99件中 31 - 40件表示
  • デングショック症候群

    デングショック症候群から見たデング熱デング熱

    デングショック症候群 フレッシュアイペディアより)

  • プロテオーム解析

    プロテオーム解析から見たデング熱デング熱

    最近はWorld Community Gridのような、多くの分散コンピューティングプログラムがあり、世界中の人々が科学者の計算を手助けすることができる。このソフトは、数百万の世界中の家庭用コンピュータの処理能力をスーパーコンピュータに加算することができる。World Community GridではHIV、癌、タンパク質の折り畳み、デング熱等について計算を行っている。これら3つのプロジェクトはどれもタンパク質モデリングやタンパク質修飾モデルを中心にしている。分散コンピューティングによって得られたデータから、より特異的で効率的な治療法の手がかりを探すことができる。プロテオーム解析 フレッシュアイペディアより)

  • 不妊虫放飼

    不妊虫放飼から見たデング熱デング熱

    作り出した目的は、GM蚊を大量に放って野生の雌と交配させ、デング熱などを媒介するネッタイシマカを減少させるためである。現在、安全性と効果を確かめるための予備実験をマレーシアで実施中である。不妊虫放飼 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野鋤

    佐野鋤から見たデング熱デング熱

    1942年(昭和17年)、南方メロディーを取り入れ作曲した「ジャバのマンゴ売り」が大ヒット。南方慰問団(大阪毎日新聞社と東京日日新聞社の共催による「皇軍慰問芸術団」)に参加し6月27日に出立。同団には仁木他喜雄や江口隆哉も参加している。船団への魚雷攻撃やデング熱感染といった困難な状況の中、高雄からサイゴン、シンガポール、ラングーン、ジャワ島各地を訪問。指揮・演奏活動のほかに、現地民謡や伝統音楽の編曲や採譜も行っている。戦後、この時の成果をもとにして、「音楽芸術」などに南方音楽の研究論文を寄稿している。11月28日に東京着。佐野鋤 フレッシュアイペディアより)

  • 清朝統治時代 (台湾)

    清朝統治時代 (台湾)から見たデング熱デング熱

    この間、台湾は主に農業と中国大陸との貿易によって発展していったが、清朝の統治力が弱い台湾への移民には気性の荒い海賊や食いはぐれた貧窮民が多く、更にはマラリア、デング熱などの熱帯病や原住民との葛藤、台風などの水害が激しかった為、台湾では内乱が相次いだ。なお、清朝は台湾に自国民が定住することを抑制するために女性の渡航を禁止したために、台湾には漢民族の女性が少なかった。そのために漢民族と平地に住む原住民との混血が急速に進み、現在の「台湾人」と呼ばれる漢民族のサブグループが形成された。また、原住民の側にも平埔族と呼ばれる漢民族に文化的に同化する民族群が生じるようになった。清朝統治時代 (台湾) フレッシュアイペディアより)

  • リキシャ県

    リキシャ県から見たデング熱デング熱

    首都ディリからリキシャへ向かう道から眺めるオンバイ海峡など、県内には多くの美しい風景がある。浜は東ティモールでよく見られる岩がちのものだが、それでも美しい。山岳地帯から海へ流れ出る河川は、モンスーンのシーズンを除きたいてい干上がっている。モンスーンシーズンにはよく幹線道路が被害を受けるが、その都度地元住民によって修復される。殺人マラリアやデング熱を伝染させる蚊が大量にいる。リキシャ県 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本梨恵

    藤本梨恵から見たデング熱デング熱

    WBC女子世界スーパーフライ級王者柳明玉(北朝鮮)の防衛戦欠場に伴い、2009年2月13日に暫定王座をPABA女子スーパーフライ級王者ウサナコン・ゴーキャットジム(タイ)と争うことが決まった。しかし2月3日、ウサナコンがデング出血熱感染のため3週間の治療を要すると診断されたことにより急遽延期となり、暫定王座決定戦は正規王座のタイトルマッチ後に行われることになった。藤本梨恵 フレッシュアイペディアより)

  • コスラエ州

    コスラエ州から見たデング熱デング熱

    1998年にデング熱が流行したが、一般的には疫病は皆無である。島には州立の病院が一軒だけあるが、医療レベルは低く、病院内の衛生状態も悪い。コスラエ州 フレッシュアイペディアより)

  • 榊山潤

    榊山潤から見たデング熱デング熱

    1932年『新潮』に書いた「蔓草の悲劇」で文壇に認められ、時事新報社を退社、徳田秋声に師事する。この頃は市井の世界を描く作品を手がけていた。1937年に日本評論社特派員として第二次上海事変を取材、戦争の惨禍を目の当たりにして衝撃を受け、朝日新聞紙上にて、もうこれまでのような情痴小説は書かないと宣言。またこの間に最初の作品集『戦場』『をかしな人たち』が出版され、次いで『上海戦線』を刊行。元二本松藩士で、戊辰戦争の二本松城落城を生き延びた義父佐倉強哉をモデルにした「歴史」を1938-39年に発表し、第3回新潮社文芸大賞を受賞。同人誌『文学者』に参加し、『歴史』第二部を連載。次いで切支丹禁圧の歴史の悲劇を描いた『天草』を書き下し。太平洋戦争で徴用されて、陸軍航空隊の報道班員としてベトナム、タイ、ビルマを転戦、デング熱で肝臓をいためて帰国し、隊の戦記出版に携わるが、肝炎で倒れ徴用解除となる。榊山潤 フレッシュアイペディアより)

  • フーリン (タンパク質)

    フーリン (タンパク質)から見たデング熱デング熱

    フーリンはゴルジ体に多い。ゴルジ体でフーリンは他のタンパク質を切断し、成熟型、または活性型に変換する。フーリンは塩基性アミノ酸標的配列(標準的には、Arg-X-(Arg/Lys) -Arg)の直後にタンパク質を切断する。細胞の前駆体タンパク質を加工するのに加え、フーリンは多くの病原体にも利用される。例えば、HIV、インフルエンザ およびデング熱ウイルスのようなウイルスのエンベロープタンパク質は、十分機能するためにフーリンかフーリン様タンパク質分解酵素に切断される必要がある。炭疽菌毒素、シュードモナスのエクソトキシン、およびパピローマウイルスは、宿主の細胞に侵入を開始するときにフーリンによる加工が必要となる。フーリンの阻害剤は炭疽菌の感染の治療の治療薬として考慮されている。フーリン (タンパク質) フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「デング熱」のニューストピックワード