFAワールドカップ期間中に負傷し、手術したために2010-11シーズン序盤戦は欠場した。2010年11月21日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (0-3) で復帰し、60分間プレーした。2011年1月29日、レアル・サラゴサ戦 (1-2) でプリメーラ・ディビシオン通算200試合出場を達成した。セルジオ・ドゥダ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ガルシア・デル・ポソ

    ホセ・ルイス・ガルシア・デル・ポソから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    マラガCFのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年11月11日、コパ・デル・レイのエルクレスCF戦でデビューを果たした。10日後のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でスタメン出場し、リーグ戦デビューを果たした。12月5日、ラシン・サンタンデール戦でプロ初ゴールを記録した。ホセ・ルイス・ガルシア・デル・ポソ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ディアス

    ダニエル・ディアスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年7月4日、リーガ・エスパニョーラのヘタフェCFへ移籍し、ディフェンス陣の要として不動の地位を築いた。2010-11シーズンのヘタフェは37節を終えて16位と低迷していたが、最終節のレアル・ソシエダ戦 (1-1) では先制点を挙げ、降格したデポルティーボ・ラ・コルーニャと勝ち点1差での残留に貢献した。2012年6月15日、アトレティコ・マドリードへの移籍が決定した。ダニエル・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・エミリオ・アマビスカ

    ホセ・エミリオ・アマビスカから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    カンタブリア州、ラレドで生まれたアマビスカは、地元のクラブであるSDラレドに入団、1988-89シーズンにテルセーラ・ディビシオン優勝を経験。翌年にレアル・バリャドリードへと移籍した。1992-93シーズンにUEリェイダへレンタル移籍した後、1994年夏にレアル・マドリードに加入した。移籍初年度は10得点を挙げ、4年ぶりにプリメーラ・ディビシオンを制覇し、その後も多くのタイトルを獲得した。その年、アマビスカはドン・バロン・アワードの最優秀スペイン人選手に選ばれた。1999年1月、地元カンタブリア州に本拠地を置くラシン・サンタンデールに移籍。2001年から所属したデポルティーボ・ラ・コルーニャでは、プリメーラ・ディビシオン2位となったほか、カップやスーパーカップも手にした。しかし、続く2年はフランやアルベルト・ルケなどの存在もあって、出場機会は限られるものとなった。2004年から1年間RCDエスパニョールでプレーした後、引退した。ホセ・エミリオ・アマビスカ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マンハリン

    ハビエル・マンハリンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1989-90シーズンに地元のスポルティング・デ・ヒホンからデビューし、デビューシーズンは29試合に出場して4得点した。1993年にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍すると、プリメーラ・ディビシオン(1部)の選手として独り立ちし、攻撃の鍵となる選手として2度のリーグ2位と1度のリーグ3位に貢献。1993-94シーズンからの4シーズンで計19得点を挙げた。その後は調子を落とし、また負傷の影響で出場機会が限られたため、1999年にラシン・サンタンデールに移籍。カンタブリア州のクラブで復活を遂げ、2シーズンで61試合に出場して3得点を挙げた。2001年から2003年にはメキシコに渡り、(セグンダ・ディビシオン)とサントス・ラグナでプレー。2004年にスペインに帰国すると、地域リーグので1シーズンプレーした後、2005年に35歳で現役引退した。13シーズンの間プレーしたプリメーラ・ディビシオンでは通算329試合に出場して38得点を挙げた。ハビエル・マンハリン フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ベルドゥ

    ジョアン・ベルドゥから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    バルセロナのカンテラ出身の選手。順調に上位チーム昇格を果たし、バルセロナBで2004年から2006年の2シーズンを過ごした。2005年にはトップチームで1試合のみプレーするも、2006年にデポルティーボへ放出された。ここでブレイクを果たすと、契約が終了した2009年6月5日、地元でバルセロナのライバルであるRCDエスパニョールに移籍した。ジョアン・ベルドゥ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ロドリゲス・マルティネス

    アントニオ・ロドリゲス・マルティネスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2005年1月5日に1部のラシン・サンタンデールに移籍した。移籍当初はドゥドゥ・アワットがレギュラーだったため、2006年の冬にレクレアティーボにレンタル移籍した。ラシン復帰後はアワットがデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍したためレギュラーの座を掴んだ。アントニオ・ロドリゲス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • エウデル・クリストヴァン

    エウデル・クリストヴァンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    国内でSLベンフィカなどで実績を残したあと、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍し、スーペル・デポルの黄金期を支えた。エウデル・クリストヴァン フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・サンデー

    ステファン・サンデーから見たデポルティボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ポリ・エヒドでの活躍に対してマンチェスター・ユナイテッドFC、リヴァプールFC、SSCナポリ、レアル・マドリード、レアル・ベティス、デポルティボ・ラ・コルーニャ、バレンシアCF、セルタ・デ・ビーゴといった欧州のクラブが注目したが、最終的にバレンシアを選び、2007年8月に移籍金180万ユーロでバレンシアに加入した。「バレンシアの一員となれたのは、これまでのサッカー人生で最高の思い出」と語っている。2008-09シーズンはCAオサスナへ、2009-10シーズンはレアル・ベティスへレンタル移籍した。ステファン・サンデー フレッシュアイペディアより)

279件中 61 - 70件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード