前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • ジョージ・オズボーン

    ジョージ・オズボーンから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    ジョージ・オズボーン(George Osborne、1971年5月23日 ‐ )は、イギリスの政治家。保守党所属で2001年からタットン選挙区選出の庶民院(下院)議員。2010年5月11日から2016年7月13日までデーヴィッド・キャメロン内閣の財務大臣を務めた。ジョージ・オズボーン フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ (ローマ教皇)

    フランシスコ (ローマ教皇)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    一方で、フォークランド諸島の領有権を巡ってアルゼンチンとフォークランド紛争を抱えるイギリスは、バチカンの元首にアルゼンチン人が就任したことに警戒感を示し、デーヴィッド・キャメロン首相は「教皇聖下には先ごろの行われたフォークランド諸島の帰属に関する住民投票の結果を尊重するように」と釘をさした。これに関してはアルゼンチン政府は、アルゼンチン人教皇の誕生はフォークランド諸島問題に関してアルゼンチンに有利に働くと認識し、クリスティーナ・キルチネル大統領はそれまでのベルゴリオ枢機卿との対立とは打って変わり、すぐにバチカンを訪問し、バチカンの元首、教皇フランシスコとなったベルゴリオに謁見した。フランシスコ (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • 第40回先進国首脳会議

    第40回先進国首脳会議から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    第40回先進国首脳会議(だい40かいせんしんこくしゅのうかいぎ、通称: G7サミット)は当初第40回主要国首脳会議(だい40かいしゅようこくしゅのうかいぎ、通称: G8サミット、)として2014年6月4?5日にロシア・ソチで開催されることが予定されていた。しかし、2014年クリミア危機やそれに伴うクリミア半島でのロシアの侵攻を受けてロシアのG8への参加停止やG8からの追放について話し合われ、その結果、同年3月24日、イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相はクリミア危機のため会議はロシアでは行わないと発表し、ロシアを除く7カ国で代わりに首脳会議をベルギー・ブリュッセルで開催する旨が決定された。6月4日、G7サミットはブリュッセルで開催された。メディアはこれを第40回先進国首脳会議、あるいはG7サミットと称した。G8からG7へと戻ったのは1997年の第23回以来となる。第40回先進国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • ニュース・オブ・ザ・ワールド

    ニュース・オブ・ザ・ワールドから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    セレブリティに対する盗聴問題が再捜査されることが2011年はじめに決定し、デーヴィッド・キャメロン首相の主任報道官に就任していた元編集長のアンディ・コールソンは2011年1月に辞職した。同年6月には盗聴の対象がセレブリティだけでなく、殺人事件の被害者である少女やアフガニスタン戦争の戦死者の遺族、ロンドン連続テロ事件の被害者の遺族、4月にキャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)と結婚したばかりのケンブリッジ公爵(ウィリアム王子)にまで及び、これらの対象者の携帯電話に不正アクセスして得た情報を基に記事を執筆した疑いが浮上した。ニュース・オブ・ザ・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・ハード

    ダグラス・ハードから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    ハードは1974年2月にミッド・オックスフォードシャー選挙区から当選し、当時の保守党リーダー、エドワード・ヒースの議会担当秘書官となる。ハードは当選後の4月2日に1974年2月の解散栄誉で大英帝国勲章を受章した。1983年の総選挙ではウィットニー選挙区から当選し、1997年に庶民院を引退するまでの23年間、同区の国会議員であった。(2001年以降、ウィットニー選挙区からはデーヴィッド・キャメロンが選出されている。)ダグラス・ハード フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    [[File:Obamas and Camerons on South Portico Balcony 2012.jpg|right|thumb|293px|ホワイトハウス南ポーチのバルコニーから手を振る、イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相とアメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領および[[サマンサ・キャメロン|英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ハモンド

    フィリップ・ハモンドから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    ハモンドは1997年の選挙で庶民院議員となる。2005年デーヴィッド・キャメロンによって影の雇用年金大臣に任命され、2007年の改造では影の財務省主席政務官に就任した。フィリップ・ハモンド フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    24日 - 前日執行のイギリス国民投票の結果を受けて、デーヴィッド・キャメロン首相が保守党党首及び首相を辞職する意思を表明した。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・ジョンソン

    ボリス・ジョンソンから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    その国民投票にて離脱派が勝利したことによって、デーヴィッド・キャメロン首相が首相及び保守党党首を辞任することを発表した際にはポスト・キャメロンに期待されたが、ジョンソンは2016年イギリス保守党党首選挙には名乗りを挙げなかった。その後、保守党党首に選出されたテリーザ・メイが新首相に任命されて、新内閣(テリーザ・メイ内閣)を組閣するに当たり、ジョンソンが外務・英連邦大臣に起用された 。ジョンソンの外務・英連邦大臣就任を記者会見中に知らされたアメリカのマーク・トナー国務省報道官は失笑した。初の対外公務となったフランス大使館でのレセプションでは招待客からブーイングで迎えられ、さらにフランスのジャン=マルク・エロー外相からは「嘘つき」だと名指しで批判された。ボリス・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年コピアポ鉱山落盤事故への反応

    2010年コピアポ鉱山落盤事故への反応から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    チリ大統領セバスティアン・ピニェラと夫人のセシリア・モレールは救出に立ち会い、鉱山から助け出された作業員一人一人に声をかけた。ボリビア大統領エボ・モラレスもその場に駆けつけたが、ボリビア人作業員カルロス・ママニの救出には間に合わなかった。救出後に行われたピニェラのヨーロッパ訪問の際には、救出成功の知らせを聞いた女王エリザベス2世に招待され、ピニェラは女王に謁見する機会を得ることになった。ピニェラは鉱山の岩を女王とキャメロン首相に贈った。2010年コピアポ鉱山落盤事故への反応 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード