1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示
  • 感染症

    感染症から見たデング熱デング熱

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞性白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス腎出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • ジカ熱

    ジカ熱から見たデングウイルスデング熱

    ジカウイルスは、デングウイルスの近縁種の、蚊を宿主とするフラビウイルス科のウイルスである。同時に蚊は媒介者でもあり、本来の宿主は未知であるが、血清学上は、西アフリカのサル及びネズミ目である証拠が発見されている。媒介者である蚊は日中に動く蚊で、代表的な感染源と指摘されているものはネッタイシマカ(Aedes aegypti)であるが、数種のヤブカ属からも検出され、10日間の潜伏期間をもっている。ジカウイルスの潜在的な社会的リスクは、それを運ぶ蚊の種の分布で区切ることができ、その中でも特に活動範囲が広いネッタイシマカにより主に媒介されているとされている。ジカ熱 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見たデング熱デング熱

    2007年の調査では、アンゴラではナイアシンが少なく欠乏した状態が一般的になっていると結論付けられた。コレラ、マラリア、狂犬病、マールブルグ熱のようなアフリカ出血熱などの伝染病は、国内のどの地域でも一般的な病気となっている。同国の多くの地域では結核の感染率と、HIVの感染率が高い。デング熱、フィラリア、リーシュマニア症、(川失明)は虫によって媒介されるその他の病気であり、この地域でも発生する。アンゴラは乳幼児死亡率が世界で最も高く、平均寿命が世界で最も短い国の一つである。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

  • 大本営発表

    大本営発表から見たデング熱デング熱

    しばしば大本営発表の内容だけを引用して「戦時中の日本国民は前線の悲惨な実情を伝えられなかった」とされることがあるが、戦時中、現地にいる報道班員による報道が、新聞や雑誌の各マスメディアにて盛んに行われており、その中では、最前線における兵站の補給難、兵士の飢餓、マラリアやデング熱など感染症の蔓延、連合国軍の圧倒的な戦力といった実情は、おおむね伝えられていた。大本営発表 フレッシュアイペディアより)

  • 申廷煥

    申廷煥から見たデング熱デング熱

    2010年9月 - フィリピンに逗留。ギャンブルの借金が返済できないとして抑留される。韓国内では出演キャンセルが相次ぎレギュラー降板となる番組が出る。さらにデング熱にかかり入院し、治療のため帰国時期も未定に。申廷煥 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たデング熱デング熱

    スリランカ保健省、今年上半期でのデング熱での死者は過去最多の215人、感染者は7万1000人に達したと発表。先々月の水害や首都コロンボでのゴミ山崩落による衛生状態の悪化が原因としている。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • カ

    から見たデング熱デング熱

    カは人類にとって最も有害な害虫である。メスが人体の血液を吸い取って痒みを生じさせる以外に、伝染病の有力な媒介者ともなる。カによって媒介される病気による死者は1年間に75万人にもおよび、2位の人間(47万5000人)を抑えて「地球上でもっとも人類を殺害する生物」となっている。マラリアなどの原生動物病原体、フィラリアなどの線虫病原体、黄熱病、デング熱、脳炎、ウエストナイル熱、チクングニア熱、リフトバレー熱などのウイルス病原体を媒介する。日本を含む東南アジアでは、主にコガタアカイエカが日本脳炎を媒介する。地球温暖化の影響で範囲が広くなっている問題もある。カによる病気の中で最も罹患者及び死者の多い病気はマラリアであり、2015年には2億1400万人が罹患して43万8000人が死亡した。こうしたカによる伝染病はカの多く生息する熱帯地方に発生するものが多く、マラリアをはじめ黄熱病やデング熱などはほぼ熱帯特有の病気となっている。また、カが媒介する伝染病は特定の種類のカによって媒介されることが多く、マラリアはハマダラカ、黄熱病やデング熱はネッタイシマカやヒトスジシマカ、ウエストナイル熱はイエカ、ヤブカ、ハマダラカによって媒介される。 フレッシュアイペディアより)

  • 2014 FIFAワールドカップ

    2014 FIFAワールドカップから見たデング熱デング熱

    他、クイアバを含む5会場の地域において、黄熱病やデング熱罹患原因となる病原菌を媒介するネッタイシマカが生息しており、WHOが定める予防接種推奨地域に該当する。厚生労働省・外務省などの日本国政府の関連官庁が、ブラジル渡航観戦者らに向けて、未然に黄熱病ワクチン注射による予防接種の告知を通達(※下記外部リンクを参照)を出している。2014 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年

    2015年から見たデング熱デング熱

    環境面では、世界各地で極端なエルニーニョ現象などによる異常気象が見られ、2015年は世界の平均気温が過去最高を記録する年となった。COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み『パリ協定』が採択された。アジアではMERSコロナウイルスが大韓民国で感染拡大・流行、インドネシアによる大規模なヘイズ問題、東南アジア地域でのデング熱流行などの人災も含めた災害が見られた。2015年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示

「デング熱」のニューストピックワード