323件中 11 - 20件表示
  • デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から見たデルタ航空デルタ航空

    この空港は6本の主要な滑走路と158のゲート、及びマクナマラ・ターミナル内に設置されたウェスティン・ホテルとカンファレンスセンター、ボーイング747を整備できる能力を有する整備施設を有している。この空港は米国で10番目、世界で19番目に利用客の多い空港である。デルタ航空(旧ノースウエスト航空)及びスピリット航空のハブ空港である。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスクラス

    ビジネスクラスから見たデルタ航空デルタ航空

    酒類の無償提供が行われる(格安航空会社やユナイテッド航空、デルタ航空などでは、国際線でもエコノミークラスでは酒類が有償提供である)。ビジネスクラス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    ジョン・F・ケネディ国際空港はデルタ航空とジェットブルー航空がハブ空港にしているほか、アメリカン航空も準ハブ空港の一つとしており、その混雑はますます進んでいる(かつてはイースタン航空、ナショナル航空、パンアメリカン航空、タワーエアー、トランスワールド航空などもハブ空港としていた)。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空、ノースウエスト航空またはユナイテッド航空と合併交渉に入ることを発表。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • イーガン (ミネソタ州)

    イーガン (ミネソタ州)から見たデルタ航空デルタ航空

    イーガン市は元々アイルランド系移民による農業社会であり、「アメリカ合衆国の玉ねぎ首都」とも呼ばれていたが、2000年の国勢調査ではミネソタ州第8位の都市に成長していた。イーガン市は、1980年にミネソタ州道77号線の線引きが修正されて拡張され、さらにミネソタ川に架かる6車線の橋(3車線は北行き、3車線は南行き)が新設された後に大きく成長した。また1980年代半ばにはミネソタ州道110号線のメンドータハイツから南行きの州間高速道路35号線東の自動車専用道部分がバーンズビルで同35号線西に合流する工事も完成した。市の北側境界は州間高速道路494号線に沿っている。南側境界はクリフ道路から約1マイル (1.6 km) 南にある。東側境界はミネソタ州道3号線に沿っている。西側境界はミネソタ川の南岸である。現在大都市圏では4番目の郊外であり、ミネアポリス市とセントポリス市のベッドタウンになっている。ノースウェスト航空(現デルタ航空)やトムソン・ウェスト(現トムソン・ロイターズ)が市内に本社を置いた時から地域への影響力が上がった。今日、雑誌「マネー」に拠れば、アメリカ合衆国で住みやすい都市の第14位に挙げられている。イーガン (ミネソタ州) フレッシュアイペディアより)

  • メンフィス国際空港

    メンフィス国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    所有と運営はメンフィス・シェビィ郡空港局が行っている。当空港は、デルタ航空(旧ノースウエスト航空)のハブであると同時に1973年よりフェデックスの本拠地で同社のハブでもある。メンフィス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ローリー・ダーラム国際空港

    ローリー・ダーラム国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    新しいローリー・ダーラムの空港は1943年5月1日開港し、イースタン航空が最初に就航した。旅客ターミナルは4棟の兵舎を建てた資材の余りから造られた。第二次世界大戦後、ローリー・ダーラム国際空港にはイースタン航空に加えて、キャピタル航空とピードモント航空が就航した。1970年代にはデルタ航空とアルゲイニー航空が、1980年代にはトランス・ワールド航空とアメリカン航空が、1990年代にはミッドウェイ航空がそれぞれ就航した。ミッドウェイ航空は2003年に運航を停止するまで、ローリー・ダーラム国際空港をハブにしていた。ローリー・ダーラム国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港

    プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    2008年12月には、アメリカのデルタ航空もアトランタ国際空港との定期便を、その後アメリカン航空もマイアミ国際空港との定期便を就航させ、その後デイリー運航するようになった。またTAMブラジル航空もマイアミ国際空港との定期便を就航させるなど、ブラジル内陸部のハブ空港として機能するようになった。プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • モンロー (ルイジアナ州)

    モンロー (ルイジアナ州)から見たデルタ航空デルタ航空

    1913年、コカ・コーラの最初の瓶詰業者であるジョセフ・A・ビーデンハーンがヴィックスバーグからモンローに移動してきた。その家と庭園はモンロー市リバーサイド・ドライブ2006にあり、現在はビーデンハーン博物館と庭園として運営されている。ビーデンハーンが事業化するまで、コカ・コーラはソーダ・ファウンテンと混ぜて飲んでいた時期があった。ビーデンハーンとその息子マルコーム・ビーデンハーンが、デルタ航空、当初はデルタ・ダスターズの創業者に入っていた。モンロー (ルイジアナ州) フレッシュアイペディアより)

  • O・R・タンボ国際空港

    O・R・タンボ国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空はアメリカ合衆国ジョージア州のアトランタ国際空港と当空港(ダカール経由)との間で2006年12月4日より就航を開始しているが、2009年6月2日からBoeing777-200LRを投入し、直行便に切り替えた。デルタ航空はアメリカ合衆国のメジャーな航空会社では唯一南アフリカ路線に就航している。南アフリカ航空はワシントン・ダレス国際空港とジョン・F・ケネディ国際空港との間に既に毎日就航している。日本との間では南アフリカ航空が以前は関西国際空港までバンコク経由で乗り入れていたが、現在は運休中である。2007年4月22日より香港乗り継ぎで全日空とコードシェアを開始した。香港発がNH6665/SA287便、ヨハネスブルグ発がNH6666/SA286便で、毎日運航している。O・R・タンボ国際空港 フレッシュアイペディアより)

323件中 11 - 20件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード