118件中 41 - 50件表示
  • デルタ航空

    デルタ航空から見たKLMオランダ航空

    なお、大西洋路線ではエールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア-イタリア航空及びヴァージン・アトランティック航空と共同事業を行っており、どの会社がいずれの会社の運航便を販売しても利益とコストを分割し運営を効率化している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たTUMI

    長距離国際線では全席で機内食やアメニティを提供する。デルタ・ワンは、TUMI製ポーチのアメニティセット、コース料理や様々なアルコール類を含めた飲料が無料で提供される。メインキャビンにおいては飲料は原則としてノンアルコール飲料のみ無料であるが、例外的に日本発着便を中心とした一部路線でビールやワインを無料としている。また2016年7月より、日米路線(日本発ホノルル行を除く)にて、メインキャビンを含む全座席でアイスクリームを提供。9月15日以降は従来のアメニティに機内用スリッパを全座席で提供する。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たプラット・アンド・ホイットニー

    2017年12月13日、エアバスのA321neoを約100機発注する計画を発表した。エンジンはプラット・アンド・ホイットニーの予定である。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たGogo Inflight Internet

    Gogo Inflight Internetの技術を使用した無線インターネットサービスを有料で提供している。国内線のみならず、2018年現在は長距離国際線の全ての路線でも使用可能である。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たマクドネル・ダグラス

    デルタ航空の保有機材は700機を超え、単一の航空会社が保有する機材数では世界第1位である。その種類は旧デルタ航空保有のボーイング社製機材(旧マクドネル・ダグラス社製航空機を含む)中心のラインナップに加え、ノースウエスト航空から引き継いだエアバス機など、多岐にわたっている。そのため、様々な座席数を持つ機材が豊富に揃い、各路線に最適なサイズの機材を投入することが可能となっている。反面、機材の競合も多く、整備や部品管理などの効率が悪くなっている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たパンアメリカン航空

    1987年には、初の太平洋路線としてDC-10型機を使用してポートランド国際空港から東京へと就航、1991年には破産したパンアメリカン航空から大西洋・ヨーロッパ路線を買収し、基本的には国内線及び近距離国際線、そして大西洋路線を重視したネットワークを形成していた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たUSエアウェイズ

    短距離国際線およびアメリカ国内線ではユナイテッド航空やアメリカン航空、USエアウェイズなどの競合他社と同様、ファーストクラスでは食事・アルコール類を含めた飲料を無料とし、メインキャビンではノンアルコール飲料およびスナックが無料で提供される。なお、「EATS」という名称で有料で機内食を販売するサービスもある。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たアリタリア-イタリア航空

    なお、大西洋路線ではエールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア-イタリア航空及びヴァージン・アトランティック航空と共同事業を行っており、どの会社がいずれの会社の運航便を販売しても利益とコストを分割し運営を効率化している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たエールフランス

    なお、大西洋路線ではエールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア-イタリア航空及びヴァージン・アトランティック航空と共同事業を行っており、どの会社がいずれの会社の運航便を販売しても利益とコストを分割し運営を効率化している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

    現在ではメインハブ空港であるアトランタ国際空港をはじめ、ハブ空港からアメリカ国内および世界各地に向け、1日に4900便を超えるフライトを運航している。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード