218件中 11 - 20件表示
  • デング熱

    デング熱から見たベンジャミン・ラッシュ

    英語ではデング熱はbreak-bone fever(骨に激しい痛みを伴う発熱)とも呼ばれるが、この用語が初めて使われたのは1789年のことで、医師だったアメリカ合衆国建国の父ベンジャミン・ラッシュ(Benjamin Rush)が、1780年フィラデルフィアで起きた流行を記述した報告書の中で使用した。実際には、その報告書の中で彼は、より正式な用語である「胆汁性寛解型発熱(bilious remitting fever)」の方を多用している。デング熱という用語が一般的に使われるようになったのは、1828年以降のことである。そのほか、過去に使用された用語に「激しい発熱(breakheart fever)」や「ラ・デング(la dengue)」がある。重度の疾患を示す用語には、「感染性血小板減少性紫斑病(infectious thrombocytopenic purpura)」や「フィリピン出血熱」、「タイ出血熱」、「シンガポール出血熱」がある。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たジョン・バートン・クレランド

    1906年になると、デング熱がヤブカによって媒介されることが確認され、1907年には、黄熱病に次いで2番目に早く、ウイルスが原因の疾患であると発表された。その後、ジョン・バートン・クレランド(John Burton Cleland)とジョゼフ・フランクリン・サイラー(Joseph Franklin Siler)によってさらに調査が進められ、デング熱の伝染に関する基本的な理解が確立された。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たワクチン

    デングウイルスには、認可されたワクチンがない。現在可能な予防法は、ウイルスを媒介する蚊に刺されないようにして、身を守ることである。世界保健機構は、以下の5点で構成される『総合的媒介動物制御プログラム』を奨励している。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た世界保健機関

    2009年、世界保健機関(WHO)はデング熱の分類法を見直し、合併症のないものと重度のものという2種類にした。それは、1997年のWHOの分類があまりにも制約が多かったため、今でも幅広く使用されてはいるものの、単純化する必要があったためである。1997年の分類では、デング熱を原因不明の発熱、デング熱、デング出血熱に分けていた。デング出血熱は、さらにグレードI - IVに細分されていた。グレードIは、発熱が見られて、内出血しやすい状態やターニケット試験で陽性反応が出た場合のみで、グレードIIは、特発性出血が皮膚や他の箇所で起こる場合である。グレードIIIは、臨床的にショックが認められた場合で、グレードIVは、ショックがあまりにも重篤なため、血圧や拍動が計測不可能な場合である。グレードIIIとIVは、「デングショック症候群」とも呼ばれる。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た日本脳炎

    デングウイルス(DENV)は、フラビウイルス科フラビウイルス属のRNAウイルスである。同じ属には、黄熱病ウイルス、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎(St. Louis encephalitis)ウイルス、日本脳炎ウイルス、ダニ媒介性脳炎ウイルス(Tick-borne encephalitis virus)、キャサヌール森林病(Kyasanur forest disease)ウイルス、オムスク出血熱(Omsk hemorrhagic fever)ウイルスがある。これらのほとんどは、節足動物(蚊やマダニ)が媒介しているため、アルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも呼ばれている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た糖尿病

    重度の疾患は、乳幼児により多く見られ、多くの他の感染症とは対照的に、比較的栄養を多く摂っている子供たちの方が、なりやすい。また、男性よりも女性のほうがリスクが高い。糖尿病や気管支喘息など持病がある人がデング熱にかかると、命にかかわることがある。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た世界保健機構

    デングウイルスには、認可されたワクチンがない。現在可能な予防法は、ウイルスを媒介する蚊に刺されないようにして、身を守ることである。世界保健機構は、以下の5点で構成される『総合的媒介動物制御プログラム』を奨励している。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た細菌性髄膜炎

    熱帯または亜熱帯地域に滞在して2週間以内に発熱した場合は、診断を受ける必要がある。デング熱は、チクングニア熱との識別が難しい。チクングニア熱は、デング熱とよく似たウイルス感染症で、共通する症状が数多くあり、同様の地域で発生している。また、マラリア、レプトスピラ症、腸チフス、細菌性髄膜炎などもデング熱と似たような症状をもたらすため、それらの病気を除外するための検査が必要となることも多い。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たマダニ

    デングウイルス(DENV)は、フラビウイルス科フラビウイルス属のRNAウイルスである。同じ属には、黄熱病ウイルス、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎(St. Louis encephalitis)ウイルス、日本脳炎ウイルス、ダニ媒介性脳炎ウイルス(Tick-borne encephalitis virus)、キャサヌール森林病(Kyasanur forest disease)ウイルス、オムスク出血熱(Omsk hemorrhagic fever)ウイルスがある。これらのほとんどは、節足動物(蚊やマダニ)が媒介しているため、アルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも呼ばれている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たギラン・バレー症候群

    その他の神経疾患については、横断性脊髄炎やギラン・バレー症候群などがデング熱の合併症として報告されている。心筋炎や急性肝不全は、稀に起こる合併症の一つである。デング熱 フレッシュアイペディアより)

218件中 11 - 20件表示

「デング熱」のニューストピックワード