前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示
  • ハブ空港

    ハブ空港から見たデルタ航空デルタ航空

    拠点空港や焦点空港のステータスは、各航空会社の事業戦略によって決まるものであり、必ずしも空港の規模や設備がこれを左右するものではない。例えば、成田国際空港は日本航空・全日本空輸の他にも、以遠権の行使で、アジアに広範な路線網を持つデルタ航空・ユナイテッド航空が拠点空港(航空会社ハブ空港)としている。一方、アメリカ有数の大空港であるジョン・F・ケネディ国際空港は、デルタ航空と新規参入のジェットブルー航空のみが拠点空港としているのみである。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス国際空港

    インディアナポリス国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    インディアナポリス国際空港()はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス市にある国際空港。空港コードは IND。インディアナ州にある最大の空港である。日本からの直行便はないが、各航空会社のハブ空港からインディアナポリス国際空港までは直行便が出ている。かつては、USエアウェイズの準ハブ空港だった(現在は、同社の業績不振により準ハブ空港ではない)。現在は、貨物輸送のフェデックス(フェデックス エクスプレス)のハブ空港であり、またエアトラン航空およびデルタ航空の焦点都市でもある。2008年11月12日から新ターミナルの供用を開始した。インディアナポリス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン航空

    アメリカン航空から見たデルタ航空デルタ航空

    2012年8月31日、USエアウェイズとの合併の可能性が示唆され、2013年2月14日に両者が合併することで合意した。なお、合併交渉にあたっては司法長官やアメリカ国内での複数の州などから反対が出たものの、ラガーディア空港などの発着枠を一部返還することで、2013年11月12日に条件付での合併が承認された。これにより、規制当局や米破産裁判所が承認され、ユナイテッド航空グループ・デルタ航空を上回る世界最大の航空会社となった。アメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ノースウエスト航空

    ノースウエスト航空から見たデルタ航空デルタ航空

    ノースウエスト航空(ノースウエストこうくう、Northwest Airlines, Inc.)は、かつてアメリカ合衆国ミネソタ州イーガン(ミネアポリス・セントポール郊外)に本部をおいていた航空会社。デルタ航空と経営統合し、2010年1月31日をもってデルタ航空となった。ノースウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

    ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    世界最大級の航空会社であるデルタ航空のハブ空港であり、2000年より発着数および利用者数において世界中で一番忙しい空港である。2010年の年間航空機発着回数は約95万回。ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たデルタ航空デルタ航空

    アメリカでは、パンアメリカン航空、ノースウエスト航空、トランス・ワールド航空が国際線で、アメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は当初はアメリカ国内路線での活躍にとどまった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見たデルタ航空デルタ航空

    イースタン航空()は、1920年代後半から1991年まで運航していたアメリカ合衆国の航空会社。最盛期にはアメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空と共に"Big4"と呼ばれる大手国内線航空会社であった。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト航空85便緊急着陸事故

    ノースウェスト航空85便緊急着陸事故から見たデルタ航空デルタ航空

    ノースウェスト航空85便緊急着陸事故(ノースウェストこうくう85びんきんきゅうちゃくりくじこ)とは、2002年10月9日、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から成田国際空港へ飛行中のノースウエスト航空(現在のデルタ航空)85便(NW85)にアラスカ・アンカレッジ付近で故障が発生し、目的地を変更しテッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港に緊急着陸を行った航空事故である。ノースウェスト航空85便緊急着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

    ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

      デルタ航空(アトランタ、バミューダ、カンクン、シンシナティ、フォートローダーデール/ハリウッド、フォートマイヤーズ、ラスベガス、ロサンゼルス、ナッソー、オーランド、ソルトレイクシティ、サラソタ/ブラデントン、タンパ/セントピーターズバーグ/クリアウォーター、ワシントン/レーガン、ウエストパームビーチ)ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ

    アトランタから見たデルタ航空デルタ航空

    古くは鉄道交通のハブとして、また綿花産業の中心地として栄えた。やがてコカ・コーラ、デルタ航空、CNNなど多数の大企業が本社を置くようになり、ジョージア州のみならずアメリカ合衆国南部の商業・経済の中心地としての役割を担うようになった。1990年代に入ると、アトランタはアメリカ合衆国南部にとどまらず、国際的にも影響力を持つまでになり、先進国の都市の中では最も高い成長を遂げている都市の1つに数えられるようになった。経済面での国際的な影響力に加え、「世界で最も忙しい空港」と呼ばれるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港を前面に抱え、1996年の夏季オリンピック開催地としても世界的な知名度を有するアトランタは、2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第36位の都市と評価された。アトランタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード