228件中 41 - 50件表示
  • デンマーク

    デンマークから見た東海大学

    今日のデンマークの文化や政治のあり方に大きな影響を及ぼした教育者、ニコライ・グルントヴィが提唱して普及した教育制度にフォルケホイスコーレがあり、世界のフリースクール運動に大きな影響を及ぼしている。日本の東海大学も、その出発点はこのフォルケホイスコーレをモデルにして発足している。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たエドゥアルド・スエンソン

    日本に訪れた最初のデンマーク人は幕末にフランス海軍へ出向していたエドゥアルド・スエンソンである。彼は1866年から1867年の間、フランス公使レオン・ロッシュに付き従い、ロッシュと徳川慶喜の会見にも陪席した。スエンソンはこのときの様子を『江戸幕末滞在記』に著しており、「外国から見た幕末維新の歴史」を知る貴重な資料になっている。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たイングリッド・アヴ・スヴェーリエ

    1953年(昭和30年)に当時の皇太子明仁親王がイギリスのエリザベス女王の戴冠式出席の帰路にデンマークを訪問。フレゼリク9世とイングリット王妃に謁見。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見た倉敷チボリ公園

    子どもたちには、アンデルセン童話でおなじみのハンス・クリスチャン・アンデルセンの母国としてなじみがある。また、コペンハーゲンの有名な遊園地チボリ公園も、それを模したものが岡山県の倉敷市に倉敷チボリ公園として日本国内にも存在していた(2008年12月31日に閉園)。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たフレゼリク9世 (デンマーク王)

    1953年(昭和30年)に当時の皇太子明仁親王がイギリスのエリザベス女王の戴冠式出席の帰路にデンマークを訪問。フレゼリク9世とイングリット王妃に謁見。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たバラ

    デンマークの企業としては、高級オーディオメーカーバング&オルフセン、知育玩具レゴや陶磁器ロイヤルコペンハーゲン、コンフォートシューズのエコー (靴メーカー)、ミニバラの世界的ナーセリー,ポールセンローズ、製薬のノボノルディスクなどが有名。海運大国としても知られ、世界最大のコンテナ船企業、APモラー・マースクグループの発祥地であり世界本社所在地でもある。また農業輸出国としても有名であり、日本との貿易では日本の輸入の約半分を豚肉が占める。イギリスでは、デニッシュという単語がベーコンの代名詞となった。日本では、デニッシュといえば、デンマーク風のパンを指す。デンマークはEU加盟国であるが、2000年9月の国民投票において、反対53.1%、賛成46.9%でユーロ参加を否決し、現在ユーロには参加していない。しかし、2008年秋から始まった世界的な金融危機の結果、小国通貨のデメリットを大きく受けたために、政府は2010年度中のユーロ導入のための国民投票実施を計画している。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見た北大西洋条約機構

    戦後、北大西洋条約機構(NATO)に加盟し、1973年にはヨーロッパ共同体にも加盟した。しかし後に対NATO関連でNATOと対立(デンマーク化)。とは言え、ノルディックバランスを守り抜き、冷戦期を乗り切った。国内経済、教育水準共に世界トップクラスの先進国の1つであり、EUの一員、国連の非常任理事国も担当している(2010年時点で4期8年)。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たソマリア沖の海賊

    平和維持活動にも積極的に参加しており、KFOR(コソボ治安維持軍)に380人、アフガニスタンのISAF(国際治安支援部隊)に700人、海軍の最新鋭艦アブサロンがソマリア沖の海賊退治のためにジブチを拠点に展開している。イラク戦争にも参戦し、最大500人の兵士が終戦後の復興支援活動にも従事したが、2007年に撤退している。総兵力は少ないのにもかかわらず、国際平和維持活動や対テロ戦争に多くの人員・物資を供給し、また兵士の質の高さから、国際社会からは高い評価を受けている。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見た夫婦別姓

    1980年に、婚姻の際に夫婦同姓と夫婦別姓の選択が可能なように法改正された。デンマーク フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク

    デンマークから見たクリスチャン3世 (デンマーク王)

    1520年のストックホルムの血浴を契機に、1523年にスウェーデンがカルマル同盟を脱し独立、スウェーデンとの300年にわたる抗争が始まった。伯爵戦争(1534年〜1536年)でクリスチャン3世が勝利したことにより、宗教改革が行われデンマークはルーテル派の国となった。クリスチャン4世は1626年にドイツ三十年戦争に介入、敗退したことからデンマークの衰退が始まる。そして、トルステンソン戦争(1643年〜1645年)においてスウェーデンとの戦いで、完全にデンマークは小国へと転落した。17世紀初頭のスウェーデン・ロシア帝国間の大北方戦争においても、スウェーデンに敗れ、敗戦国扱いをされた。大北方戦争に敗れたスウェーデンと共に、デンマークも同様に北欧の没落を体験した。デンマーク フレッシュアイペディアより)

228件中 41 - 50件表示

「デンマーク」のニューストピックワード