229件中 51 - 60件表示
  • リパブリック航空

    リパブリック航空から見たデルタ航空デルタ航空

    こうしてリパブリック航空は消滅し、リパブリック航空を買収したノースウエスト航空も2008年にはデルタ航空と合併したが、ハブ空港だったミネアポリス、デトロイト、メンフィスは現在でも新生デルタ航空(ミネアポリスは元々ノースウエストのハブ空港でもあったが)の重要なハブ空港となっている。リパブリック航空 フレッシュアイペディアより)

  • タスカルーサ空港

    タスカルーサ空港から見たデルタ航空デルタ航空

    以前はデルタ航空やアメリカン・イーグル航空などが就航していたが、2000年に乗客の低下により撤退。現在は、プライベートジェットやチャーター機の利用の留まっている。タスカルーサ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ミリアム・ストックリー

    ミリアム・ストックリーから見たデルタ航空デルタ航空

    作曲家のカール・ジェンキンスとマイク・ラトリッジによるデルタ航空のCM音楽にヴォーカリストとして参加、これが評判となり1995年に結成されたアディエマスのメイン・ヴォーカルとして脚光を浴びる。2001年9月の日本公演時に来日。ミリアム・ストックリー フレッシュアイペディアより)

  • ライト修正法

    ライト修正法から見たデルタ航空デルタ航空

    撤廃に賛成する識者は、「ラブフィールド空港からの長距離路線の制限は、公正な競争を妨げる」と断言した。識者たちは、ラブフィールド空港からの目的地を自由に設定することを求め、現在の制限がDFW発着路線の運賃を意識的に引き上げていると主張した。この制限を撤廃し、どの航空会社でも自由にラブフィールド空港から路線開設がされることで、いわゆる「サウスウエスト効果」が発生すると見込んでいた。ラブフィールド空港発着路線が低価格になることで、DFW発着路線の運賃引き下げも行なわれ、どちらの空港も需要は増加すると仮定していた。これらは、他の空港市場において、低運賃航空会社であるサウスウエスト航空が何度となく実現していたのである。また、DFWの主な利用会社はアメリカン航空であり、発着便の80パーセント以上がアメリカン航空という状態ではほとんど競争がない状態で、デルタ航空がハブ空港としての運用をやめた問題などを見れば、DFWはアメリカン航空に高額の請求も出来ると主張した。ライト修正法 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーグラスステークス

    ブルーグラスステークスから見たデルタ航空デルタ航空

    1992-1994年 - デルタ航空が協賛を行う。ブルーグラスステークス フレッシュアイペディアより)

  • エンブラエル EMB 120

    エンブラエル EMB 120から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空(デルタコネクション)エンブラエル EMB 120 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たデルタ航空デルタ航空

    (国際化完了) 東京国際空港(羽田空港)(東京都大田区)に、アメリカン航空 ニューヨーク線、デルタ航空 デトロイト線、ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン線、21日未明にデルタ航空 ロサンゼルス線の就航開始により昨年10月から始まった本格的な国際化がほぼ完了。今回の4路線の開設により世界の17の都市(空港)と直行便で結ばれた。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の航空

    2000年の航空から見たデルタ航空デルタ航空

    6月22日 - アエロメヒコ航空、エールフランス、デルタ航空、大韓航空によりスカイチームが設立された。2000年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 以遠権

    以遠権から見たデルタ航空デルタ航空

    前述の通りノースウエスト航空が日本以遠のアジア路線に対して無制限の以遠権を有しており、デルタ航空もこれを継承している。これを利用して、成田国際空港をハブ空港として運用し、アメリカ本土路線と接続するための日本からアジア各国への路線を運航している。デルタ航空ではこのような路線の運航のために、ボーイング757を成田を事実上の所属港として運用させている。以遠権 フレッシュアイペディアより)

  • ポート・コロンバス国際空港

    ポート・コロンバス国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    デルタ航空(アトランタ、シンシナティ、ロサンゼルス、ソルトレイクシティ)ゲートC53-C56ポート・コロンバス国際空港 フレッシュアイペディアより)

229件中 51 - 60件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード