99件中 41 - 50件表示
  • 森村茂樹

    森村茂樹から見たデング熱デング熱

    ハマダラ蚊が飛び回っているが、蚊帳を持っている住民はほとんどいない。マラリヤで苦しむ悲惨な状況を目の当たりにした。「ここで病院を造ったら多くの人を助けられる」と思った。そのためになる医療勉強会を欠かさなかった。同じ地区の軍医が集まってマラリヤだけでなくデング熱やペスト、チフスの症例や検証結果を話し合った。その思いは大学設立後の医療協力へとつながった。1年8か月の捕虜生活を経て1947年(昭和22年)4月、軍医中尉で復員した。森村茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉丹

    小泉丹から見たデング熱デング熱

    京都府出身。東京帝国大学理学部動物学科卒。伝染病研究所で宮島幹之助に師事。台湾で熱帯病を研究。1924年新設の慶應義塾大学医学部教授、寄生虫学を担当。マラリアやデング熱の研究、『蛔虫の研究』、進化論の解説などの業績がある。名前は「たん」と通称される。小泉丹 フレッシュアイペディアより)

  • ボルバキア

    ボルバキアから見たデング熱デング熱

    ロンドン大学インペリアル・カレッジを含む研究グループは、デング熱の感染に耐性を示すかボルバキアの2種類の株を使って、デング熱のウイルスを含んだ血液を吸わせたネッタイシマカで実験を行った。ボルバキア フレッシュアイペディアより)

  • カムラ・パサード=ビセッサー

    カムラ・パサード=ビセッサーから見たデング熱デング熱

    2011年8月、政府高官はパサード=ビセッサーがデング熱に罹患しており、今後は医師の監督下で職務を続けるつもりだと声明を発した。カムラ・パサード=ビセッサー フレッシュアイペディアより)

  • 海の公園

    海の公園から見たデング熱デング熱

    2014年9月5日 デング熱を発症した女性が園内で蚊に刺されたことが判明し、一部の立ち入りが制限される。海の公園 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田一次

    杉田一次から見たデング熱デング熱

    ガタルカナル作戦では大本営派遣参謀として現地に入り、第2師団の作戦に関与。第8方面軍編成に伴いラバウルへ移動。ガタルカナル維持は不可能と大本営へ意見具申。「消極参謀」と批判を受けるが大本営は撤退を決定。撤退計画を立案(担任の井本熊男作戦主任参謀がデング熱で闘病中だったため)。米軍をしてPERFECT!と感嘆させた完全撤退を実施した。杉田一次 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たデング熱デング熱

    熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので免疫力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。外気温が高いときは、冷房が効いた室内との温度差が大きくなるため、体温調節も難しくなり、体への悪影響もある。それだけではなく夏風邪のウイルスは高温多湿を好むので、その状態が長く続いたときはより多く繁殖する。実際に2010年8月は、夏風邪が例年の2倍程度流行した。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • ニューギニアの戦い

    ニューギニアの戦いから見たデング熱デング熱

    ニューギニアにおける戦いは過酷な自然環境との戦いでもあった。日本兵の死因の多くは直接の戦闘によるものでなく、マラリア、アメーバ赤痢、デング熱、腸チフスなどの熱帯性の感染症と飢餓による栄養失調と餓死であった。戦時中に日本で上映されたニュース映画『日本ニュース』の中ではニューギニアの自然環境を「千古斧鉞(せんこふえつ)を知らざる樹海(第194号)」「瘴癘(しょうれい)の暗黒地帯(第203号)」「悪疫瘴癘(しょうれい)の蛮地(第210号)」と述べている。自然環境との戦いには連合軍も苦しめられ、マラリアを媒介するハマダラカの駆除にDDTが活用された。ジャングルにおける行軍では方向感覚を失った部隊が同じところを回ることが少なくなかった。これは人間が左へ、左へと進む習性を持つためであり、誘導員か方位磁石(日本軍一般兵士には支給されていない)が不可欠であった。また、ワニなどの動物に食べられる者もいた。ニューギニアの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 南洋諸島

    南洋諸島から見たデング熱デング熱

    南洋諸島の風土病としてアメーバ赤痢、デング熱、フランベジアなどがあった。南洋庁では各地に公営の病院(「医院」と称した)を設けて診療に当たらせた。(各医院は南洋庁立の病院を参照)また民間でも、南洋興発が各農場に診療所を開設して従業員の診療を行っていた。公医院の一部の医師は現地人の診察の傍ら積極的に民族学的、疫学的、医学的調査を行っていた。それら研究結果は「南洋群島地方病調査医学論文集」として南洋庁警務課が発行を行っており第一集(1933)から第五集(1939)まである。南洋諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たデングウイルスデング熱

    ウエストナイル熱の病原体である西ナイルウイルスは、フラビウイルス科に属し、その1属である狭義のフラビウイルス属は、デングウイルス(DEN)、日本脳炎ウイルス(JE)、ダニ媒介性脳炎ウイルス(TBE)、黄熱ウイルス(YFV)の4グループに分類され、そのうち、日本脳炎ウイルスのグループを構成するのは西ナイルウイルス(WN)、セントルイス脳炎ウイルス(SLE)、マレーヴァレーウイルス(MVE)、クンジンウイルス(KUN)、そして狭義の日本脳炎ウイルス(JE)の5ウイルスである感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「デング熱」のニューストピックワード