229件中 11 - 20件表示
  • 関西国際空港

    関西国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    中国を含めたアジア方面の路線が充実しており、2007年夏ダイヤにおいては、香港を除く中国路線は253便、中国を含む東アジアおよび東南アジア方面へは458便であった。一方で北米路線は他方面に比べ少なく、日系航空会社による北米線は休止されている。2006年から2007年にかけ、日本航空のロサンゼルス線・アメリカン航空のダラスフォートワース線、ユナイテッド航空のシカゴ線と北米便の運休が相次いだほか、2008年に就航した台湾のエバー航空の台北発の当空港経由ロサンゼルス線(週3便)は、翌年に運休。2008年冬ダイヤから就航予定だったタイ国際航空のバンコク発当空港経由ロサンゼルス線は、アメリカを中心とする世界経済の不安定化を懸念し、急遽延期となった。しかしその後、2010年6月にデルタ航空が2001年10月のノースウエスト航空運休以来約9年ぶりにシアトル線を再開、さらに、2011年4月からは当空港としては開港以来初となる東海岸直行便であるニューヨーク/JFK線がチャイナエアラインにより就航開始された。また、既存便においても2012年冬季ダイヤで例年冬季減便を行っていたユナイテッド航空のサンフランシスコ線が夏季同様の1日1便運航となり、デルタ航空のシアトル線が2013年5月21日から1日1便になるなど、低迷を極めていた北米線の復調傾向が見られるようになった。関西国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から見たデルタ航空デルタ航空

    この空港は6本の主要な滑走路と158のゲート、及びマクナマラ・ターミナル内に設置されたウェスティン・ホテルとカンファレンスセンター、ボーイング747を整備できる能力を有する整備施設を有している。2006年現在、この空港は米国で10番目、世界で19番目に利用客の多い空港である。デルタ航空及びスピリット航空のハブ空港である。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

    ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

      デルタ航空(アトランタ、バミューダ、カンクン、シンシナティ、フォートローダーデール/ハリウッド、フォートマイヤーズ、ラスベガス、ロサンゼルス、ナッソー、オーランド、ソルトレイクシティ、サラソタ/ブラデントン、タンパ/セントピーターズバーグ/クリアウォーター、ワシントン/レーガン、ウエストパームビーチ)ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社の年表

    航空会社の年表から見たデルタ航空デルタ航空

    1929年6月17日-デルタ航空が設立(デルタ・エア・サービスとして)。航空会社の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ローリー・ダーラム国際空港

    ローリー・ダーラム国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    新しいローリー・ダーラムの空港は1943年5月1日開港し、イースタン航空が最初に就航した。旅客ターミナルは4棟の兵舎を建てた資材の余りから造られた。第二次世界大戦後、ローリー・ダーラム国際空港にはイースタン航空に加えて、キャピタル航空とピードモント航空が就航した。1970年代にはデルタ航空とアルゲイニー航空が、1980年代にはトランス・ワールド航空とアメリカン航空が、1990年代にはミッドウェイ航空がそれぞれ就航した。ミッドウェイ航空は2003年に運航を停止するまで、ローリー・ダーラム国際空港をハブにしていた。ローリー・ダーラム国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • フェデックス80便着陸失敗事故

    フェデックス80便着陸失敗事故から見たデルタ航空デルタ航空

    事故機となったマクドネル・ダグラスMD-11F貨物機(機体記号 N526FE 製造番号48600/560)は、アメリカ合衆国のロングビーチ工場で完成し、1993年12月1日に初飛行した。初飛行時の機体記号はN90178で型式証明取得のための長期試験に供されたあと、1996年1月にN9017Sに登録変更、10月にデルタ航空にN813DEとして納入された。旅客機としての運航は7年あまりで、2003年12月に退役し、ストア(保管)状態に置かれていた。なお、当機は唯一デルタ航空の新塗装をまとったMD-11であった。フェデックス80便着陸失敗事故 フレッシュアイペディアより)

  • シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港

    シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    本空港はアトランタに次ぐデルタ航空の2番目のハブ空港で、コムエアのハブ空港である。IATA空港コードはCVG(このコードはシンシナティ郊外のケンタッキー州コビントン市から来ている)。ここはパリ、ロンドン、フランクフルト、アムステルダム、ナッソー、ローマ、及びトロントへ毎日国際線が運航している。シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • スカイチーム

    スカイチームから見たデルタ航空デルタ航空

    2000年6月22日 : アエロメヒコ航空、エールフランス、大韓航空、デルタ航空により設立される。スカイチーム フレッシュアイペディアより)

  • プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港

    プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    2008年12月には、アメリカのデルタ航空もアトランタ国際空港との定期便を就航させ、その後デイリー運航するようになった。またTAMブラジル航空がニューヨークとの定期便を就航させる予定である。プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • DC-8

    DC-8から見たデルタ航空デルタ航空

    しかし、先に開発をはじめたボーイング707に対する遅れを取り戻すために、試作機の製作を省くという当時としては画期的な開発手法を取り、その結果大幅に開発期間を短縮し、DC-8の生産のために建造されたカリフォルニア州ロングビーチのダグラス社工場で1958年4月に初号機が完成。同年5月に初飛行を行った。その後テスト飛行を行いFAAの耐空証明を取得、ライバルのボーイング707の初就航から約1年遅れの1959年9月18日にユナイテッド航空およびデルタ航空の定期路線に初就航した。DC-8 フレッシュアイペディアより)

229件中 11 - 20件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード

  • 高岡御車山(みくるまやま)祭の御車山行事

  • 知事らパトロール隊激励

  • 宇宙飛行士の夢を諦めたこともあったが、やることをやって道を切り開き、実現できた。