229件中 31 - 40件表示
  • ミネソタ州

    ミネソタ州から見たデルタ航空デルタ航空

    セントポール市とミネアポリス市はカーギル、3M Co. (元ミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリング社)、ノースウエスト航空(現:デルタ航空)、ターゲット、USバンコープ、w:Thrivent Financial for Lutherans、メドトロニック (w:Medtronic)、エコラボ(w:Ecolab)、ベスト・バイ、クレイ、イメーション、国際的なデイリークイーン、Regis Corporation、ゼネラル・ミルズ及びウェルズ・ファーゴの地域本部、キャタピラー社並びにハネウェルを含む、多様な主要なビジネスの本拠地となっている。ロチェスター市はメイヨー・クリニックの本部があり、IBMの重要な製造工場がある。アメリカ合衆国内で最大のショッピングモール、モール・オブ・アメリカはミネアポリス・セントポール郊外のブルーミントンに位置している。ミネソタ州マーシャルを本拠地としている、w:Schwan Food Companyはアメリカ合衆国内の冷凍食品会社ブランドとして、最大級の会社でありミネソタ州内で2番目に大きな同族企業である。ミネソタ州 フレッシュアイペディアより)

  • MD-11

    MD-11から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空(フェデックス等へ売却)MD-11 フレッシュアイペディアより)

  • サウスウエスト航空

    サウスウエスト航空から見たデルタ航空デルタ航空

    1995年1月31日、サウスウエスト航空では電子航空券制度を導入した。これは、1994年にサウスウエスト航空の航空券がユナイテッド航空・コンチネンタル航空・デルタ航空のチケット予約システムから外されることになったことがきっかけで、独自の新しい予約システムを導入することになり、同時にチケットレスシステムの導入を行ったものである。サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ハブ空港

    ハブ空港から見たデルタ航空デルタ航空

    ハブ空港や準ハブ空港のステータスは、各航空会社の事業戦略によって決まるものであり、必ずしも空港の規模や設備がこれを左右するものではない。例えば、成田国際空港は日本航空と全日本空輸の他にもアジアに広範な路線網を持つデルタ航空やユナイテッド航空がハブ空港としている。ハブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官

    ぼくは航空管制官から見たデルタ航空デルタ航空

    登場航空会社…ANAグループ・中日本エアラインサービス・フェアリンク・日本貨物航空・シンガポール航空・タイ国際航空・チャイナエアライン・エバー航空・中国東方航空・大韓航空・アシアナ航空・カンタス航空・ノースウエスト航空・ユナイテッド航空・デルタ航空・ヴァリグ・ブラジル航空・エールフランス・ルフトハンザドイツ航空・アエロフロートロシア航空・アリタリア航空・スイスインターナショナルエアラインズ・ブリティッシュ・エアウェイズ・フェデックスぼくは航空管制官 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-400

    ボーイング747-400から見たデルタ航空デルタ航空

    1989年2月よりローンチカスタマーのノースウエスト航空(現・デルタ航空)に納入され運航を開始し、日本航空の44機を初め、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザドイツ航空などの主力機として広く運行された。なお、-400型と747クラシックは、しばらくの間どちらも発注することができたが、747クラシックは1990年に納入された機材を最後に生産終了し、生産ラインは-400型に完全移行した。その後、-400型は1990年代から2000年代初頭にかけて販売数を伸ばし続け、長距離国際線の主役的存在になった。ボーイング747-400 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際空港

    東京国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空 : 2013年6月1日からシアトル線を1日1便で就航開始予定東京国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空

    パンアメリカン航空から見たデルタ航空デルタ航空

    1991年: 12月4日に破産し運航停止。その後ロンドンへの路線と中南米路線をユナイテッド航空へ譲渡。他のヨーロッパ路線はデルタ航空へ、マイアミ国際空港のターミナルをアメリカン航空へ譲渡。パンアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング767

    ボーイング767から見たデルタ航空デルタ航空

    近年では引退も見られ始め、日本航空と全日本空輸で使われていた767-200は全て退役し、全日本空輸で使用されていた機体は貨物機に改造され、アメリカのエアボーン・エクスプレスで使われている。デルタ航空でも引退が始まり、特に同社の有志により導入された「スピリット・オブ・デルタ」と呼ばれた767-232(機体記号:N102DA)が2006年3月に引退し、ジョージア州アトランタ市にあるデルタエア・ミュージアムへ寄贈されることとなった。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    旅客便(国際線)の発着便数は、日本航空グループが最大で、全日本空輸グループ、デルタ航空、ユナイテッド航空がそれに次ぐ。デルタ航空やユナイテッド航空は以遠権を基に、アメリカ線のみならずアジア線も多く運航している。そして東京国際空港(羽田空港)にも乗り入れる大韓航空と中国国際航空が続く形となっている。旅客便(国内線)の発着便数は、日本航空を最大に、全日本空輸、スカイマークと続いている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

229件中 31 - 40件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード