118件中 21 - 30件表示
  • デルタ航空

    デルタ航空から見た全米ライフル協会

    2018年2月、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件を契機に、全米ライフル協会会員に対して行ってきた運賃割引制度を廃止することを打ち出すと、ライフル協会会員からボイコット運動を受けることとなった。同年3月、エド・バスティアンCEOは社内向けのメッセージで、ライフル協会に限らず政治的に異なる見解を持つ団体全てに対して、現在適用している運賃割引制度の見直しを進めていることを示唆している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たチェルシーFC

    NFLのバッファロー・セイバーズ、NHLのロサンゼルス・キングス、NBAのロサンゼルス・レイカーズ、イングランドプレミアリーグのチェルシーFCなどのスポンサーを務めていてデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たNHL

    NFLのバッファロー・セイバーズ、NHLのロサンゼルス・キングス、NBAのロサンゼルス・レイカーズ、イングランドプレミアリーグのチェルシーFCなどのスポンサーを務めていてデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たアメリカ同時多発テロ事件

    1987年3月に日本乗入れを開始した。旧社時代は成田国際空港からポートランド、ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタの各路線を運航していたが、2001年の9.11同時多発テロの直後、成田 - アトランタ便を除いたアジア路線から一時撤退した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たビジネスクラス

    長距離国際線では、デルタ・ワン(ビジネスクラス、旧名:ビジネスエリート)とデルタ・コンフォートプラス(プレミアムエコノミークラス、旧名:エコノミーコンフォート)およびメインキャビン(エコノミークラス)の実質3クラス制をとる。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たNFL

    NFLのバッファロー・セイバーズ、NHLのロサンゼルス・キングス、NBAのロサンゼルス・レイカーズ、イングランドプレミアリーグのチェルシーFCなどのスポンサーを務めていてデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た成田空港

    上記のような騒動後、2015年末頃に日米航空交渉の目途がつき羽田空港の昼間発着枠が新規割り当てされる可能性が出てきたがデルタは従来の成田空港の地位低下を危惧し、羽田空港発着枠新規割当をするなら成田発着枠の移行を要求した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た新東京国際空港

    ボーイング747-400型機は引退間際まで以遠権を有していても成田空港の発着枠に限りがあり、多頻度の運用が不可能といった事情により需要旺盛な日本とアジア市場への一定の座席供給、輸送力を保つにはボーイング777型機では容量不足かつ、成田空港内の整備工場でボーイング747型機の高度な整備が可能なことも運用続ける理由となっていた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た嘉手納飛行場

    2017年同社同型機は運用6機となり、デトロイト発着便アジア便を中心に運航され、「N669US」で運航された10月29日発デトロイト→成田DL275便と翌30日成田→デトロイトDL276便をもって日本の定期路線から同社同型機は引退したが、11月28,29日にかけて「N668US」が米軍チャーター便運航で仙台、嘉手納へ飛来している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た仙台空港

    2017年同社同型機は運用6機となり、デトロイト発着便アジア便を中心に運航され、「N669US」で運航された10月29日発デトロイト→成田DL275便と翌30日成田→デトロイトDL276便をもって日本の定期路線から同社同型機は引退したが、11月28,29日にかけて「N668US」が米軍チャーター便運航で仙台、嘉手納へ飛来している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード