118件中 51 - 60件表示
  • デルタ航空

    デルタ航空から見たロサンゼルス国際空港

    「N666US」19日ソウル仁川→デトロイト着後ラインアウト、20日デトロイト→ロサンゼルスデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たミネアポリス・セントポール国際空港

    「N669US」18日上海浦東→デトロイト着後ラインアウト、19日デトロイト→アトランタ、20日アトランタ→ミネアポリスデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た連邦倒産法第11章

    2005年、原油価格の高騰に伴う燃料費の増加によって収益が悪化。加えてハリケーン・カトリーナによって同社の地盤であるアメリカ南部が被害を受けたことなどから経営危機に陥り、同年9月14日、ノースウエスト航空と同時期に連邦倒産法第11章の適用をニューヨークの連邦倒産裁判所に申請して経営破綻した。しかし飛行機の運行自体は継続しながら経営再建を行い、2007年5月1日に正式に連邦倒産法第11章から脱却して経営再建に成功した。これと同時に機体に新塗装が施され、新しいロゴマークも発表された。それに先立って、ニューヨーク証券取引所への再上場も果たしている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たシアトル・タコマ国際空港

    「N674US」11日ソウル仁川→デトロイト着後ラインアウト、18日デトロイト→エバレット→シアトル、19日シアトル→アトランタデルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た以遠権

    ボーイング747-400型機は引退間際まで以遠権を有していても成田空港の発着枠に限りがあり、多頻度の運用が不可能といった事情により需要旺盛な日本とアジア市場への一定の座席供給、輸送力を保つにはボーイング777型機では容量不足かつ、成田空港内の整備工場でボーイング747型機の高度な整備が可能なことも運用続ける理由となっていた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たアトランタ

    デルタ航空(デルタこうくう、)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市に本拠を置く航空会社。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たグアム国際空港

    なお2017年ウィンタースケジュールでは旧ノースウエスト航空の路線と合わせ、アトランタ、デトロイト、ミネアポリス、シアトル、ロサンゼルス、ポートランド、ホノルルのアメリカ7都市とグアムから成田、及び成田-コロールに向けて運航を行っている。名古屋/中部発着のデトロイト線では、デルタ航空が運航する日本路線としては初めて日本の特定地域の特産物を取り入れた限定機内食(松阪牛使用)の提供をビジネスクラス以上の乗客を対象に実施しているなど、近年では日本人向けの機内サービス向上に努力していると評価されている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たポートランド国際空港

    1987年には、初の太平洋路線としてDC-10型機を使用してポートランド国際空港から東京へと就航、1991年には破産したパンアメリカン航空から大西洋・ヨーロッパ路線を買収し、基本的には国内線及び近距離国際線、そして大西洋路線を重視したネットワークを形成していた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たアメリカ合衆国

    デルタ航空(デルタこうくう、)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市に本拠を置く航空会社。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    しかし、初期に就航した機体は25年以上運用していることもあり、ボーイング777型機が長距離ETOPS運用可能なLR型が就航し性能を生かしたことや日本に提携できるカウンターパートナーが確保できないなど日本におけるハブ機能価値が低下したことからデトロイトからソウル(仁川)、上海(浦東)などの同社の他国提携先がある米本土アジア間の直行便化などの運用が可能になってきたので、同型機について2014年第3四半期の業績発表時に2017年に完全退役する予定を発表した。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「デルタ航空」のニューストピックワード