52件中 41 - 50件表示
  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所から見たデング熱デング熱

    その後、増生島での離島勤務となったものの、最初の頃は五島同様に島民の不信感からなかなか打ち解けられなかった。苦悩しながらも五島の助言を受け、精一杯努力する姿勢が認められて、次第に島の人たちに受け入れられていった。島の林業家の娘である藤原恵と結婚し、子供をもうけるも、新婚旅行先の古志木島でデング熱に罹患し、五島を助けて患者を救おうと必死で働き、遂には吐血して倒れる。五島の治療の甲斐もなく、妻とまだ見ぬ子を残したまま息を引き取る。Dr.コトー診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たデング熱デング熱

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞性白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、進行性多巣性白質脳症、水痘、帯状疱疹、手足口病、デング熱、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹 、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス腎出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 山本五十六

    山本五十六から見たデング熱デング熱

    日本の機密保持や護衛にも問題があった。城島高次第十一航空戦隊司令官は4月13日の巡視計画電報に対し「前線に、長官の行動を、長文でこんなに詳しく打つ奴があるもんか」と憤慨していた。小沢第三艦隊長官は、山本機と宇垣機の護衛戦闘機が少ないことを危惧し、黒島亀人先任参謀に護衛機を50機増やす事を宇垣に伝えるよう託した。黒島はデング熱で体調が悪かった宇垣参謀長に伝えなかった。山本五十六 フレッシュアイペディアより)

  • 検疫

    検疫から見たデング熱デング熱

    政令として検疫法施行令第1条に規定があり、具体的には、デング熱、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)、マラリアが指定されている。検疫 フレッシュアイペディアより)

  • マリアナ沖海戦

    マリアナ沖海戦から見たデング熱デング熱

    第一航空艦隊はビアク・ハルマヘラ方面に転進した部隊をヤップやグアムへ戻したものの、転進先での戦闘のほか、搭乗員のマラリアやデング熱感染、頻繁な移動に伴う事故などで戦力は大きく低下していた。マリアナ沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルスの分類

    ウイルスの分類から見たデング熱デング熱

    デング熱ウイルス (Dengue fever virus)ウイルスの分類 フレッシュアイペディアより)

  • ニューギニアの戦い

    ニューギニアの戦いから見たデング熱デング熱

    ニューギニアにおける戦いは過酷な自然環境との戦いでもあった。日本兵の死因の多くは直接の戦闘によるものでなく、マラリア、アメーバ赤痢、デング熱、腸チフスなどの熱帯性の感染症と飢餓による栄養失調と餓死であった。戦時中に日本で上映されたニュース映画『日本ニュース』の中ではニューギニアの自然環境を「千古斧鉞(せんこふえつ)を知らざる樹海(第194号)」「瘴癘(しょうれい)の暗黒地帯(第203号)」「悪疫瘴癘(しょうれい)の蛮地(第210号)」と述べている。自然環境との戦いには連合軍も苦しめられ、マラリアを媒介するハマダラカの駆除にDDTが活用された。ジャングルにおける行軍では方向感覚を失った部隊が同じところを回ることが少なくなかった。これは人間が左へ、左へと進む習性を持つためであり、誘導員か方位磁石(日本軍一般兵士には支給されていない)が不可欠であった。また、ワニなどの動物に食べられる者もいた。ニューギニアの戦い フレッシュアイペディアより)

  • カ

    から見たデング熱デング熱

    メスが人体の血液を吸い取って痒みを生じさせる以外に、伝染病の有力な媒介者ともなる。マラリアなどの原生動物病原体、フィラリアなどの線虫病原体、黄熱病、デング熱、脳炎、ウエストナイル熱、チクングニア熱などのウイルス病原体を媒介する。日本を含む東南アジアでは、主にコガタアカイエカが日本脳炎を媒介する。 フレッシュアイペディアより)

  • ルソン島

    ルソン島から見たデング熱デング熱

    米比戦争によりフィリピン第一共和国(マロロス共和国)は崩壊し、多数の農民兵らがアメリカ軍に殺された。アメリカ陸軍准将J・フランクリン・ベルはニューヨーク・タイムズにこう述べている。「ルソンの現地人の6分の1はこの2年で、デング熱で死ぬか戦争で死んでいる。殺戮による生命の損失だけでも大きかったが、私は誰一人として合法的な戦争の目的のため以外に殺された者はいないと考える。フィリピン人はずるく立ち回り彼ら自身のやり方で戦っているので、他国ならおそらく厳しい基準で見られることを適用する必要がある」ルソン島 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たデング熱デング熱

    冷房などの空調設備の稼動増により電力需要が急増する他、ビールや清涼飲料水、冷菓、氷菓、殺虫剤及び虫刺され用薬などの販売が大きく伸び外出先ではプール、海水浴場、また冷房の効いた屋内施設などの利用者が増えるなど経済活動によい影響(経済効果)がある。しかし電力需要が供給量を超えた場合は停電となり、多大な被害が出ることもある。例えば、1987年7月には東京大停電が起こった。熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので、抵抗力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「デング熱」のニューストピックワード