99件中 51 - 60件表示
  • ラバウル航空隊

    ラバウル航空隊から見たデング熱デング熱

    熱帯風土病に繰り返し罹患することにより現地住民の寿命は短かった。疫病媒介昆虫の蚊殺虫剤DDTが世界に普及する以前の時代、悪性種類のマラリア原虫による重度の熱帯マラリア、強いウイルスの悪性デング熱があり、予防薬キニーネの常用と治療薬アテブリンの備えは必須、傷口は熱帯性潰瘍にかかりやすく、熱帯アメーバ赤痢を予防するため水は飲料用に煮沸が必要であった。気候は地形(山の上側と平地側)によって暮らしやすさが大きく異なり、熱帯の夜の暑さは湿気を含んだ毛布とともに健康を害する元となっていた。搭乗員・基地員の3割は病気にかかり深刻な戦力問題および保健衛生問題となっていた。また降伏後、マラリアの予防薬、治療薬をオーストラリア軍に取り上げられたため、ラバウル将兵にマラリア・デング熱で死ぬものが戦後になって多かったことが知られている。この海域では、南太平洋と北太平洋から貿易風が常に吹き寄せ、上昇気流到達する成層圏高度も高いため、上昇気流によって積乱雲が飛行機の飛び越えられない10,000m以上の高空まで数時間で急激に発達、悪天候となり搭乗員たちの航空作戦遂行をしばしば妨げた。ラバウル航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカ

    スリランカから見たデング熱デング熱

    しかし、5年間の間に貧困率が半分に削減されたとはいえ、1日2ドル未満で暮らす広義の貧困層となると2011年時点でいまだ566万人が該当すると推定されており、これは国民のおよそ25%に相当する。幼児の栄養失調はいまだ問題とされており、5歳以下の子供の29%が体重が不足しているとの報告がなされている。また58%の幼児が6か月から11か月の間、38%の子供が12か月から23か月の間貧血に見舞われる。蚊が媒介するデング熱が現在でも主要な感染症として残りつつも、(NCD、生活習慣病)も体調不良や障害、早逝の85%を占めるほど拡大している。スリランカの平均寿命は77.9歳で、この数値は世界の平均より10%ほど高い。しかし、乳児死亡率は1000人当たり8.5人、妊産婦死亡率は同0.39人であり、この統計はまだ開発途上国の数値である。スリランカ フレッシュアイペディアより)

  • 密着結合

    密着結合から見たデングウイルスデング熱

    大腸菌、デングウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、緑膿菌は感染時にオクルディンの発現を抑制、病原生物の侵入を容易にする。オクルディンは多くの病原微生物のターゲットとなっている。クローディン-1とともにC型肝炎ウイルスの受容体である。培養細胞でオクルディンをノックダウンするとバイセルラータイトジャンクション内のトリセルリンが増加する。これはオクルディンがバイセルラータイトジャンクションからトリセルリンを排除していることを意味する。密着結合 フレッシュアイペディアより)

  • デング出血熱

    デング出血熱から見たデング熱デング熱

    デング出血熱 フレッシュアイペディアより)

  • チクングニア熱

    チクングニア熱から見たデング熱デング熱

    チクングニア熱(チクングニアねつ、Chikungunya fever、CHIKV)は、ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどにより媒介されるウイルス性の伝染病。おなじく蚊媒介性のデング熱やウエストナイル熱と症状が類似している。日本では感染症法に基づく4類感染症および検疫法に基づく検疫感染症に指定されている。チクングニヤ熱、チクングンヤ熱などとも表記される。チクングニア熱 フレッシュアイペディアより)

  • 検疫

    検疫から見たデング熱デング熱

    政令として検疫法施行令第1条に規定があり、具体的には、デング熱、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)、マラリアが指定されている。検疫 フレッシュアイペディアより)

  • バタヴィア

    バタヴィアから見たデング熱デング熱

    17世紀末頃のバタウィアは、優に80年の歴史を刻み落ち着いた町になっていた。城壁を巡らした地区のなかにはいくつもの砲塔を備えた政庁があり、チャイナタウンやたくさんの倉庫も築かれ、街路には小さなテラスハウスが無数に立ち並び、運河や酒場もあった。チャイナタウンがあるのは、当時オランダが日本と中国の間で中継貿易を営み、日本に中国の品物を含めて輸送する役割を担っていたからである。また、気候としては高温多湿の町でもあり、ここへ移住してくるオランダ人はさほど満足していなかった。マラリア、コレラ、デング熱などの熱帯病に倒れることが多かった。。バタヴィア フレッシュアイペディアより)

  • 腸チフス

    腸チフスから見たデング熱デング熱

    鑑別を必要とする疾患は、パラチフス、A型肝炎、マラリア、チクングニア熱、デング熱、つつが虫病である腸チフス フレッシュアイペディアより)

  • 代々木公園

    代々木公園から見たデング熱デング熱

    2014年8月下旬から公園内に生息しているとみられる蚊に刺された人がデング熱にかかっている(2014年9月4日当時、感染者59人)。2014年9月4日、公園内に生息する蚊からウイルスが検知されたため、東京都は同日から公園を立ち入り禁止にした。その後、同年9月18日を最後にウイルスが検出されなくなり、それから約40日を経過した同年10月31日に閉鎖を解除した。代々木公園 フレッシュアイペディアより)

  • ネッタイシマカ

    ネッタイシマカから見たデング熱デング熱

    ネッタイシマカ(熱帯縞蚊、学名:)は、一般にヤブカとも呼ばれるヤブカ属の吸血性のカの1種。吸血する際の唾液で、黄熱・デング熱・ジカ熱などの感染症を媒介する。ネッタイシマカ フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示

「デング熱」のニューストピックワード