99件中 81 - 90件表示
  • らんまるぽむぽむタイプα

    らんまるぽむぽむタイプαから見たデング熱デング熱

    1ヶ月間、最低限の軍用品やアウトドアグッズだけを持参し、山に篭りサバイバル生活を試みたが2日目でデング熱にかかりリタイアしたらしい。らんまるぽむぽむタイプα フレッシュアイペディアより)

  • 1779年

    1779年から見たデング熱デング熱

    翌年にかけて、記録されている中で最初のデング熱流行がアジア、アフリカ、北アメリカで起こった。1779年 フレッシュアイペディアより)

  • マリアナ沖海戦

    マリアナ沖海戦から見たデング熱デング熱

    決戦用意の発令前に第一機動艦隊はすでにギマラス泊地への前進を決めていたが、渾作戦も中止となったことで渾作戦参加部隊も機動艦隊と合流するよう指示された。日本艦隊が集結する一方、艦隊に協力すべき基地航空隊は、ビアク救援作戦に振り回されて消耗しており、すでにマリアナ所在の戦力はほぼ壊滅状態になっていた。第一航空艦隊はビアク・ハルマヘラ方面に転進した部隊をヤップやグアムへ戻したものの、転進先での戦闘のほか、搭乗員のマラリアやデング熱感染、頻繁な移動に伴う事故などで戦力は大きく低下していた。なお、ビアク守備隊は孤立しつつも勇戦して抵抗を続け、アメリカ上陸軍がビアク島の諸飛行場を制圧して陸軍航空戦力を展開できるようになったのは本海戦の終了後であった。マリアナ沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルスの分類

    ウイルスの分類から見たデング熱デング熱

    デング熱ウイルス (Dengue fever virus)ウイルスの分類 フレッシュアイペディアより)

  • ディート

    ディートから見たデング熱デング熱

    主な使用目的は皮膚に直接または衣服に塗布し、昆虫やダニによる吸血を防ぐことである。特にダニ(ツツガムシ病やライム病を媒介する)や蚊(日本脳炎、デング熱、ウエストナイル熱、マラリアなどを媒介する)に対する防御手段として高い有効性を示す。比較的安価であることもあり現在は世界中で使用されている。ディート フレッシュアイペディアより)

  • 進ぬ!電波少年

    進ぬ!電波少年から見たデング熱デング熱

    「15少女漂流記」と同じ条件で、15カ国の少女たちが自力での無人島脱出を目指すというものであった。ただし「15少女」とは異なり、スタッフも島で一緒に生活する。日本人では「15少女」にも参加した野崎が再び選ばれ、無人島はカンボジア領の一無人島であることが後に判明した。一方、ヨーロッパ出身の参加者の態度が問題視されていたが、後になって制作局が全く違う内容のテロップを流していたり、やらせを強要していた。また、デング熱に罹患したという告発がなされ、番組ではこれを否定しフライデー騒動事件へと発展した。進ぬ!電波少年 フレッシュアイペディアより)

  • ヒカルド・アローナ

    ヒカルド・アローナから見たデング熱デング熱

    2007年4月8日、PRIDE.34でソクジュと対戦し、1R右アッパーでKO負け。この試合の数日後のインタビューで、アローナは自身が試合前にデング熱に感染していたと告白。それに伴い5月6日にADCCで対戦予定だったホジャー・グレイシーとのスーパーファイトも欠場した。ヒカルド・アローナ フレッシュアイペディアより)

  • 原田要

    原田要から見たデング熱デング熱

    同年10月17日、ガダルカナル島ルンガ泊地の敵輸送船団攻撃に、飛鷹戦闘機隊第三小隊長として出撃。この戦いで、敵F4F戦闘機と対戦、原田は急旋回のGにより失神してしまい、反航戦を余儀なくされ、敵機に白煙を噴かせ撃退するも(のちに日本機26機を撃墜するジョー・フォス少佐機であった。250発以上もの原田機の射弾を受けながら、かろうじて真下にあるヘンダーソン飛行場に滑り込んだ)、自らも左腕に被弾した。重傷を負った原田は、眼下の椰子林に不時着。数日間ジャングルをさまよい歩き、海軍の特殊潜航艇基地にたどり着く。同基地にて懸命の治療を受けるものの傷は悪化し、マラリア、デング熱も併発し、生死の境をさまよった。同年11月5日に舟艇に乗せられ、ガダルカナル島を脱出し、約1週間後にトラック島の第四海軍病院で意識を取り戻した。原田要 フレッシュアイペディアより)

  • ルソン島

    ルソン島から見たデング熱デング熱

    米比戦争によりフィリピン第一共和国(マロロス共和国)は崩壊し、多数の農民兵らがアメリカ軍に殺された。アメリカ陸軍准将J・フランクリン・ベルはニューヨーク・タイムズにこう述べている。「ルソンの現地人の6分の1はこの2年で、デング熱で死ぬか戦争で死んでいる。殺戮による生命の損失だけでも大きかったが、私は誰一人として合法的な戦争の目的のため以外に殺された者はいないと考える。フィリピン人はずるく立ち回り彼ら自身のやり方で戦っているので、他国ならおそらく厳しい基準で見られることを適用する必要がある」ルソン島 フレッシュアイペディアより)

  • 蚊取線香

    蚊取線香から見たデング熱デング熱

    開発国の日本をはじめとして、その他の国々でも生産・輸出されている。アメリカ合衆国ではモスキートコイルとして売られている。家庭の電化が遅れている国や地域でも火種さえあれば使用できるので、蚊をはじめとする羽虫の駆除を要する東南アジアを中心に普及し、蚊帳と共に、蚊が媒介するマラリア・デング熱予防に貢献している。蚊取線香 フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「デング熱」のニューストピックワード