前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 英米関係

    英米関係から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    [[File:Obamas and Camerons on South Portico Balcony 2012.jpg|right|thumb|293px|ホワイトハウス南ポーチのバルコニーから手を振る、イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相とアメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領および[[サマンサ・キャメロン|英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • 保守党 (イギリス)

    保守党 (イギリス)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    2010年の総選挙では、一時は自由民主党が世論調査でトップに躍り出たが、終盤になって保守党は優位を固めた。選挙の結果、保守党は13年ぶりに第1党を奪回したが、単独過半数には届かなかった。このため、議会は単独過半数を制する第一党が存在しない「ハング・パーラメント」と呼ばれる状態となり、自由民主党との連立政権樹立で合意。デーヴィッド・キャメロン政権が発足した。保守党 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • ニュース・オブ・ザ・ワールド

    ニュース・オブ・ザ・ワールドから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    セレブリティに対する盗聴問題が再捜査されることが2011年はじめに決定し、デーヴィッド・キャメロン首相の主任報道官に就任していた元編集長のアンディ・コールソンは2011年1月に辞職した。同年6月には盗聴の対象がセレブリティだけでなく、殺人事件の被害者である少女やアフガニスタン戦争の戦死者の遺族、ロンドン連続テロ事件の被害者の遺族、ウィリアム王子にまで及び、これらの対象者の携帯電話に不正アクセスして得た情報を基に記事を執筆した疑いが浮上した。殺人事件の被害者の場合は、家族から被害者の携帯電話に送られた新たなメッセージを盗聴するために古いメッセージを消去するなど極めて悪質な行為を行っていた。この行為は、被害者の家族に、誘拐された被害者がまだどこかで生きていて時々電話のメッセージを聞いているのだと期待させる残酷なものとなったため、特に非難されている。著名人が標的だったときにはまだ盗聴に比較的寛容だった世論も、盗聴の手が一般人、それも悲劇に見舞われた人にまで伸びていたことが判明した時期からは批判一色となり、広告主が広告を引き上げ始めた。ニュース・オブ・ザ・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領の利き手

    アメリカ合衆国大統領の利き手から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    しかし、アメリカにおける傾向は他国では見られていない。イギリスでは戦後、左利きの首相はジェームズ・キャラハンとデーヴィッド・キャメロンの二人しかいない。ウィンストン・チャーチルが左利きであるとされることがあるが、実際にはそうではない。またカナダでは、少なくとも1980年以降、左利きの首相はいない。日本の最近の首相では、野田佳彦や菅直人は箸やフォークを右手で持っており、右利きと思われる。アメリカ合衆国大統領の利き手 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの副首相

    イギリスの副首相から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    第二次世界大戦後のイギリスでは再び単独政権の時代が長く続き、副首相の任命が行われないことも少なくなかったが、2010年に行われた総選挙では、どの政党も単独では下院の過半数の議席を獲得できない「ハング・パーラメント」と呼ばれる状態となった。その結果、保守党と自由民主党の2党によって戦後初となる連立政権が発足し、保守党党首デーヴィッド・キャメロンが首相を務める内閣に、連立のパートナーとなった自由民主党の党首ニック・クレッグが副首相として入閣した。イギリスの副首相 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)

    ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    またイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンは子孫にあたる。ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵) フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス・フィッツクラレンス

    エリザベス・フィッツクラレンスから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    またイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンは子孫にあたる。エリザベス・フィッツクラレンス フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ヘイ

    アグネス・ヘイから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    アグネス・セシル・エメリン・ダフ(1852 ? 1925) - 外科医のアルフレッド・クーパーと結婚。娘ステファニーの曾孫にイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンがいる。アグネス・ヘイ フレッシュアイペディアより)

  • 多文化主義

    多文化主義から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    保守党の政権下(1979年から1997年の間)では、多文化主義的な発言は左派陣営の中でのみ主張されるに留まっていた。しかし、1997年以降の労働党政権の発足以降、政府の政策や発言は多文化主義の影響を受けている。現政策の先駆けとなったものとしては、1965年の制定以降修正案が加え続けられている「人種関係法」や同様に1948年に制定された「イギリス国籍法」などが挙げられる。近年はアラブ系移民の増加によって西欧的価値観とイスラム的価値観の摩擦が問題化している。2011年2月にデーヴィッド・キャメロン首相は「国としての多文化主義は失敗した」と公式に発言した。多文化主義政策に否定的な態度を取る最近の批評家としては、ウガンダ生まれのヨーク大主教ジョン・センタムやパキスタン生まれのロチェスター教区主教マイケル・ナジラリなどが挙げられる。多文化主義 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技

    ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    柔道競技6日目の8月2日には、柔道愛好家として知られるロシア大統領のウラジーミル・プーチンが地元イギリスの首相であるデーヴィッド・キャメロンとともに会場のエクセル展覧会センターを訪れて、決勝の模様を観戦した。両首脳は男子100kg級でロシアのタギル・ハイブラエフが優勝、女子78kg級でイギリスのジェマ・ギボンズが準優勝する場面を目撃することになった。ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード