323件中 51 - 60件表示
  • 機内誌

    機内誌から見たデルタ航空デルタ航空

    大抵の場合自国語と英語が併記され、その他の主な就航地の言語を併記する場合もある。また、エールフランスやデルタ航空、ユナイテッド航空、ニュージーランド航空など、日本路線を重要視している航空会社の場合、日本語専用の機内誌を別に作る航空会社も多い。なお、このような場合は季刊であるケースが多い。機内誌 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見たデルタ航空デルタ航空

    価格競争が激しいアメリカの国内線では、エコノミークラスからは無料の機内食が消えて久しかった。こうした動きに対してデルタ航空は、2016年、競合各社とのサービスによる差別化を図るためニューヨーク(ケネディ国際空港)とロサンゼルス、サンフランシスコを結ぶ路線で、エコノミークラスの乗客に対して機内食の無料提供を試験的に開始。2017年3月1日からは、北米大陸横断路線の12路線に拡大した。この動きに対してアメリカン航空も、大陸横断路線などで機内食の無料提供を行う動きを見せている。機内食 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-90

    マクドネル・ダグラス MD-90から見たデルタ航空デルタ航空

    MD-90は1989年11月に正式開発が決定され、1993年2月に初飛行、1995年4月にデルタ航空により初就航した。MD-90の総生産数は116機で、2000年10月に納入された機体を最後に生産を終えた。日本では日本エアシステムが1996年からMD-90を導入し、映画監督の黒澤明がデザインした7種類の虹の機体塗装が話題となった。日本エアシステムでは最終的に16機を導入し、後の日本航空との経営統合後も全機引き継がれたが、2013年3月末までに全機引退した。MD-90は、日本の航空会社が運航した最後のダグラス製旅客機であった。マクドネル・ダグラス MD-90 フレッシュアイペディアより)

  • 空港ターミナルビル

    空港ターミナルビルから見たデルタ航空デルタ航空

    第2ターミナル・第3ターミナル - デルタ航空空港ターミナルビル フレッシュアイペディアより)

  • アエロメヒコ航空

    アエロメヒコ航空から見たデルタ航空デルタ航空

    2000年に世界有数の航空連合であるスカイチームの設立メンバーの1社となり、以降デルタ航空やエールフランス、大韓航空やKLMオランダ航空などと共に同アライアンスの有力メンバーとなっている。また、アライアンス外の航空会社とコードシェア運航を行っており、2018年から日本航空とのコードシェア運航を行う。アエロメヒコ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たデルタ航空デルタ航空

    そこでボーイング社は767-300と747-400の間の座席数の差を埋める機体を作るべく、1986年暮れにそのクラスの機体の需要に関して市場調査を開始した。世界中の多くの航空会社に調査を行い、特にその中でもローンチカスタマーのユナイテッド航空や全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空、デルタ航空、カンタス航空には機体の設計についても意見を求めた(ワーキング・トゥゲザー)。そして、1989年12月8日にボーイング社の取締役会の承認を経て正式に新型機「767-X」として航空会社に提案されることが決まった。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • サウスウエスト航空

    サウスウエスト航空から見たデルタ航空デルタ航空

    1995年1月31日、サウスウエスト航空では電子航空券制度を導入した。これは、1994年にサウスウエスト航空の航空券がユナイテッド航空・コンチネンタル航空・デルタ航空のチケット予約システムから外されることになったことがきっかけで、独自の新しい予約システムを導入することになり、同時にチケットレスシステムの導入を行ったものである。サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • フェデックス80便着陸失敗事故

    フェデックス80便着陸失敗事故から見たデルタ航空デルタ航空

    事故機となったマクドネル・ダグラス MD-11F貨物機(機体記号 N526FE 製造番号48600/560)は、アメリカ合衆国のロングビーチ工場で完成し、1993年12月1日に初飛行した。初飛行時の機体記号はN90178で型式証明取得のための長期試験に供されたあと、1996年1月にN9017Sに登録変更、10月にデルタ航空にN813DEとして納入された。旅客機としての運航は7年あまりで、2003年12月に退役し、ストア(保管)状態に置かれていた。なお、当機は唯一デルタ航空の新塗装をまとったMD-11であった。フェデックス80便着陸失敗事故 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-400

    ボーイング747-400から見たデルタ航空デルタ航空

    運航開始から20年経ち経年化が進んだ2000年代後半以降には、多くの初期導入航空会社で、より燃費がよく運航費用の低いボーイング777やエアバスA330、中でも長距離国際線においてはボーイング777-300ERなどへの代替が進んだ。最初期に導入した1社であり、一時は世界最大の運航機数を誇った日本航空から2011年2月に全機退役したほか、シンガポール航空も2012年3月25日で定期運航を終え、同年4月6日のシンガポール - 香港 - シンガポール線フェアウェルフライトをもって引退した。ニュージーランド航空は2014年9月をもって定期便の運航を終了、キャセイパシフィック航空も2016年10月に全機退役している。デルタ航空やユナイテッド航空などにおいても退役が進んでいる。ボーイング747-400 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たデルタ航空デルタ航空

    北米大陸線は、デルタ航空が同社主要ハブのデトロイトへ直行便を長年運航しており、全米各地や中南米へ乗り継ぐことができる。2017年6月からは、エア・カナダが11年ぶりにバンクーバーへの直行便を季節運航便として再開した。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

323件中 51 - 60件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード

  • 第16回 クラリーノ美脚大賞2018

  • BLACK Scandal Yohji Yamamoto 2019 SS WOMEN’S

  • 25年間ほんの一瞬でもファンの皆さんの心に寄り添える歌手でいられたなら嬉(うれ)しく思います