279件中 71 - 80件表示
  • マルコス・ドス・サントス・アスンソン

    マルコス・ドス・サントス・アスンソンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2002年8月、スペイン・リーガ・エスパニョーラのレアル・ベティスに移籍した。移籍当初から不動のレギュラーの座をつかみ、在籍期間中に幾度も直接フリーキックを決めている。デビュー戦となったデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (4-2) では3度ものチャンスを外したが、その後利き足でない左足で40ヤードの距離からミドルシュートを決めた。2004-05シーズンは8得点を挙げて4位となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンはUEFAチャンピオンズリーグの7試合に出場したが、負傷のためにUEFAカップ出場は逃した。リーグ戦では1得点に終わった。2006年7月25日、30歳の誕生日にスペイン国籍を獲得したが、皮肉にも2006-07シーズンがスペインで過ごした最後のシーズンとなった。2007年夏に就任したエクトル・クーペル監督の構想には入らず、双方合意の下で契約を解除してレアル・ベティスを退団した。5シーズンの在籍中に数多くのフリーキックを決め、通算23得点を挙げた。マルコス・ドス・サントス・アスンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアーノ・アントネッロ・ロベルト

    ジュリアーノ・アントネッロ・ロベルトから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2009年5月、フリートランスファーでリーガ・エスパニョーラのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。8月29日のレアル・マドリードとの開幕戦に先発出場してデビューすると、その試合から5試合連続で先発出場した。9月23日のヘレスCD戦で直接FKを決めて初得点を記録すると、9月27日のビジャレアルCF戦では似たような場所から2試合連続で直接FKによる得点を決めた。しかしこの試合で負傷し、2ヶ月間戦列を離れた。12月6日のFCバルセロナ戦で復帰したが、その後再度招集メンバーから外れ、前半戦は数試合の出場にとどまった。1月17日のRCDマヨルカ戦で先発メンバー入りし、次のアスレティック・ビルバオ戦でシーズン3得点目を決めた。ジュリアーノ・アントネッロ・ロベルト フレッシュアイペディアより)

  • アルセニオ・イグレシアス

    アルセニオ・イグレシアスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    現役時代は、デポルティーボ・ラ・コルーニャなどスペイン国内のクラブでプレーし、リーガ・エスパニョーラで合計50得点を挙げた。1966年にアルバセテ・バロンピエで現役を引退した後は指導者としての道を歩んだ。1993年、1995年と2度ドン・バロン・アワードの最優秀監督に選ばれ、1995年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャをクラブ初のコパ・デル・レイ優勝に導いた。アルセニオ・イグレシアス フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ボニセル

    ジェローム・ボニセルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    地元のクラブであるモンペリエHSCでデビュー、1996年からデポルティーボ・ラ・コルーニャで3シーズンを過ごした後、再びフランスに戻りジロンダン・ボルドーでプレー、クープ・ドゥ・ラ・リーグを獲得。2003年にレンジャーズFCに移籍、3試合の出場に留まるもリーグとカップで優勝した。フラムFCで2シーズンプレーし。半年間の無所属を経た後、タイエ・タイウォの控えとして中田浩二の抜けたオリンピック・マルセイユで残りのシーズンプレーした。ジェローム・ボニセル フレッシュアイペディアより)

  • ファン・ドミンゲス・ラマス

    ファン・ドミンゲス・ラマスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2004年からデポルティーボ・ラ・コルーニャのユースチームでプレーし、2008年にトップチームデビュー。ファン・ドミンゲス・ラマス フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・コレット

    ディエゴ・コレットから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2001 FIFAワールドユース選手権優勝メンバーの一人。2008年からプレーしているデポルティーボ・ラ・コルーニャでは、当初アルベルト・ロポやゼ・カストロの控えだったものの、次第に欠かせないメンバーとして定着していった。ディエゴ・コレット フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アクーニャ

    ロベルト・アクーニャから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    レアル・サラゴサでの活躍によりデポルティーボ・ラ・コルーニャが関心を示し、2002年7月10日に1100万ユーロの5年契約で移籍した。レアル・サラゴサ時代の5試合のサスペンションが残っていた。しかしデポルティーボでは1シーズンに7試合出場したのが最多だった。怪我に悩まされ、2003-04シーズンはエルチェCFに、2004年にはアラブ首長国連邦のアル・アインFCにレンタル移籍した。2007年、オリンピア・アスンシオンでプレーした後に現役引退を表明したが、2009年にで現役復帰を果たした。ロベルト・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・エスクデロ・パロモ

    セルヒオ・エスクデロ・パロモから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2013年1月末にプリメーラ・ディビシオンのヘタフェCFにレンタル移籍、この理由はホセ・マヌエル・ヒメネス・オルティスの負傷をカバーするためであった。2月2日のデポルティーボ・ラ・コルーニャとのホームゲームで初出場、これは3-1の勝利に終わった。セルヒオ・エスクデロ・パロモ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア

    セルヒオ・ロドリゲス・ガルシアから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年夏に出場機会増加を狙い、バルセロナを退団してデポルティーボ・ラ・コルーニャへと入団した。しかしここでもレギュラー定着には至らず、2007年1月にはUDアルメリアにレンタル移籍した。その後、ポルトガルやリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオン以下のチームを渡り歩いた。2011年3月、ロシア・プレミアリーグに所属をする強豪FCスパルタク・モスクワに1年半の契約で移籍をした。移籍金は40万ユーロとsports.ruでは伝えられている。2012年からはリーガ・エスパニョーラのラーヨ・バジェカーノ所属。セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ルフェテ

    フランシスコ・ルフェテから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    FCバルセロナの下部組織出身で、1996年5月25日(シーズン最終節)のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-2)でトップチームデビューしたが、トップチームでの出場はこの1試合だけに終わった。1997-98シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)のCDトレドにレンタル移籍し、38試合に出場して5得点と活躍した。1998年夏にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDマジョルカに完全移籍したが、1998-99シーズン前半戦はまったく試合に出場できず、1999年1月にセグンダ・ディビシオンのマラガCFに移籍した。マラガCFはセグンダ・ディビシオンB(3部)から昇格したばかりであったが、MFホセ・マリア・モビージャやFWカターニャとともにセグンダ・ディビシオン昇格に貢献し、1999-2000シーズンと2000-01シーズンもマラガCFでプレーした。フランシスコ・ルフェテ フレッシュアイペディアより)

279件中 71 - 80件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード