99件中 71 - 80件表示
  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所から見たデング熱デング熱

    その後、増生島での離島勤務となったものの、最初の頃は五島同様に島民の不信感からなかなか打ち解けられなかった。苦悩しながらも五島の助言を受け、精一杯努力する姿勢が認められて、次第に島の人たちに受け入れられていった。島の林業家の娘である藤原恵と結婚し、子供をもうけるも、新婚旅行先の古志木島でデング熱に罹患し、五島を助けて患者を救おうと必死で働き、遂には吐血して倒れる。五島の治療の甲斐もなく、妻とまだ見ぬ子を残したまま息を引き取る。Dr.コトー診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 高円寺純情商店街

    高円寺純情商店街から見たデング熱デング熱

    天狗熱(初出:『小説新潮』1986年8月号)高円寺純情商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の歴史

    台湾の歴史から見たデング熱デング熱

    清朝編入後、台湾へは対岸に位置する中国大陸の福建省、広東省から相次いで多くの漢民族が移住し、開発地を拡大していった。そのために、現在の台湾に居住する本省系漢民族の言語文化は、これらの地方のそれと大変似通ったものとなっている。漢民族の大量移住に伴い、台南付近から始まった台湾島の開発のフロンティア前線は約2世紀をかけて徐々に北上し、19世紀に入ると台北付近が本格的に開発されるまでになった。この間、台湾は主に農業と中国大陸との貿易によって発展していったが、清朝の統治力が弱い台湾への移民には気性の荒い海賊や食いはぐれた貧窮民が多く、さらにはマラリア、デング熱などの熱帯病や原住民との葛藤、台風などの水害が激しかったため、台湾では内乱が相次いだ。なお、清朝は台湾に自国民が定住することを抑制するために女性の渡航を禁止したために、台湾には漢民族の女性が少なかった。そのために漢民族と平地に住む原住民との混血が急速に進み、現在の「台湾人」と呼ばれる漢民族のサブグループが形成された。また、原住民の側にも平埔族(へいほぞく)と呼ばれる漢民族に文化的に同化する民族群が生じるようになった。台湾の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 吸血動物

    吸血動物から見たデング熱デング熱

    唾液に血液の凝固を防ぐ物質など吸血を容易にする種種の生理活性物質が含まれていて、これが免疫応答を引き起こすなどしてかゆみの原因になる。熱帯地域のみならず、温帯でもマラリア、日本脳炎、デング熱など多くの熱病の媒介源になっている生物でもある。吸血動物 フレッシュアイペディアより)

  • 風疹

    風疹から見たデング熱デング熱

    麻疹(はしか)、デング熱、突発性発疹、コクサッキー・エコー・アデノウイルス感染、伝染性紅斑、猩紅熱等風疹 フレッシュアイペディアより)

  • 有賀幸作

    有賀幸作から見たデング熱デング熱

    太平洋戦争緒戦では、第四駆逐隊司令として近藤信竹海軍中将指揮する南遣艦隊に所属し、マレー作戦を支援した。12月8日朝、野分に命じてノルウェー船を拿捕する。日本軍のシンガポール占領の後、ジャワ海に進出した。3月1日、有賀指揮下の嵐と野分は商船3隻(4000t、3000t、3000t)、油槽船2隻(1500t)を撃沈し、商船ビントエーハン号(1000t)を拿捕。さらにイギリスの駆逐艦ストロングホールド、アメリカの砲艦アッシュビル を沈めた。3月4日、重巡洋艦愛宕と共同で豪州護衛艦ヤーライ、油槽船1隻を撃沈し、オランダ商船チャーシローアを拿捕した。一連の戦闘を「チラチャップ沖海戦」という。ミッドウェー海戦に参加。ミッドウェー海戦では、大破炎上した航空母艦赤城を指揮下の駆逐艦野分、嵐の魚雷によって沈没処分するという悲劇を味わった。有賀は初めて撃った魚雷が赤城に対するものだったことを嘆き続けた。その後ソロモン方面の諸海戦に参加。10月26日の南太平洋海戦では 被弾した翔鶴から南雲忠一長官を迎え、一時的に中将旗を掲げた。1943年3月1日、重巡洋艦鳥海の艦長となり、南方に進出する。アメリカ軍機から10回近く襲撃されたが、高射砲長との息のあった連携で鳥海は被弾しなかった。1944年4月21日、デング熱に罹患し内地へ帰還。水雷学校(横須賀)教頭を拝命する。しかし実戦畑を歩いてきた有賀にとっては机上の学問を教授しなければならない教頭の職は本意ではなかったらしい。有賀幸作 フレッシュアイペディアより)

  • 蚊帳

    蚊帳から見たデング熱デング熱

    現在、蚊帳は蚊が媒介するマラリア・デング熱・黄熱病、および各種の脳炎に対する、最も安価で効果的な予防・防護策として注目されている。国際連合および世界保健機関(WHO)は、普及を積極的に推進しており、アフリカ諸国や東南アジアなどで、蚊帳を約2.50米ドルから3.50米ドルで配布している。日本も2003年(平成15年)より、ODAやユニセフを通じた支援を実施、3年間で200万張以上の蚊帳を世界各国に配布している。ナイジェリアでは、テレビドラマやコマーシャルを通じたPR活動が行われた。蚊帳 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たデング熱デング熱

    例えば日本南部ではデング熱が流行する危険性が増し、北海道や東北地方ではゴキブリなどの害虫が見られるようになる。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 中毒性表皮壊死症

    中毒性表皮壊死症から見たデング熱デング熱

    そのほか、'''' 感染症、デングウイルス感染症でTENが発生した例も報告されている。画像診断に用いる造影剤や骨髄や臓器の移植もTENの発生に関連があると指摘されている。中毒性表皮壊死症 フレッシュアイペディアより)

  • 希志あいの

    希志あいのから見たデング熱デング熱

    海外ロケ先でデング熱に罹り倒れたことがある。希志あいの フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「デング熱」のニューストピックワード