323件中 41 - 50件表示
  • ボーイング767

    ボーイング767から見たデルタ航空デルタ航空

    1978年1月5日には、ボーイングからエバレット工場の拡張計画が発表された。これは767の製造に対応するためのもので、屋内容積は当時世界最大の航空機組立工場となるものであった。同年7月24日、ユナイテッド航空から確定発注30機(オプション発注37機)を獲得すると同時に、正式に767-200型のローンチが発表された。一方、短胴型にこだわっていたアメリカン航空も、情勢の変化から長胴型を受け入れる方針に変化した。滑走路の短いニューヨーク・ラガーディア空港への乗り入れを行うための必須要件をアメリカン航空が提示し、ボーイングがこれを受け入れたため、アメリカン航空は1978年11月に767-200型を30機発注、同月中にはデルタ航空も15機を発注した。この時点で、短胴型767-100型は製造されないことになった。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード L-1011 トライスター

    ロッキード L-1011 トライスターから見たデルタ航空デルタ航空

    同年3月29日にはイースタン航空から50機、トランス・ワールド航空から44機、エア・ホールディングスから50機の受注し、一挙に受注機数は100機を超えた。さらに4月3日にはデルタ航空から24機を受注するに至り、同日にローンチ(生産プログラム開始)を発表、DC-10より先に製造が開始されることになったのである。なお、ユナイテッド航空は、1985年にパンアメリカン航空の太平洋路線とその運航機材を買収した際に、パンアメリカン航空が運航していたトライスターを譲り受け、その後運行することとなった。ロッキード L-1011 トライスター フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア州

    ジョージア州から見たデルタ航空デルタ航空

    フォーチュン500に挙げられた会社では15社、フォーチュン1000に挙げられた会社では26社がジョージア州に本社を置いており、その中にはザ・ホーム・デポ、UPS、コカ・コーラ、デルタ航空、アフラック、サザンカンパニー、サントラスト銀行が入っている。州内には43の国を代表する1,700以上の国際本社があり、112,000人以上を雇用し、総投資額は227億米ドルと推計されている。ジョージア州 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス DC-8

    ダグラス DC-8から見たデルタ航空デルタ航空

    しかし、先に開発をはじめたボーイング707に対する遅れを取り戻すために、試作機の製作を省くという当時としては画期的な開発手法を取り、その結果大幅に開発期間を短縮し、DC-8の生産のために建造されたカリフォルニア州ロングビーチのダグラス社工場で1958年4月に初号機が完成。同年5月に初飛行を行った。その後テスト飛行を行いFAAの耐空証明を取得、ライバルのボーイング707の初就航から約1年遅れの1959年9月18日にユナイテッド航空およびデルタ航空の定期路線に初就航した。ダグラス DC-8 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官2

    ぼくは航空管制官2から見たデルタ航空デルタ航空

    登場航空会社…ANAグループ・中日本エアラインサービス・フェアリンク・日本貨物航空・大韓航空・アシアナ航空・中国東方航空・チャイナエアライン・エバー航空・シンガポール航空・タイ国際航空・カンタス航空・ノースウエスト航空・ユナイテッド航空・デルタ航空・ヴァリグ・ブラジル航空・エールフランス・ルフトハンザドイツ航空・アエロフロート・ロシア航空・アリタリア航空・スイス インターナショナル エアラインズ・ブリティッシュ・エアウェイズ・フェデックスぼくは航空管制官2 フレッシュアイペディアより)

  • アムステルダム・スキポール空港

    アムステルダム・スキポール空港から見たデルタ航空デルタ航空

    スキポール空港は、 KLMオランダ航空、マーティンエアー、トランサヴィアなどオランダの航空会社や、KLM と提携するデルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)のハブ空港となっている。オランダに馴染みのない人には、海面下に位置することも特記すべきことである。アムステルダム・スキポール空港 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス DC-7

    ダグラス DC-7から見たデルタ航空デルタ航空

    1953年8月、北米国内線でアメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空の3社各路線に就航したが、ターボコンパウンド付エンジンに起因する客室へ及ぼす振動と騒音は納期までに克服できなかった。ダグラス DC-7 フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たデルタ航空デルタ航空

    8月6日:東京地裁で開かれた債権者集会でANAホールディングス支援の再生計画案が可決(同案に対抗していたアメリカのリース会社イントレピッドが提案していたデルタ航空が支援する案は否決)され、東京地裁から再生計画が即日認可決定を受ける。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイチーム

    スカイチームから見たデルタ航空デルタ航空

    2000年6月22日 : デルタ航空、エールフランス、大韓航空、アエロメヒコ航空により設立される。スカイチーム フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たデルタ航空デルタ航空

    第二次世界大戦前よりアメリカ国内線においてアメリカン航空と1、2を争う大きなシェアを持っており、ソビエト連邦国有のアエロフロート・ロシア航空を除くと「世界最大の航空会社」と言われていた(アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、イースタン航空が「ビッグ4」と呼ばれていた)。一方、国際線は1970年代のジミー・カーター政権による航空自由化後もカナダやメキシコなどの近距離国際線しか運航していなかった。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

323件中 41 - 50件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード