208件中 81 - 90件表示
  • イアゴ・アスパス

    イアゴ・アスパスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    地元のCDモアーニャを経て、1995年にセルタ・デ・ビーゴの下部組織に加入した。2007-08シーズンにトップチームデビューを果たし、2009年に正式にトップチームに昇格した。本来のポジションはトップ下であるが、2010-11シーズンの後半戦は主にフォワードとして起用された。2011-12シーズン初出場となった第3節のレクレアティーボ・ウエルバ戦で決勝点を決めると、コパ・デル・レイ3回戦のレアル・バリャドリード戦から4戦連続計6得点を挙げ、レギュラーに定着。2011年11月13日に行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャとのガリシア・ダービー前には、「自分はアンチデポルティビスタだ。(かつてダービーで)ワグネルがトリスタンを蹴とばした時には、ゴールを奪ったかのようにはしゃいだよ」と発言したため、試合中にはデポルティーボサポーターから「Aspas die」というチャントを受けた。2011-12シーズンには自己最多のリーグ戦23得点を挙げ、チームの5シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に重要な役割を果たすとともに、セグンダ・ディビシオン(2部)の得点ランキングでレオナルド・ウジョア(UDアルメリア、28得点)に次ぐ2位となった。2012年6月5日、LFPアワードのセグンダ・ディビシオン最優秀フォワードにノミネートされた。イアゴ・アスパス フレッシュアイペディアより)

  • セグンダ・ディビシオン

    セグンダ・ディビシオンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    デポルティーボ・ラ・コルーニャ - 1位(自動昇格)セグンダ・ディビシオン フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・アルバレス・ヌニェス

    パブロ・アルバレス・ヌニェスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年、ボスマンルールによりデポルティーボ・ラ・コルーニャに加入。パブロ・アルバレス・ヌニェス フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルティネス

    ハビ・マルティネスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ナバーラ州のエステーリャ出身であり、州最大のクラブCAオサスナの下部組織に入団したが、Bチームに所属していた2006年にまだトップチームデビューを果たしていなかったにもかかわらず、600万ユーロ(約9億円)という高額の移籍金でアスレティック・ビルバオと6年契約を交わした。力強いプレーで移籍してすぐにレギュラーの座を掴み、12月16日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-0)ではアウェーで2得点を決めてみせた。デビューシーズンの2006-07シーズンはリーグ戦35試合に出場して3得点を決めた。2007-08シーズン、2008-09シーズンもレギュラーとしてプレーし、2008-09シーズンにはコパ・デル・レイで決勝に進出した。移籍当初から2400万ユーロと高額な違約金が設定されたが、2008年の契約延長の際に3600万ユーロまで引き上げられた。ハビ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ

    ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    小柄ながらスピード、ポジショニング、得点感覚、さらにはパスセンスにも優れ、ブラジル国内の名門クラブであるCRフラメンゴやCRヴァスコ・ダ・ガマ、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャ等で活躍した。前線で起点となれるフォワードで、ただ点を取ることのほかに、最前線でのチャンスメイクも得意とした。1989年度の南米年間最優秀選手賞に輝く。ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ フレッシュアイペディアより)

  • レフ・ポズナン

    レフ・ポズナンから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    また1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ1回戦、ギリシャのパナシナイコス戦では2試合合計5-1でこれを下し2回戦へ駒を進めた。2回戦では、フランスのオリンピック・マルセイユ戦では2試合合計4-8で敗れたものの、ホームでは3-2でマルセイユを下すなどクラブ史上で最良の結果を残した。2008-09シーズンのUEFAカップではグループリーグでオランダのフェイエノールトを倒したほかフランスのASナンシーとスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャに引き分け、決勝トーナメントに進出した。レフ・ポズナン フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・アランスビア

    ダニエル・アランスビアから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2008年7月12日、デポルティーボ・ラ・コルーニャにフリートランスファーで入団するとすぐにUEFAインタートトカップで優勝してUEFAカップの出場権を勝ち取った。10月2日のUEFAカップ1回戦・SKブラン戦はPK戦にもつれ込んだが3本を止める大活躍で勝利に貢献し、グループリーグ出場権を手にした。2008-09シーズンのリーグ戦は出場停止による1試合を除く37試合に出場。リーグ3位の47失点と奮闘し、正GKとしての座を確立した。ダニエル・アランスビア フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・シュチェンニコフ

    ゲオルギ・シュチェンニコフから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    PFC CSKAモスクワの下部組織出身。2008年にトップチームに昇格するが、リザーブチームと掛け持ちしていた。公式戦デビューは2008年8月6日のロシア・カップ・トルペド・ウラジミール戦。同年10月24日、UEFAカップ 2007-08のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で欧州カップ戦デビュー。2009年シーズンから、当時のジーコ監督に見い出され、当時17歳ので左サイドバックのレギュラーとしてプレーする。その後、ヴァグネル・ラヴ、ユーリ・ジルコフといった主力選手の退団、相次ぐ監督交代など、チームは混乱し、リーグ戦5位に終わったが、シュチェンニコフはシーズン通じて安定した働きを見せ、所属するCSKAではアラン・ジャゴエフ(2008年受賞)に次ぐ、ロシア・プレミアリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた。ゲオルギ・シュチェンニコフ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    地元のクラブでプレーしていた頃はフォワードだったが、父親がコーチを務めていたクラブに入団してミッドフィールダーにコンバートされた。14歳でリバー・プレートの下部組織に入団した。2003年7月、アルゼンチン代表デビュー直後にトップチーム登録され、2004年にはクラウスーラ(後期リーグ)でリーグ優勝を果たした。同年のコパ・リベルタドーレスでは準決勝まで勝ち進んだが、そこで地元ライバルのボカ・ジュニアーズに敗れて決勝進出はならなかった。レアル・マドリードやデポルティーボ・ラ・コルーニャなど複数の欧州クラブが興味を示していたが、リバープレートは認めず、アルゼンチンにとどまっている。2004-05シーズンはあまり成功だったとは言えず、クラウスーラは3位、アペルトゥーラ(前期リーグ)は10位に終わった。コパ・リベルタドーレスでは再び準決勝まで進んだが、ブラジルのサンパウロFCに敗れた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ネグレド

    アルバロ・ネグレドから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2007年7月、プリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのUDアルメリアに移籍した。契約の際には買い戻しオプションが付けられた。8月26日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(3-0)でデビューし、2008年2月2日のレアル・マドリード戦(2-0)ではペナルティキックで古巣相手に得点した。4月19日のセビージャFC戦(4-1)ではペナルティキックをミスしたが、2得点を決めて快勝した。2007-08シーズンはリーグ戦で13点を決めてチーム内得点王になり、リーグ戦の8位躍進に貢献した。2008年9月28日のレクレアティーボ・ウェルバ戦(1-0)では95分に決勝点を決めるなど、2008-09シーズンはシーズン序盤の6試合で5得点を決めた。2009年2月のバレンシアCF戦(2-3)で2得点を決めて、2008-09シーズンのリーグ戦での得点数を二桁に乗せ、最終的には19得点で得点ランキング上位に食い込んだ。UDアルメリアでは2シーズンでリーグ戦70試合に出場して32得点を挙げた。アルバロ・ネグレド フレッシュアイペディアより)

208件中 81 - 90件表示