127件中 61 - 70件表示
  • 2016年イギリス保守党党首選挙

    2016年イギリス保守党党首選挙から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    英国首相であるデーヴィッド・キャメロンがイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票の結果をうけて辞任を表明した。第2次キャメロン内閣退陣決定に伴い後継の保守党党首を決めるための選挙が行われることになり、6月30日までに5人の候補者が出馬表明を行った。2016年イギリス保守党党首選挙 フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・サッチャー

    マーガレット・サッチャーから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    サッチャーの死去が報道されると、イギリス国内からはキャメロン首相や労働党のブレア元首相から、また国外からアメリカのオバマ大統領、ドイツのメルケル首相、日本の安倍晋三首相といった現職の指導者らが相次いで深い追悼の意を表明した。とりわけ首相在任中に「鉄の女」の異名をとったことから、メルケル首相のほかオーストラリアのギラード首相、韓国の朴槿恵大統領など各国の女性指導者がサッチャーの業績を讃えるコメントを出している。ほかに彼女と同時代の指導者である旧ソ連のゴルバチョフ元大統領、日本の中曽根康弘元首相などからも深い追悼の意が寄せられた。また中国外務省も、定例記者会見で「香港返還に大きな役割を果たした。」と哀悼の意を示した。しかしサッチャー政権期の1982年にフォークランド紛争をイギリスと戦い敗北したアルゼンチンのキルチネル大統領は、サッチャー死去に関して沈黙している。なおフォークランド諸島の住民はサッチャーの死去を深く悲しんでいる。マーガレット・サッチャー フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ブリュッセル爆発

    2016年ブリュッセル爆発から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    イギリスは2016年6月にEUからの離脱の是非を問う国民投票を行うことが決まっていた。今回のテロはイギリス有権者の心理に疑いという種を播くことになる。イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相らEU残留派は、EUはイギリスをより安全にすると主張している。2016年ブリュッセル爆発 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年欧州議会議員選挙

    2014年欧州議会議員選挙から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    ユンケルの指名にはイギリスなどが強く反対し、初めて採決によって指名が決められた。イギリスのキャメロン首相とハンガリーのオルバーン首相が反対票を投じたが、26対2でユンケルが指名された。2014年欧州議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合からのイギリス脱退

    欧州連合からのイギリス脱退から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    2012年、イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相は、イギリスのEU加盟問題に関する国民投票を求める声を拒否したが、公共の支援を判断する将来の国民投票の可能性を示唆した。BBCによると、欧州連合からのイギリス脱退 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ侵攻 (2014年)

    ガザ侵攻 (2014年)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    同日午前8時30分、3人はヨルダン川西岸地区で遺体で発見されていたと報じられた。ネタニヤフ首相は報復を宣言した。また『ハアレツ』によると、この時までにヨルダン川西岸地区でパレスチナ人422人を逮捕していた。3人は誘拐直後に殺害されたとみられるという。バチカン、オバマ米大統領、キャメロン英首相らは、相次いで3少年の殺害に非難声明を出した。ガザ侵攻 (2014年) フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ダンカン・スミス

    イアン・ダンカン・スミスから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    イアン・ダンカン・スミスは第2次キャメロン内閣では最も経験のある保守党政治家の一人であり、イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票におけるEU離脱派の急先鋒の一人であった。デーヴィッド・キャメロン首相とジョージ・オズボーン財務大臣が「EU離脱は闇への跳躍であり経済へ大きなショックである」と脅していることに対し、イアン・ダンカン・スミスは何故そのようなお粗末な意見をもたねばならないのかと疑問を呈した。イアン・ダンカン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • トレーシー・エリザベス・アンネ・クラウチ

    トレーシー・エリザベス・アンネ・クラウチから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    2015年の庶民院総選挙に再選を期して出馬し、21,614票(50.2%)を獲得して2度目の当選を果たした。この総選挙の後、デーヴィッド・キャメロン(連合王国内閣総理大臣兼第一大蔵卿)が組織した第2次キャメロン内閣に於いて、スポーツ・市民社会担当国務次官(日本では閣外大臣と位置付けられる)に就任、連合王国総理大臣兼第一大蔵卿がキャメロンからテリーザ・メイに交代してからも、クラウチは2018年現在に至るまでスポーツ・市民社会担当国務次官の職を務めている。トレーシー・エリザベス・アンネ・クラウチ フレッシュアイペディアより)

  • ボイコット、投資撤収、制裁

    ボイコット、投資撤収、制裁から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    元イギリス首相のトニー・ブレアとデーヴィッド・キャメロンは、イスラエル系の教育機関に対するアカデミック・ボイコットの呼び掛けを非難している。またアル=クドゥス(エルサレム)大学学長のサリー・ヌサイバも同様に、イスラエルに対するアカデミック・ボイコットを拒否している。ボイコット、投資撤収、制裁 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年香港反政府デモ

    2014年香港反政府デモから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    - デーヴィッド・キャメロン首相は今回のデモに関して「深く憂慮し、(一国二制度に対して)深い義務を感じている」と述べた。さらに「この問題を解決出来るよう願っている」と述べた。英外務省も情勢を懸念しているとし、抗議する権利は守られるべきだと指摘した。2014年香港反政府デモ フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード