前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • ジカ熱

    ジカ熱から見たデング熱デング熱

    主たる症状は軽度の発熱、結膜充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、斑点状丘疹である。デング熱やチクングニア熱と似ているが、発熱などはデング熱と比べると軽い。現在有効な薬剤やワクチンはなく、対処としては安静にするのみである。デング熱と比べると症状は穏やかであり4日から1週間で終息する。入院が必要になることは希であり、2016年1月末現在ジカ熱を直接的な原因とする死者は報告されていない。ジカ熱 フレッシュアイペディアより)

  • メトプレン

    メトプレンから見たデング熱デング熱

    昆虫の場合は、成虫には効果がないが、上記の通り幼虫の成長を阻害しデング熱やマラリアを広げる蚊の駆除として有効である。メトプレン フレッシュアイペディアより)

  • イカリジン

    イカリジンから見たデング熱デング熱

    かつて、イカリジン含有製品は、コンシューマー・レポートで7%の濃度で有効とされていた。2006年のコンシューマー・レポートは、7%溶液はデング熱を媒介するヤブカに対して効果が少ないまたは効果が無い、西ナイル熱を媒介するイエカに対しては2.5時間の効果がある、15%溶液はヤブカは約1時間、イエカは4.8時間の効果がある、としている。2016年のコンシューマー・レポートでは、20%の濃度で用いると最も効果的な虫よけであるとしている。オーストラリア軍でも20%溶液を採用している。イカリジン フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子ドライブ

    遺伝子ドライブから見たデング熱デング熱

    遺伝子ドライブの応用には、病原体を運搬する昆虫(特にマラリア、デング熱、ジカ熱を媒介する蚊)の拡散防止、外来種の制御、除草剤や農薬抵抗性の除去が含まれる。病原媒介者の生殖能力を低下させることでその個体群の壊滅を引き起こすというように、この技術は遺伝子の追加、破壊、または改変に利用することができる。遺伝子ドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の相撲

    2014年の相撲から見たデング熱デング熱

    9月22日 - 【大相撲】日本相撲協会はデング熱の影響で、明治神宮での横綱奉納土俵入りと富岡八幡宮での鶴竜の横綱土俵入りを中止することを発表2014年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • World Community Grid

    World Community Gridから見たデング熱デング熱

    Discovering Dengue Drugs ? Together(デング熱治療薬開発 2007年8月21日発足、2009年11月4日終了) - デング熱、C型肝炎、西ナイル熱、および黄熱の新薬開発。2010 年2月17日よりフェーズ2が進行中。World Community Grid フレッシュアイペディアより)

  • ヒトスジシマカ

    ヒトスジシマカから見たデング熱デング熱

    胸部の背面に一本の白い正中線とW字状の斑があり、体長は4.5mmほど。黒い体色に白い縞のカは殆どが本種である。本来、秋田県や岩手県が北限であったが生息域を北に広げつつある。またデング熱などの感染症を媒介する事も知られている。ヒトスジシマカ フレッシュアイペディアより)

  • 八丈小島のマレー糸状虫症

    八丈小島のマレー糸状虫症から見たデング熱デング熱

    それらの研究を通じ佐々は Species Control(スピーシズ コントロール)対種駆除という考え方に初めて接した。例えばマラリアを媒介するのは蚊であるのだから、予防のためには片端から蚊を駆除すればよいという大雑把なものではなく、マラリアを媒介する蚊の種を特定し、人間のマラリアを媒介する蚊だけを駆除すればよい、という考え方である。この考え方はマラリアに対してだけでなく、フィラリア、黄熱病、デング熱、日本脳炎といった蚊を媒介とする熱帯性の感染症の予防対策の基礎となる重要な考え方であった。佐々はマレー人の医師や研究者からその区別方法を伝授されると同時に、当時は敵国であったイギリスの医療技術に感嘆し、日本にはない熱帯医学に関する各種論文や医学書を読み漁り、その理念や技術を日本語に翻訳し、ペナン島でのマラリア対策を克明に記録したものとともに、東京築地にある海軍軍医学校へ逐次送付し続けた。佐々は海軍軍医学校から呼び戻され、マラリアの予防法を若い軍医に教える傍ら、さらに研究を進め、マラリア媒介蚊の種類を判別するための図鑑『大東亜共栄圏のアノフェレス蚊の鑑別図鑑』を作成した。この図鑑は全軍に配布され、佐々は日本における熱帯病研究者としての地位を確立していく。その後、佐々は海軍陸戦隊の軍医として南シナ海に浮かぶ海南島で終戦を迎え、内地へ復員した。籍のあった伝研へ戻った佐々は、GHQの要請を受けて、日本脳炎の研究のために来日した医学者アルバート・サビンの助手をすることになった。東京や岡山で複数の蚊を採取してはさまざまな角度で研究を行う佐々を気に入ったサビンは、日本での研究成果をアメリカの医学雑誌で発表する際に、自らの名前だけでなく佐々の名前を加えた。八丈小島のマレー糸状虫症 フレッシュアイペディアより)

  • デンギー熱

    デンギー熱から見たデング熱デング熱

    デンギー熱 フレッシュアイペディアより)

  • デンゲ熱

    デンゲ熱から見たデング熱デング熱

    デンゲ熱 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「デング熱」のニューストピックワード