デング熱 ニュース&Wiki etc.

デング熱(デングねつ、まれにデンゲ熱とも、)とは、が原因の感染症であり、熱帯病の一つである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「デング熱」のつながり調べ

  • 清朝統治時代 (台湾)

    清朝統治時代 (台湾)から見たデング熱

    この間、台湾は主に農業と中国大陸との貿易によって発展していったが、清朝の統治力が弱い台湾への移民には気性の荒い海賊や食いはぐれた貧窮民が多く、更にはマラリア、デング熱などの熱帯病や原住民との葛藤、台風などの水害が激しかった為、台湾では内乱が相次いだ。なお、清朝は台湾に自国民が定住することを抑制するために女性の渡航を禁止したために、台湾には漢民族の女性が少なかった。そのために漢民族と平地に住む原住民との混血が急速に進み、現在の「台湾人」と呼ばれる漢民族のサブグループが形成された。また、原住民の側にも平埔族と呼ばれる漢民族に文化的に同化する民族群が生じるようになった。(清朝統治時代 (台湾) フレッシュアイペディアより)

  • ルソン島

    ルソン島から見たデング熱

    米比戦争によりフィリピン第一共和国(マロロス共和国)は崩壊し、多数の農民兵らがアメリカ軍に殺された。アメリカ陸軍准将J・フランクリン・ベルはニューヨーク・タイムズにこう述べている。「ルソンの現地人の6分の1はこの2年で、デング熱で死ぬか戦争で死んでいる。殺戮による生命の損失だけでも大きかったが、私は誰一人として合法的な戦争の目的のため以外に殺された者はいないと考える。フィリピン人はずるく立ち回り彼ら自身のやり方で戦っているので、他国ならおそらく厳しい基準で見られることを適用する必要がある」(ルソン島 フレッシュアイペディアより)

「デング熱」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「デング熱」のニューストピックワード