208件中 71 - 80件表示
  • フアン・カルロス・ペレス・ロペス

    フアン・カルロス・ペレス・ロペスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年からレアル・マドリードのユースチームに所属し、2009年にレアル・マドリード・カスティージャに昇格した。2010年10月3日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でトップチームデビューを果たした。2011年7月7日、レアル・サラゴサに移籍した。フアン・カルロス・ペレス・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・カペル

    ディエゴ・カペルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007-08シーズンの大活躍を受け、2008-09シーズン以降は対戦相手にドリブルを徹底研究された。縦への爆発的なスピードを生かした突破が特徴で、内に切れ込む事が少ないため、相手ディフェンダーが縦ラインのみをカバーする作戦を採用すると、突破に苦労した。2008-09シーズンは2年目の壁にぶつかり、2009年1月10日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(3-1)と4月26日のレアル・マドリード戦(2-4)で得点したが、出場した33試合のうち18試合は途中出場であった。2009年夏にはプエルタが付けていた背番号16を継承した。2008-09シーズンに背番号16はダビド・プリエトが付けていたが、2009年夏にプリエトがヘレスCDにレンタル移籍したことで番号が空き、プリエトと同じく下部組織出身のカペルが譲り受けた。2009-10シーズンには台頭してきたディエゴ・ペロッティにポジションを奪われた。それでもリーグ戦29試合に出場し、ラシン・サンタンデール戦(5-1)で1得点を挙げた。2010年5月19日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリード戦(2-0)では先制点を挙げ、3シーズンぶりの国内カップ優勝に貢献した。2010-11シーズンはペロッティの控えとして27試合に出場(先発は17試合)したが、継続的に出場するようになって初めて無得点に終わった。ディエゴ・カペル フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・チテ

    モハメド・チテから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年8月31日、移籍市場の最終日にスペインのラシン・サンタンデールと契約した。ラシンはバレンシアCFに移籍したニコラ・ジギッチの代役を探していた。移籍金は750万ユーロ(約11億8000万円)であり、アンデルレヒトのクラブ史上最高額となった。11月11日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(1-0)で決勝点を挙げ、2008年2月24日のUDアルメリア戦(1-0)でも決勝点を挙げるなど、2007-08シーズンはチームトップの7得点を挙げた。2008年11月1日、エスタディオ・デ・メスタージャで行われたバレンシアCF戦(4-2)でハットトリックを達成し、バレンシアCFに2008-09シーズン初黒星を付けた。リーグ戦の出場機会ははっきりと減少したが、2008-09シーズンは前シーズンと同数の得点を挙げ、UEFAカップではシャルケ04戦(1-1)で得点した。2009-10シーズン序盤はほとんどの試合で先発出場の機会を与えられながら、前半戦4得点(このうち1点はPK)しかできずに苦しんだ。しかし、2010年4月のRCDエスパニョール戦(3-1)とヘレスCD戦(2-2)では2戦連続で2得点(このうち3点はPKによる得点)し、5月16日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で2得点し、リーグ戦での得点数を自己最高の11得点まで伸ばした。モハメド・チテ フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    RCDマヨルカとのリーグ開幕戦は途中出場だったものの、ホーム初戦である第2節のCAオサスナ戦では先発に名を連ねて質の高いプレーを披露、交代の際には観客からスタンディングオベーションを浴びた。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げた。初のコパ・デル・レイとなった12月22日のレバンテUD戦でも得点を挙げ、8-0での勝利に貢献した。2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」と高い評価を受けた。シーズンを通してプレーし、計53試合に出場し10得点を記録。特にアシストではリオネル・メッシを抑えて欧州最多となる26アシストを記録した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ディアス

    ダニエル・ディアスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    地元カタマルカのクラブからロサリオ・セントラルに引き抜かれ2000年にデビューを飾る。2003年にはメキシコのクルス・アスルへと移籍するが、コロン・デ・サンタフェ監督だったアルフィオ・バシーレからのラブコールに応えるため1シーズンで退団。そのコロンでの活躍が認められ、ボカ・ジュニアーズとCAリーベル・プレートからオファーを受けるが、バシーレが新監督として就任したボカへの移籍を即決する。バシーレが去った後もボカ不動のセンターバックとして活躍。2007年7月4日、リーガ・エスパニョーラのヘタフェCFへ移籍し、ディフェンス陣の要として不動の地位を築いた。2010-11シーズンのヘタフェCFは37節を終えて16位と低迷していたが、最終節のレアル・ソシエダ戦(1-1)では先制点を挙げ、降格したデポルティーボ・ラ・コルーニャと勝ち点1差での残留に貢献した。2012年6月15日、アトレティコ・マドリードへの移籍が決定した。ダニエル・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ロポ

    アルベルト・ロポから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    10歳でRCDエスパニョールの下部組織にはいった。1999年4月のレアル・サラゴサ戦でデビューし、クラブのすべてのカテゴリーを経験した最初の選手になった。2001-02シーズンには初得点を記録し、飛躍的な成長を遂げた。2002-03シーズンは14枚、2003-04シーズンは15枚と、イエローカードを貰う頻度は高い。2006年にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督にはエスパニョールでもデポルティーボでも指導を受けている。アルベルト・ロポ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ

    ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2009年9月19日に行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では、アウェーでありながら貴重な先制点を挙げ、チームのシーズン初勝利に貢献した。また、このカジェホンの挙げた得点が、チームのシーズン初得点であった。2010年には移籍の噂が絶えなかったが、最終的にクラブへの残留を表明した。2010-2011シーズンは、前年よりも出場を増やし、最終的に37試合に出場し、チーム2位となる6ゴールを記録。ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ペロッティ

    ディエゴ・ペロッティから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)に属するセビージャ・アトレティコで32試合に出場した。2008-09シーズンもセビージャ・アトレティコでプレーしていたが、2009年1月、トム・デ・ムルがベルギーのKRCヘンクにレンタル移籍したため、その後釜としてトップチームに登録された。エルネスト・チェバントンがスペイン国籍を取得したことにより、ペロッティがEU圏外枠での登録となった。リーグ戦初出場は2月15日のRCDエスパニョール戦で、75分にフェデリコ・ファシオとの途中交代で出場した。2月21日のアトレティコ・マドリード戦では初めて先発出場し、2月28日のアスレティック・ビルバオ戦では初めてフル出場した。初出場から9試合連続で出場したが、4月22日のFCバルセロナ戦には出場しなかった。4月26日のレアル・マドリード戦では対面するセルヒオ・ラモスに常に勝負を挑み、彼のクロスからレナトが先制ゴールを決めた。2009年5月24日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で終了間際に得点し、2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を確定させた。ディエゴ・ペロッティ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ドゥダ

    セルジオ・ドゥダから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2010年5月17日のレアル・マドリード戦(1-1)ではリーグ優勝の渦中にいた相手から先制点を挙げるが、試合終盤にシャビ・アロンソに肘打ちを見舞って退場し、メディアを賑わせた。2010 FIFAワールドカップ期間中に負傷し、手術したために2010-11シーズン序盤戦は欠場した。2010年11月21日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(0-3)で復帰し、60分間プレーした。2011年1月29日、レアル・サラゴサ戦(1-2)でプリメーラ・ディビシオン通算200試合出場を達成した。セルジオ・ドゥダ フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・カストロ

    ルベン・カストロから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2004年にラス・パルマスを離れてデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍。カストロとの交換という形でラス・パルマスにウインガーのモモが加入しており、また前年にデポルティーボからラス・パルマスに移籍したガブリエル・シュレールの移籍金360万ユーロは帳消しにされた。すぐにアルバセテ・バロンピエにレンタル移籍したが、自身3度目・2シーズン連続の降格という苦い結果に終わった。2005-06シーズンはデポルティーボに復帰し、前シーズンと同じ3得点を記録。2006-07シーズン前半戦はカンタブリア州のラシン・サンタンデールにレンタル移籍したが出場機会を得られず、2007年1月にはカタルーニャ州のジムナスティック・タラゴナにレンタル移籍した。デビューから3試合で3得点を挙げる好スタートを切ったものの、再びセグンダ降格の悲哀を味わった。ルベン・カストロ フレッシュアイペディアより)

208件中 71 - 80件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード