99件中 61 - 70件表示
  • ウエストナイル熱

    ウエストナイル熱から見たデングウイルスデング熱

    ウエストナイル熱(ウエストナイルねつ、West Nile fever、西ナイル熱とも)は、ウエストナイルウイルスによる感染症の一種である。感染症法では四類感染症に、家畜伝染病予防法において馬の流行性脳炎として法定伝染病にそれぞれ指定されている。ウエストナイルウイルスは、1937年にウガンダの西ナイル地方で最初に分離された。日本脳炎ウイルス、デングウイルスと同じ、フラビウイルス科フラビウイルス属に属する。ウエストナイル熱 フレッシュアイペディアより)

  • ペルナンブーコ州

    ペルナンブーコ州から見たデング熱デング熱

    2006年にデング熱が発生した。ペルナンブーコ州 フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・サビン

    アルバート・サビンから見たデング熱デング熱

    サビンは1931年にニューヨーク大学で医学士号を取り、1931年から1933年にかけて、ニューヨークのベルビュー・ホスピタル・センターで内科学、病理学、外科学について指導を受けた。1934年にイングランドのリスター予防医学研究所で研究を行い、その後、ロックフェラー医学研究所(現在のロックフェラー大学)に移籍した。この時期に彼は感染症に強い興味を持って研究を行った.1939年にオハイオ州シンシナティのシンシナティ小児科病院医療センターに移籍した。第二次世界大戦中はアメリカ陸軍医療隊の中佐として、デング熱や日本脳炎のワクチンの開発を行った。小児科病院での勤務を続けつつ、1946年にはシンシナティ大学の小児科部部長となった。アルバート・サビン フレッシュアイペディアより)

  • パンデミック

    パンデミックから見たデング熱デング熱

    世界保健機関の が警戒する感染症は、炭疽、鳥インフルエンザ、クリミア・コンゴ出血熱、デング熱、エボラ出血熱、ヘンドラウイルス感染症、肝炎、インフルエンザ、2009年のインフルエンザ(H1N1)、ラッサ熱、マールブルグ熱、髄膜炎症(:en:Meningococcal disease)、ニパウイルス感染症、ペスト、リフトバレー熱、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、天然痘、野兎病、黄熱病の19疾病である。パンデミック フレッシュアイペディアより)

  • 地球防衛家のヒトビト

    地球防衛家のヒトビトから見たデング熱デング熱

    日常よくある情けないエピソードや、話題の政治問題や芸能問題など、幅広い分野を取り上げて笑いを作り出す漫画である。例えば、「靖国問題」や「フセイン問題」、「楽天、東京放送ホールディングス株買収問題」「東日本大震災」「嫌韓デモ」「デング熱」「拉致問題」「エコポイント」「核問題」「SARS問題」「野々村元議員の号泣」「AKB48大活躍」「北京五輪」「中国の期限切れ肉問題」などの話題が取り上げられた。地球防衛家のヒトビト フレッシュアイペディアより)

  • 新宿御苑

    新宿御苑から見たデング熱デング熱

    2014年9月 - 9月4日に代々木公園で採取された蚊からデング熱ウイルスを検出したことから、環境省は、9月7日より臨時閉園を行い、蚊の捕獲調査を実行。その結果、同月19日に園内にデングウイルスを持った蚊を採取した。なお、新宿御苑の利用者からは感染者は出ていない。その後、外周部の施設は10月9日から、御苑全体は10月17日から開園を再開。新宿御苑 フレッシュアイペディアより)

  • 紗綾

    紗綾から見たデング熱デング熱

    2014年9月1日、『王様のブランチ』においてリポーターとして共演していた青木英李と共に、デング熱に感染していたことが発覚した。二人は8月21日にデング熱の感染者が共通して訪れていたという代々木公園において野外ロケを行っていて、この時に蚊に刺されたのが原因とされた。デング熱関連の報道によって話題となり、ブログのアクセス数が二桁増えた。紗綾 フレッシュアイペディアより)

  • 常岡浩介

    常岡浩介から見たデング熱デング熱

    2011年9月17日、パキスタンで取材活動を行っていた最中、首都イスラマバードからクエッタに向けて移動するために立ち寄ったベナジル・ブット国際空港にて、同行の中田考とともにパキスタン秘密警察ISIに拘束される。中田は数時間後に解放されるも常岡は空港ロビーで9月22日まで6日間拘束され続け、強制送還により帰国。拘束していた情報機関職員は日本政府、それも「日本の情報機関」からの依頼による拘束と説明していた。日本外務省は依頼した事実を否定しながら、国際法に違反して日本国民を拘束したはずのパキスタン政府への抗議も行わなかった。地元の英字紙DAWNの報道によると、常岡がパキスタンからアフガニスタンに越境しターリバーンに参加して米軍を攻撃しようとしているという情報提供があったためにISIが拘束したとしている。拘束中に大量の蚊に刺されたためにデング出血熱に罹患する。常岡浩介 フレッシュアイペディアより)

  • バターン死の行進

    バターン死の行進から見たデング熱デング熱

    米兵達は降伏した時点で既に激しく疲弊していた。日本軍に降伏したとき、バターン半島のアメリカ兵の五〇パーセントは戦傷やマラリアのために、医師の手当てを要する体調だった。したがって、短距離を歩くことさえ不可能ではないとしても極めて困難だったが戦火に追われて逃げ回り、極度に衰弱した難民達も行進に加えられた。日米ともにコレヒドールではマラリアやその他にもデング熱や赤痢が蔓延しており、また食料調達の事情などから日本軍の河根良賢少将はタルラック州カパスのオドンネル基地に収容所を建設した。米比軍のバターン半島守備隊の食料は降伏時には尽きており、日本軍も捕虜にまわす食料の余裕は無かった。さらに炎天下で行進が行われたために、約42Kmの道のりで多くの捕虜が倒れた。このときの死亡者の多くはマラリア感染者とも言われる。バターン死の行進 フレッシュアイペディアより)

  • 世界保健デー

    世界保健デーから見たデング熱デング熱

    2014年世界保健デーでは広く知られている媒介者のいくつかが取り上げられた。蚊やヌカカ、虫、マダニ、カタツムリのような媒介者は広範な寄生虫や病原菌を媒介し、それらは多様な疾病の原因となる。例えば蚊はマラリア(毎年世界で約66万人が死亡する原因となっている最も致命的な生物媒介疾病)をはじめとしてデング熱や象皮病、チクングニア熱、日本脳炎、黄熱を媒介する。世界の人口の半数以上がこうした疾病の危険にさらされている。世界保健デー フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「デング熱」のニューストピックワード