52件中 31 - 40件表示
  • 風疹

    風疹から見たデング熱デング熱

    麻疹(はしか)、デング熱、突発性発疹、コクサッキー・エコー・アデノウイルス感染、伝染性紅斑、猩紅熱等風疹 フレッシュアイペディアより)

  • チクングニア熱

    チクングニア熱から見たデング熱デング熱

    チクングニア熱(チクングニアねつ、Chikungunya fever)はネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどにより媒介されるウイルス性の伝染病。おなじく蚊媒介性のデング熱やウエストナイル熱と症状が類似している。日本では感染症法に基づく4類感染症および検疫法に基づく検疫感染症に指定されている。チクングニヤ熱、チクングンヤ熱などとも表記する。チクングニア熱 フレッシュアイペディアより)

  • 虫刺症

    虫刺症から見たデング熱デング熱

    蚊に刺された場合、局所的には軽度の炎症で済むが、日本脳炎に注意が必要である。海外へ渡航の際は、マラリア、ウエストナイル熱、デング熱にも注意が必要となる。虫刺症 フレッシュアイペディアより)

  • 出血傾向

    出血傾向から見たデング出血熱デング熱

    ウイルス性出血熱の一群 (例 デング出血熱)出血傾向 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野鋤

    佐野鋤から見たデング熱デング熱

    1942年(昭和17年)、南方メロディーを取り入れ作曲した「ジャバのマンゴ売り」が大ヒット。南方慰問団(大阪毎日新聞社と東京日日新聞社の共催による「皇軍慰問芸術団」)に参加し6月27日に出立。同団には仁木他喜雄や江口隆哉も参加している。船団への魚雷攻撃やデング熱感染といった困難な状況の中、高雄からサイゴン、シンガポール、ラングーン、ジャワ島各地を訪問。指揮・演奏活動のほかに、現地民謡や伝統音楽の編曲や採譜も行っている。戦後、この時の成果をもとにして、「音楽芸術」などに南方音楽の研究論文を寄稿している。11月28日に東京着。佐野鋤 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカ

    スリランカから見たデング熱デング熱

    しかし、5年間の間に貧困率が半分に削減されたとはいえ、1日2ドル未満で暮らす広義の貧困層となると2011年時点でいまだ566万人が該当すると推定されており、これは国民のおよそ25%に相当する。幼児の栄養失調はいまだ問題とされており、5歳以下の子供の29%が体重が不足しているとの報告がなされている。また58%の幼児が6か月から11か月の間、38%の子供が12か月から23か月の間貧血に見舞われる。蚊が媒介するデング熱が現在でも主要な感染症として残りつつも、(NCD、生活習慣病)も体調不良や障害、早逝の85%を占めるほど拡大している。スリランカの平均寿命は77.9才で、この数値は世界の平均より10%ほど高い。しかし、乳児死亡率は1000人当たり8.5人、妊産婦死亡率は同0.39人であり、この統計はまだ開発途上国の数値である。スリランカ フレッシュアイペディアより)

  • 1779年

    1779年から見たデング熱デング熱

    翌年にかけて、記録されている中で最初のデング熱流行がアジア、アフリカ、北アメリカで起こった。1779年 フレッシュアイペディアより)

  • RNAウイルス

    RNAウイルスから見たデング熱デング熱

    フラビウイルス科 : 黄熱病ウイルス、デング熱ウイルス、C型肝炎ウイルス、G型肝炎ウイルスRNAウイルス フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見たデング熱デング熱

    2007年の調査では、アンゴラではナイアシンが少なく欠乏した状態が一般的になっていると結論付けられた。コレラ、マラリア、狂犬病、マールブルグ熱のようなアフリカ出血熱などの伝染病は、国内のどの地域でも一般的な病気となっている。同国の多くの地域では結核の感染率と、HIVの感染率が高い。デング熱、フィラリア、リーシュマニア症、(川失明)は虫によって媒介されるその他の病気であり、この地域でも発生する。アンゴラは乳幼児死亡率が世界で最も高く、平均寿命が世界で最も短い国の一つである。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

  • ゲノムプロジェクト

    ゲノムプロジェクトから見たデング熱デング熱

    ネッタイシマカ(デング熱) Aedes aegyptiゲノムプロジェクト フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「デング熱」のニューストピックワード