前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示
  • デング熱

    デング熱から見たボルバキア

    蚊の駆除以外の手段として、ネッタイシマカにボルバキアを共生させ、蚊の体内におけるデングウイルスの増殖を抑えることで、感染率を下げる試みが行われている。ボルバキアは節足動物の体内に高頻度で見いだされる共生細菌だが、ネッタイシマカとは共生していない。これを蚊の卵に直接感染させることで共生個体を作りだし、その子孫に十数代に渡って共生状態を受け継がさせることに成功している。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た医学生物学研究所

    新薬開発のために分散コンピューティングを用いるWorld Community Gridでも、テキサス大学医学部が主催のもと2010年からデング熱、C型肝炎、西ナイル熱、および黄熱の新薬開発が行われている他、日本の医学生物学研究所も、阪大などと共同の完全ヒト型抗デングウイルス抗体の臨床試験に向けた研究の実施を発表している。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たサノフィ

    4つの血清型すべてに効くデングワクチンの開発プログラムも進行中である。しかし、ワクチンの使用によって、抗体依存性感染増強(ADE)が起こり、重度の疾患リスクを高める可能性があるという懸念もある。理想的なワクチンとは、安全で、1 - 2回の注射で効果があり、すべての血清型に効き、ADEを引き起こさず、簡単に輸送や保管ができ、手ごろに入手できて費用対効果が高いものである。2009年時点で、数多くのワクチンのテストが実施されていたが、2014年現在においても、複数の製薬会社がデング熱予防ワクチンの臨床試験を含めた研究を進めている。2015年には世界で初めてサノフィのデング熱予防ワクチンがメキシコで認可された。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たT細胞

    感染した細胞はすぐに、インターフェロンやサイトカインを生成するようになる。これらは、自然免疫系を介して、JAK-STAT経路によって媒介されるタンパク質グループの生成を大幅に増加し、ウイルス感染に対する様々な防御機構を働かせ始める。デングウイルスの血清型の中には、この過程を遅らせるメカニズムがみられる。また、インターフェロンは、獲得免疫系を活性化して、ウイルスに対する抗体を生成する他に、ウイルス感染した細胞すべてを直接攻撃するT細胞も生成する。このようにして様々な抗体が生成される。ある抗体は、ウイルスタンパク質と密接に結合し、食細胞が食作用によって取りこみ破壊する。しかし、抗体がウイルスとしっかり結合しないと、食作用によって食細胞に取り込まれたウイルスは破壊されずに複製される。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たはしか

    蚊の吸血活動を通じて、ウイルスが人から人へ移り、高熱に達することで知られる一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た地球温暖化

    主な原因として、急激な都市化や地球温暖化、また国際化による人の往来の増加による感染拡大が関与していると考えられている。対策としては、蚊の駆除の他に、ワクチンの研究やウイルスに直接働きかける薬物治療の研究が進められている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たマラリア

    熱帯または亜熱帯地域に滞在して2週間以内に発熱した場合は、診断を受ける必要がある。デング熱は、チクングニア熱との識別が難しい。チクングニア熱は、デング熱とよく似たウイルス感染症で、共通する症状が数多くあり、同様の地域で発生している。また、マラリア、レプトスピラ症、腸チフス、細菌性髄膜炎などもデング熱と似たような症状をもたらすため、それらの病気を除外するための検査が必要となることも多い。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た黄熱病

    デングウイルス(DENV)は、フラビウイルス科フラビウイルス属のRNAウイルスである。同じ属には、黄熱病ウイルス、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎(St. Louis encephalitis)ウイルス、日本脳炎ウイルス、ダニ媒介性脳炎ウイルス(Tick-borne encephalitis virus)、キャサヌール森林病(Kyasanur forest disease)ウイルス、オムスク出血熱(Omsk hemorrhagic fever)ウイルスがある。これらのほとんどは、節足動物(蚊やマダニ)が媒介しているため、アルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも呼ばれている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たサイトカイン

    感染した細胞はすぐに、インターフェロンやサイトカインを生成するようになる。これらは、自然免疫系を介して、JAK-STAT経路によって媒介されるタンパク質グループの生成を大幅に増加し、ウイルス感染に対する様々な防御機構を働かせ始める。デングウイルスの血清型の中には、この過程を遅らせるメカニズムがみられる。また、インターフェロンは、獲得免疫系を活性化して、ウイルスに対する抗体を生成する他に、ウイルス感染した細胞すべてを直接攻撃するT細胞も生成する。このようにして様々な抗体が生成される。ある抗体は、ウイルスタンパク質と密接に結合し、食細胞が食作用によって取りこみ破壊する。しかし、抗体がウイルスとしっかり結合しないと、食作用によって食細胞に取り込まれたウイルスは破壊されずに複製される。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たアンコール遺跡

    多くのアルボウイルスと同様にデングウイルスは、吸血媒介動物や脊椎動物宿主の周りに自然と集まる。ウイルスは、メスのヤブカ(ネッタイシマカ以外の種)から、その子孫や下等霊長類へと伝播することで、東南アジアやアフリカの森林に留まる。ウイルスがいる農村部では、ネッタイシマカやヒトスジシマカなどその他のヤブカの種によって、ウイルスがヒトへと伝播する。都市部では、家屋に潜むネッタイシマカによって、主にウイルスがヒトへと伝播する。下等霊長類やヒトが感染した場合、伝播するデングウイルスの数は大幅に増加する。これを遺伝子増幅と呼ぶ。ヒトへの感染にとってもっとも大きな脅威となっているのは、都市におけるデングウイルスの寄生と感染のサイクルであり、このため、デング熱感染症は、主に町や都市に限られている。ここ数十年で、流行地域の村、町、都市が拡大し、ヒトの移動が増加したことによって、ウイルスの流行と伝播するウイルスの数が増え続けている。デング熱は、かつて東南アジアに限定されていたが、現在は中国南部、太平洋やアメリカ諸国にまで広まっている。2007年雨季にはアンコール遺跡観光拠点の町シェムリアプなどで主に子供を中心として流行が認められた。2007年10月、台湾(中華民国)南部の台南市において511人の感染が報告された。特に2010年はインドネシアが79例(うち51例がバリ島)で、その他インド、フィリピン、タイでの感染事例が多く報告された。ハワイでは1940年代にネッタイシマカが根絶されてデング熱も60年間発生していなかったが、2001から2002年にかけて流行し、122人の患者が発生した。2014年にはフィジーにおいても発症が広まり1万人以上が感染し11人が死亡した。デング熱 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示

「デング熱」のニューストピックワード