191件中 11 - 20件表示
  • デング熱

    デング熱から見た結核

    ウイルス性疾患は、節足動物によって媒介されるものが最も一般的で、デング熱は、100万人当たり1600障害調整生命年の疾病負荷と推定されており、これは、結核などの他の小児病や熱帯病と同等である。熱帯病のひとつであるデング熱は、マラリアに次ぎ2番目に重要視されていて、世界保健機構は、デング熱を16ある顧みられない病気のひとつとしている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たワクチン

    デングウイルスには、認可されたワクチンがない。予防は、ウイルスを媒介する蚊に刺されないようにして身を守ることである。世界保健機構は、次の5つで構成される総合的媒介動物制御プログラムを奨励している。(1)公衆衛生機関と社会共同体を強化するための提唱、社会的動員や法律の制定 (2)官民挙げて公衆衛生部門と他の部門が連携すること (3)資源を最大限に活用するための疾患制御への統合的な取り組み (4)すべての予防方法が目的に適っていることを確実にするための根拠ある意思決定 (5)現地の状況に対して適切に対応するための能力向上デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たゲノム

    デングウイルスゲノム(全遺伝子情報)は、約11,000のヌクレオチド塩基からなっている。その塩基配列は、ウイルスの粒子状構造に必要な3種のタンパク質分子(C、prM、E)と感染した宿主細胞にのみ発現し、ウイルスの複製に必要となる7種のタンパク質分子(NS1、NS2a、NS2b、NS3、NS4a、NS4b、NS5)をコードしている。また、血清型と呼ばれる4つのウイルス株があり、DENV-1、DENV-2、DENV-3、DENV-4と表記される。これらの4つの血清型はすべて、あらゆる症状を引き起こす原因となる。例えば、ある血清型に感染すると、その血清型に対する終生免疫を獲得するが、他の血清型に対する防御は短期間にとどまる。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た世界保健機関

    2009年、世界保健機関(WHO)はデング熱の分類法を見直し、合併症のないものと重度のものという2種類にした。それは、1997年のWHOの分類があまりにも制約が多かったため、今でも幅広く使用されてはいるものの、単純化する必要があったためである。1997年の分類では、デング熱を原因不明の発熱、デング熱、デング出血熱に分けていた。デング出血熱は、さらにグレードI?IVに細分されていた。グレードIは、発熱が見られて、内出血しやすい状態やターニケット試験で陽性反応が出た場合のみで、グレードIIは、特発性出血が皮膚や他の箇所で起こる場合である。グレードIIIは、臨床的にショックが認められた場合で、グレードIVは、ショックがあまりにも重篤なため、血圧や拍動が計測不可能な場合である。グレードIIIとIVは、「デングショック症候群」とも呼ばれる。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た日本脳炎

    デングウイルス(DENV)は、フラビウイルス科フラビウイルス属のRNAウイルスである。同じ属には、黄熱病ウイルス、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎(St. Louis encephalitis)ウイルス、日本脳炎ウイルス、ダニ媒介性脳炎ウイルス(Tick-borne encephalitis virus)、キャサヌール森林病(Kyasanur forest disease)ウイルス、オムスク出血熱(Omsk hemorrhagic fever)ウイルスがある。これらのほとんどは、節足動物(蚊やマダニ)が媒介しているため、アルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも呼ばれている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た糖尿病

    重度の疾患は、乳幼児により多く見られ、多くの他の感染症とは対照的に、比較的栄養を多く摂っている子供たちの方が、なりやすい。また、男性よりも女性のほうがリスクが高い。糖尿病や気管支喘息など持病がある人がデング熱にかかると、命にかかわることがある。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たてんかん

    引き続き、血流に漏れた水分が再び吸収されることによって症状は回復していく。これは通常2、3日かかる。回復は目覚しいが、激しい痒みが発生したり、徐脈(心拍が遅くなること)がよくある。斑丘疹または血管炎症候群といった別の発疹が現れ、皮膚が剥けてくる場合もある。この段階で、水分過負荷状態になることがあり、これが脳浮腫や意識レベルの低下、てんかんを引き起こす。数週間、疲労感が続く。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た黄熱

    このような臨床検査は、血清学的なものを除き、疾患の急性期に限って診断の役に立つ。デングウイルス特異抗体、免疫グロブリンG(IgG)型及び免疫グロブリンM(IgM)型の検査は、感染の後期において診断を確認するのに役立つ。IgGとIgMは共に、5?7日後に生成される。IgMの最高レベル(力価)は最初の感染後に現れるが、IgMは二度目または三度目の感染でも生成される。またIgMは、最初の感染後30?90日で検出されなくなるが、すぐに再感染が起きた場合は、再び検出される。対照的にIgGは、60年以上もの間検出され、症状がない場合、過去の感染歴を知るのに有用である。血中のIgGは、最初の感染の14?21日後にピークに達する。その後の再感染では、より早い段階でピークに達し、力価は通常さらに高くなる。IgGとIgMは共に、感染したウイルスの血清型に対する防御免疫を提供する。IgGおよびIgM抗体を用いる臨床検査は、黄熱ウイルスなどの他のフラビウイルスと交差反応を起こすため、このような血清学的検査では判断が困難な場合もある。IgG検出のみでは通常診断を下さないが、14日後に血液サンプルを再収集し、特異的IgGのレベルが4倍以上増加した場合はその限りではない。デング熱の症状が見られる場合は、IgM検出で診断は確定する。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たボルバキア

    媒介動物の駆除として、蚊の生態数を減らすために新たな方法が採られ、中にはグッピー(Poecilia reticulata)やカイアシ類を水中に放し、蚊の幼虫を食べさせることで、成功しているのものある。蚊の集団をボルバキア属の細菌に感染させる試みも続けられており、このようにして蚊の数を減らし、デングウイルスに対抗している。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た気管支喘息

    重度の疾患は、乳幼児により多く見られ、多くの他の感染症とは対照的に、比較的栄養を多く摂っている子供たちの方が、なりやすい。また、男性よりも女性のほうがリスクが高い。糖尿病や気管支喘息など持病がある人がデング熱にかかると、命にかかわることがある。デング熱 フレッシュアイペディアより)

191件中 11 - 20件表示

「デング熱」のニューストピックワード