83件中 41 - 50件表示
  • デルタ航空

    デルタ航空から見たデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    なお現在、旧ノースウエスト航空の路線と合わせ、アトランタ、ニューヨーク、デトロイト、ミネアポリス、シアトル、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ポートランド、ソルトレイクシティ、ホノルルなどアメリカ10都市から日本の5空港(成田、東京/羽田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡)に向けて運航を行っている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た仁川国際空港

    また、既得のノースウエスト航空の以遠権を生かすことで、成田国際空港をハブの一つとし、同空港からソウル/仁川、釜山、香港、台北/桃園、シンガポール、バンコク、マニラ、北京/首都、上海/浦東と中部国際空港からマニラへのネットワークも形成し、グアム、サイパン、パラオへも運航している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た上海浦東国際空港

    また、既得のノースウエスト航空の以遠権を生かすことで、成田国際空港をハブの一つとし、同空港からソウル/仁川、釜山、香港、台北/桃園、シンガポール、バンコク、マニラ、北京/首都、上海/浦東と中部国際空港からマニラへのネットワークも形成し、グアム、サイパン、パラオへも運航している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たDC-8

    1960年代になるとDC-8をはじめとするジェット機を導入し、1970年代までにほぼジェット機に機材を統一した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たDC-10

    1987年には、初の太平洋路線としてDC-10型機を使用してポートランド国際空港から東京へと就航するなどしたが、基本的には国内線及び近距離国際線、そして大西洋路線を重視したネットワークを形成していた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たボーイング777

    残るボーイング747-400型機はサービス基準を上げるため機内の大規模改修作業後、引き続き運用されていて。同社が保有するボーイング747-400の殆どは日本路線に運用している。これは無制限の以遠権を有していても成田国際空港の発着枠に限りがあり、多頻度の運用が不可能といった事情により需要旺盛な日本とアジア市場への一定の座席供給、輸送力を保つにはボーイング777では力不足かつ、成田空港内の整備工場でB747型機の高度な整備が可能なことも挙げられていたが、東日本大震災以降は需要の落ち込みもあり、徐々にボーイング777やエアバスA330による機材変更が進行している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たエアバスA330

    ノースウエスト航空と合併後、ボーイング747貨物機を含め20機以上の747シリーズやエアバスA330を保有することになった。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たMD-11

    マクドネル・ダグラスMD-11デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たニノイ・アキノ国際空港

    また、既得のノースウエスト航空の以遠権を生かすことで、成田国際空港をハブの一つとし、同空港からソウル/仁川、釜山、香港、台北/桃園、シンガポール、バンコク、マニラ、北京/首都、上海/浦東と中部国際空港からマニラへのネットワークも形成し、グアム、サイパン、パラオへも運航している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たアメリカ合衆国司法省

    2008年4月14日全米5位のノースウエスト航空との合併を発表し、同年10月29日、アメリカ合衆国司法省により承認され、当時、世界最大の航空会社「デルタ航空」が誕生した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード