279件中 81 - 90件表示
  • パブロ・アルバレス・ヌニェス

    パブロ・アルバレス・ヌニェスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年、ボスマンルールによりデポルティーボ・ラ・コルーニャに加入。パブロ・アルバレス・ヌニェス フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・シュチェンニコフ

    ゲオルギ・シュチェンニコフから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    PFC CSKAモスクワの下部組織出身。2008年にトップチームに昇格するが、リザーブチームと掛け持ちしていた。公式戦デビューは2008年8月6日のロシア・カップ・トルペド・ウラジミール戦。同年10月24日、UEFAカップ 2007-08のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で欧州カップ戦デビュー。2009年シーズンから、当時のジーコ監督に見い出され、当時17歳ので左サイドバックのレギュラーとしてプレーする。その後、ヴァグネル・ラヴ、ユーリ・ジルコフといった主力選手の退団、相次ぐ監督交代など、チームは混乱し、リーグ戦5位に終わったが、シュチェンニコフはシーズン通じて安定した働きを見せ、所属するCSKAではアラン・ジャゴエフ(2008年受賞)に次ぐ、ロシア・プレミアリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた。ゲオルギ・シュチェンニコフ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル

    ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    アルバセテ県アルバセテに生まれ、1999年に地元のアルバセテ・バロンピエからトップチームデビューしたが、4シーズンで15試合しか出場することができなかった。2000年にはセグンダ・ディビシオンB(3部)のデポルティーボ・ラ・コルーニャBにレンタル移籍している。その後もセグンダ・ディビシオンBのレアル・サラゴサBやSDポンフェラディーナなどに所属したが、2005年、セグンダ・ディビシオン(2部)のCDカステリョンと契約した。2006年には同カテゴリーに降格したばかりのカディスCFに移籍したが、2007-08シーズンはリーグ戦42試合中18試合の出場にとどまり、クラブもセグンダ・ディビシオンB降格となった。2008年にセグンダ・ディビシオンのUDラス・パルマスに移籍し、31歳となった2010年にUDサラマンカと契約した。ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ラサルテ

    マルティン・ラサルテから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    プロデビューしたナシオナル・モンテビデオでは、1988年にコパ・リベルタドーレス優勝、トヨタカップ優勝を果たした。同年にスペイン・セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍し、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を経験した。1992年にウルグアイに戻り、デフェンソール・スポルティング、セントラル・エスパニョールFC、CAレンティスタスに在籍して現役引退した。マルティン・ラサルテ フレッシュアイペディアより)

  • ハウジネイ

    ハウジネイから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1980年代中盤にサンパウロ州のCAジュベントスでデビューした。州内のビッグクラブからの関心も集めたが、その後はポルトガルのFCポルトやスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャといったヨーロッパのクラブでプレーした。1988-89シーズンから1989-90シーズンの途中まで在籍したポルトでは7試合出場2ゴールにとどまったが、1988-89シーズン途中から1989-90シーズンまで在籍したデポルティーボでは、セグンダ・ディビシオンで67試合に出場して16ゴールを挙げた。ハウジネイ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ブーヨ

    フランシスコ・ブーヨから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    14歳でウラルCFへ入団。ゴールキーパーの他にも右ウインガーでプレーし、キーパーをしている間は無失点に抑えると共にチーム得点王にもなった。ベタンソスCFのユースを経て、1975-76シーズンにRCDマヨルカでデビュー。翌シーズンはデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍し、1980年までプレーした。1978-79シーズンはSDウエスカへレンタル移籍していた。1980年にはセビージャFCへ行き、正ゴールキーパーとして1985-86シーズンまでプレー、6年間で242の公式試合に出場した。フランシスコ・ブーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ロドルフォ・ボディポ

    ロドルフォ・ボディポから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年夏、デポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。前十字靭帯を負傷し、2006-07シーズンと2007-08シーズンは4番手のフォワード扱いだったが、2008年12月には2週間で3得点(UEFAカップのASナンシー戦での1点、リーグ戦のヘタフェCF戦での2点)を挙げる活躍を見せた。2009-10シーズンは15試合(フル出場なし)に出場して無得点に終わり、33歳となったボディポは2010年夏にルーマニア・リーガ1のFCヴァスルイにレンタル移籍したが、海外生活に馴染めず、わずか1ヶ月後には契約を破棄してスペインに戻り、セグンダ・ディビシオンのエルチェCFにレンタル移籍した。ロドルフォ・ボディポ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・イダルゴ

    クリスティアン・イダルゴから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年にデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャに移籍し、同年8月27日の開幕節 (対戦相手: レアル・サラゴサ) に途中出場してプリメーラ・ディビシオンにデビューした。翌2007年1月7日開催の第17節 (対戦相手: レアル・マドリード) で1得点を挙げたが、これがプリメーラ・ディビシオン初得点となった。翌2007-08年度第15節、前所属クラブのFCバルセロナとの試合で開始2分に先制点を挙げ、試合は2-1でバルセロナが勝利した。クリスティアン・イダルゴ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ガルシア・デ・ラ・クルス

    ダビド・ガルシア・デ・ラ・クルスから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    RCDエスパニョールの下部組織出身。2000年1月8日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビュー。2009年6月12日に、クラブと新たに契約を2年延長した。ダビド・ガルシア・デ・ラ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ソンゴォ

    フランク・ソンゴォから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    父の所属していたFCメス、デポルティーボ・ラ・コルーニャの下部組織に所属した後、FCバルセロナのカンテラに移り、リオネル・メッシやセスク・ファブレガス等と共にプレーした。2005年にイングランドのポーツマスFCに移籍し、プロデビューした。その後定位置を確保できずローン生活が続いたが2008年にレアル・サラゴサに移籍した。2010年1月、レアル・ソシエダへレンタル移籍。フランク・ソンゴォ フレッシュアイペディアより)

279件中 81 - 90件表示

「デポルティボ」のニューストピックワード