127件中 11 - 20件表示
  • 2016年のイギリス

    2016年のイギリスから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    5月26日-27日 - 日本三重県志摩市賢島で第42回先進国首脳会議。前回に引き続きロシアを除くG7の枠組みとするかは未定。イギリスからはデーヴィッド・キャメロン首相が出席予定。2016年のイギリス フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    中国の1-9月の輸入が前年比15%も減少していることから、一部では中国経済がマイナス成長に陥っている可能性を指摘する声があり、10月22日に欧州中央銀行は「中国や新興諸国の経済鈍化で海外需要が減少し、回復が損なわれた」として12月の金融緩和を示唆。10月23日には中国人民銀行も金融緩和に踏み切った。その一方で10月21日にはイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンと中国国家主席の習近平が会談し、イギリスの原子力発電への投資やロンドン市場での人民元建て中国国債の発行など7兆円規模の商談が成立するといった中国との経済関係を強化する動きもあり、英王立防衛安全保障研究所のエドワード・シュワークは「(イギリス政府は経済関係を重視しており)人権問題の優先順位は低い」と指摘した。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のイギリス

    2015年のイギリスから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    5月7日 - イギリス総選挙。英国議会下院650議席の改選。デーヴィッド・キャメロン首相率いる保守党が24議席増の331議席を得て勝利、過半数を確保。野党第1党労働党は26議席減の232議席。スコットランド国民党は50議席増の56議席を得て大躍進。自由民主党は49議席減の8議席となり惨敗。2015年のイギリス フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・コービン

    ジェレミー・コービンから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    自他共に認めるTraditionalists(トラディショナリスト、伝統主義者。トニー・ブレアやゴードン・ブラウンら「第三の道」路線の「ニューレイバー」に対して「オールドレイバー」とも称される)かつ民主社会主義者であり、公共事業や鉄道の再国有化、炭鉱再開、企業の税金逃れ取り締まり強化、大学の学費負担をなくして学生補助金を再開させること、非核化とトライデント核兵器プログラムの中止、インフラ及び再生可能エネルギープロジェクトへの資金を供出する 人々のための量的金融緩和政策、デーヴィッド・キャメロン政権が2010年以降行ってきた公共部門と福祉への予算カットを元に戻すことなどを政策として訴えている。ジェレミー・コービン フレッシュアイペディアより)

  • 日露戦争

    日露戦争から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    是清は4月にイギリスで、額面100ポンドに対して発行価格を93.5ポンドまで値下げし、日本の関税収入を抵当とする好条件で、イギリスの銀行家たちと1ヶ月以上交渉の末、ようやくロンドンでの500万ポンドの外債発行の成算を得た。イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相の高祖父は、当時の香港上海銀行ロンドン支店長であり、高橋が戦費調達のため、イギリスを訪れた際には、この支店長から助力を得たというエピソードがある。またロンドンに滞在中であり、帝政ロシアを敵視するドイツ系のアメリカユダヤ人銀行家ジェイコブ・シフの知遇を得、ニューヨークの金融街として残額500万ポンドの外債引き受けおよび追加融資を獲得した。日露戦争 フレッシュアイペディアより)

  • パナマ文書

    パナマ文書から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    例えば、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の本人の名前はないものの、3人の友人の名前は文書にある。また、中国の習近平共産党総書記の義兄、同李鵬元首相の娘、デーヴィッド・キャメロン首相の亡父、マレーシアのナジブ・ラザク首相の息子、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領の子供達、カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領の孫、パキスタンのナワーズ・シャリーフ首相の子供達、南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領の甥、モロッコのムハンマド6世国王の秘書、メキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領の財政的支援者(「大好きな契約者」)、韓国の盧泰愚元大統領の息子、コフィー・アナン元国連事務総長の息子などの政治家の親族や友人の名前を挙げられる。パナマ文書 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    これに伴い現(2016年6月下旬)英国首相であるデーヴィッド・キャメロンの辞任が表明された。その後任として、EU残留派ではあったものの残留派のキャンペーンには消極的であったテリーザ・メイが英国首相に就任し、メイ内閣(保守党)の閣僚の中でも外務大臣にEU脱退派の代表格の一人であったボリス・ジョンソン前ロンドン市長が任命された。また、EU離脱担当大臣(初代:デイヴィッド・マイケル・デイヴィス)の閣僚ポストが新設され、行政機関としてEU離脱省が新設された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 保守党 (イギリス)

    保守党 (イギリス)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    2010年の総選挙では、一時は自由民主党が世論調査でトップに躍り出たが、終盤になって保守党は優位を固めた。選挙の結果、保守党は13年ぶりに第1党を奪回したが、単独過半数には届かなかった。このため、議会は単独過半数を制する第一党が存在しない「ハング・パーラメント」と呼ばれる状態となり、自由民主党との連立政権樹立で合意。デーヴィッド・キャメロン政権が発足した。保守党 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年

    2016年から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    前日執行のイギリス国民投票の結果を受けて、デーヴィッド・キャメロン首相が保守党党首及び首相を辞職する意思を表明した。2016年 フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ヘイ

    アグネス・ヘイから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    アグネス・セシル・エメリン・ダフ(1852年 ? 1925年) - 外科医のアルフレッド・クーパーと結婚。娘ステファニーの曾孫にイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンがいる。アグネス・ヘイ フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード