118件中 11 - 20件表示
  • デルタ航空

    デルタ航空から見たエアバス

    2015年頃、日本市場での提携先を模索しているとき、スカイマークが民事再生法を申請し、債権者集会で再建案を決議することが決定し、当初ANAホールディングスを中心とする案が無決議で採択される予定であったが、ANA側が提示した再建案で民生法申請前運航されていたエアバス機材を排除した再建案に、債権者であるエアバスと航空機リース会社のイントレピッドが反発し、イントレピッド側はデルタ航空を担ぎ出し、デルタ航空にしてみれば欲しかった日本市場での航空会社を傘下に出来、日本で加盟航空会社が無いスカイチームへの加盟可能性があったので、ANAとデルタが相対する構図となり、決議はANA側がエアバスに将来的機材計画でエアバス機を優先的に採用する取引を持ちかけANAの再建案へ賛成させた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た全日本空輸

    その後のノースウエスト航空との統合により、2009年から成田でのハブ機能を充実させた。2013年には外国航空会社として同空港で最多の運航便数を誇り、その便数は日本航空、全日本空輸に次いで3番目となっていた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たスカイマーク

    2015年頃、日本市場での提携先を模索しているとき、スカイマークが民事再生法を申請し、債権者集会で再建案を決議することが決定し、当初ANAホールディングスを中心とする案が無決議で採択される予定であったが、ANA側が提示した再建案で民生法申請前運航されていたエアバス機材を排除した再建案に、債権者であるエアバスと航空機リース会社のイントレピッドが反発し、イントレピッド側はデルタ航空を担ぎ出し、デルタ航空にしてみれば欲しかった日本市場での航空会社を傘下に出来、日本で加盟航空会社が無いスカイチームへの加盟可能性があったので、ANAとデルタが相対する構図となり、決議はANA側がエアバスに将来的機材計画でエアバス機を優先的に採用する取引を持ちかけANAの再建案へ賛成させた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たユナイテッド航空

    短距離国際線およびアメリカ国内線ではユナイテッド航空やアメリカン航空、USエアウェイズなどの競合他社と同様、ファーストクラスでは食事・アルコール類を含めた飲料を無料とし、メインキャビンではノンアルコール飲料およびスナックが無料で提供される。なお、「EATS」という名称で有料で機内食を販売するサービスもある。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た機内食

    なお2017年ウィンタースケジュールでは旧ノースウエスト航空の路線と合わせ、アトランタ、デトロイト、ミネアポリス、シアトル、ロサンゼルス、ポートランド、ホノルルのアメリカ7都市とグアムから成田、及び成田-コロールに向けて運航を行っている。名古屋/中部発着のデトロイト線では、デルタ航空が運航する日本路線としては初めて日本の特定地域の特産物を取り入れた限定機内食(松阪牛使用)の提供をビジネスクラス以上の乗客を対象に実施しているなど、近年では日本人向けの機内サービス向上に努力していると評価されている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たジョン・F・ケネディ国際空港

    1987年3月に日本乗入れを開始した。旧社時代は成田国際空港からポートランド、ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタの各路線を運航していたが、2001年の9.11同時多発テロの直後、成田 - アトランタ便を除いたアジア路線から一時撤退した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た東京国際空港

    上記のような騒動後、2015年末頃に日米航空交渉の目途がつき羽田空港の昼間発着枠が新規割り当てされる可能性が出てきたがデルタは従来の成田空港の地位低下を危惧し、羽田空港発着枠新規割当をするなら成田発着枠の移行を要求した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たエアバスA350 XWB

    ボーイング747-400及び767-300ER型機の代替を含めたワイドボディ50機程度の導入を検討しており、エアバスA330シリーズやエアバスA350シリーズ、ボーイング777-300ER及び777-8/-9、ボーイング787シリーズなどが候補に挙がっていたが、2014年11月20日にエアバスA350-900型機とA330-900neoを25機ずつをボーイング747-400型機や767-300ER型機の後継機として発注し、A350 XWBは2017年、A330neoは2019年から受領する予定と発表された。このうちA350XWBは同年10月30日よりデトロイト - 成田線でのデビューを果たしている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たボーイング787

    ボーイング747-400及び767-300ER型機の代替を含めたワイドボディ50機程度の導入を検討しており、エアバスA330シリーズやエアバスA350シリーズ、ボーイング777-300ER及び777-8/-9、ボーイング787シリーズなどが候補に挙がっていたが、2014年11月20日にエアバスA350-900型機とA330-900neoを25機ずつをボーイング747-400型機や767-300ER型機の後継機として発注し、A350 XWBは2017年、A330neoは2019年から受領する予定と発表された。このうちA350XWBは同年10月30日よりデトロイト - 成田線でのデビューを果たしている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たコレット・E・ウールマン

    1929年 にコレット・E・ウールマンらがルイジアナ州モンローで「デルタ・エア・サービス」として旅客サービスを開始し(それまで農薬散布の会社)、1941年にアトランタに移転する。社名は、ミシシッピ・デルタにちなんで付けられたものである。現存するアメリカ合衆国の航空会社では最長の歴史を持つ。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

118件中 11 - 20件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード