127件中 81 - 90件表示
  • ドミニク・ウェスト

    ドミニク・ウェストから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    ヨークシャー州シェフィールド出身。両親はアイルランド・カトリック系。名門パブリック・スクールであるイートン校を卒業後(デーヴィッド・キャメロンと同級生であった)、ダブリン大学のトリニティ・カレッジで学び、またギルドホール音楽演劇学校で演技を学ぶ。ドミニク・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • 労働党 (イギリス)

    労働党 (イギリス)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    一方、対テロ戦争でのアメリカ追随の姿勢には、閣僚の中からも批判の声があがり、支持率が低下。保守党が若手のデーヴィッド・キャメロンを党首に選出して変化をアピールしたことなどから、統一地方選で労働党は敗北し、ついには保守党に支持率で10%もの差をつけられるまでに陥った。このため、2006年9月には2007年秋までにブレアが首相・党首を辞任する意向であると発表された。労働党 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • ブロニスワフ・コモロフスキ

    ブロニスワフ・コモロフスキから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    予備選挙のテレビ討論で、シコルスキが英国の大学(オックスフォード大学でデーヴィッド・キャメロンとは同じ学生クラブの同窓)を出ていて流暢に英語を話せるため、これからの国際政治では有利であると、自らの実務能力に関して視聴者に訴えたのを受け、コモロフスキは「あなたが英国の大学にいる間、私は(反体制運動をして逮捕され)刑務所にいましたよ。」と話し、自分はポーランドの体制転換の立役者の一人でこれまでつねに中心的活動をしていたのであるから、国家の顔役として国民を代表するポーランド大統領によりふさわしい資質があるとアピールした。ポーランド共和国憲法の規定でポーランドは議院内閣制を採っており、大統領は儀礼的な職務で、行政における実務の決定権の大半は首相(内閣)にある。ブロニスワフ・コモロフスキ フレッシュアイペディアより)

  • テリーザ・メイ

    テリーザ・メイから見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    EU離脱の是非を問う国民投票で離脱派が勝利したことを受け、デーヴィッド・キャメロンが首相辞任を表明し、後継者選びのための保守党党首選挙が行われることになった。メイは立候補の意向を示し、保守党党首に選出された場合には「保守党と英国のまとまりを強化する」と意気込みを語った。自らは残留に投票したEU離脱問題については、国民投票の結果を受けてEU離脱を遂行させると言明した。EU離脱交渉では、人の移動の自由の制限とサービス・財の貿易の両方を可能な限り要求していく考えを示している。欧州連合条約(Treaty on European Union)第50条については、英国の交渉方針が合意に至るまでは行使せず、2016年度内の行使はないとみられている。テリーザ・メイ フレッシュアイペディアより)

  • 緑の保守主義

    緑の保守主義から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンが率いる保守党は、業務用車両の駐車スペースへの課税、空港の増大への歯止め、燃費の良くない四輪駆動車への課税、そして、自動車の広告に対する制限、などの提案を含む緑のアジェンダを包含している。これらの施策は、気候変動への対策を助言するためにキャメロンによって立ち上げられた「『生活の質』政策グループ」(The Quality of Life Policy Group)によって提案された。緑の保守主義 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルズボロの悲劇

    ヒルズボロの悲劇から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    同日、デーヴィッド・キャメロン首相は「犠牲者は警察の不手際によってイギリスのスポーツ史上最悪の惨事に巻き込まれただけでなく、死後も警察やメディアから虚偽の疑いを掛けられるという二重の不正に苦しめられた」として謝罪した。さらにキャメロンは法務長官に対し、新たな審理を命じる高等法院に再審を申請すべきか決定するため、早急に報告書を精査するように命じた。報告書の公表を受け、労働党党首のエド・ミリバンド、フットボール・アソシエーション会長の、シェフィールド・ウェンズデイ、署長のデヴィッド・クロンプトン、『ザ・サン』の元編集者のと編集者のが謝罪をした。ヒルズボロの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • 多文化主義

    多文化主義から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    保守党の政権下(1979年から1997年の間)では、多文化主義的な発言は左派陣営の中でのみ主張されるに留まっていた。しかし、1997年以降の労働党政権の発足以降、政府の政策や発言は多文化主義の影響を受けている。現政策の先駆けとなったものとしては、1965年の制定以降修正案が加え続けられている「人種関係法」や同様に1948年に制定された「イギリス国籍法」などが挙げられる。近年はアラブ系移民の増加によって西欧的価値観とイスラム的価値観の摩擦が問題化している。2011年2月にデーヴィッド・キャメロン首相は「国としての多文化主義は失敗した」と公式に発言した。多文化主義政策に否定的な態度を取る最近の批評家としては、ウガンダ生まれのヨーク大主教ジョン・センタムやパキスタン生まれのロチェスター教区主教マイケル・ナジラリなどが挙げられる。多文化主義 フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

    キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    2012年12月3日、イギリス王室がキャサリンが懐妊したことを発表。この一報にはデーヴィッド・キャメロン首相もTwitterで祝意を寄せた。キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)

    ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    アグネスの息子であるアレグザンダーは、エドワード7世の長女ルイーズと結婚した。またイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンも子孫の一人である(高祖母の一人が同じくアグネスの娘)。ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵) フレッシュアイペディアより)

  • 2014年クリミア危機

    2014年クリミア危機から見たデーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン

    - デーヴィッド・キャメロン首相は住民投票とそれに続くロシアによる編入を非難。G8からのロシア除名も警告した。2014年クリミア危機 フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード