122件中 11 - 20件表示
  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たアンドレア・レッドサム

    国民投票の結果は僅差による「EU残留派(Remain)」の敗北・「EU離脱派(Leave)」の勝利であった。は、翌24日、10月に開かれる保守党党大会で退陣することを明らかにした。しかし党首選挙で決選投票に残ったアンドレア・レッドサムが7月11日に選挙からの撤退を表明し、テリーザ・メイ内務大臣(キャメロン内閣)の当選・次期首相就任が確定したため、予定より早い7月13日に保守党党首および英国首相職を退任した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たウィリアム・ピット (小ピット)

    庶民院議員再選後は影の内閣の教育・技能相を務めていたが、2005年12月の保守党党首選挙に「若手による改革」を唱えて出馬する。当初、キャメロンの当選は有力視されていなかったが、人気歌手だったニール・セダカを彷彿とさせる39歳の若さや爽やかな弁舌が支持を集め、党内の実力者で影の内務大臣だったデイヴィッド・デイヴィスを破り、第26代保守党党首に選出される。ウィリアム・ピット(小ピット)以来の最も議員経験の少ない党首であった。就任後は右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正し、長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得。補欠選挙や地方選挙で快進撃を続け、保守党の党勢回復に成功する。2010年5月の庶民院議員総選挙では、労働党を上回る議席を獲得し、第一党の座を奪還するも過半数は獲得できなかったため、第3極の自由民主党に対し、連立政権の樹立を呼びかける。5月11日、ゴードン・ブラウン首相の退陣を受け、保守・自由民主両党による連立政権の樹立に合意した上で、首相に任命された。首相就任時の年齢は43歳7ヶ月であり、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、連立政権のパートナーである自由民主党のニック・クレッグを副首相及び枢密院議長に起用し、5月12日に戦後初の連立内閣である第1次キャメロン内閣を発足させた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たノーマン・ラモント

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た高橋是清

    キャメロンの先祖には近代英国の金融界で重きをなした人物が多く、父・イアンに至るまで代々投資銀行パンミュア・ゴードンの経営に携わっている。パンミュアの仲買人であったアーサー・レヴィータ、香港上海銀行のロンドン支店長であったユーウェン・キャメロンはいずれも当時の日本銀行副総裁、高橋是清によるロスチャイルド家からの日露戦争の戦費調達にあたり、大きく貢献した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たジェレミー・コービン

    過去には、キャメロンが「租税回避地を使った脱税は許さない」と発言していたことから、言動不一致のキャメロンの人気は急落し、政党支持率も労働党党首ジェレミー・コービンを下回った。イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票を巡る議論でも、「EU残留派」であるキャメロンの求心力が弱まったことで、当時のロンドン市長ボリス・ジョンソン率いる「EU離脱派」の勢いが強まった。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たデイヴィッド・マイケル・デイヴィス

    庶民院議員再選後は影の内閣の教育・技能相を務めていたが、2005年12月の保守党党首選挙に「若手による改革」を唱えて出馬する。当初、キャメロンの当選は有力視されていなかったが、人気歌手だったニール・セダカを彷彿とさせる39歳の若さや爽やかな弁舌が支持を集め、党内の実力者で影の内務大臣だったデイヴィッド・デイヴィスを破り、第26代保守党党首に選出される。ウィリアム・ピット(小ピット)以来の最も議員経験の少ない党首であった。就任後は右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正し、長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得。補欠選挙や地方選挙で快進撃を続け、保守党の党勢回復に成功する。2010年5月の庶民院議員総選挙では、労働党を上回る議席を獲得し、第一党の座を奪還するも過半数は獲得できなかったため、第3極の自由民主党に対し、連立政権の樹立を呼びかける。5月11日、ゴードン・ブラウン首相の退陣を受け、保守・自由民主両党による連立政権の樹立に合意した上で、首相に任命された。首相就任時の年齢は43歳7ヶ月であり、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、連立政権のパートナーである自由民主党のニック・クレッグを副首相及び枢密院議長に起用し、5月12日に戦後初の連立内閣である第1次キャメロン内閣を発足させた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たロバート・ジェンキンソン (第2代リヴァプール伯爵)

    庶民院議員再選後は影の内閣の教育・技能相を務めていたが、2005年12月の保守党党首選挙に「若手による改革」を唱えて出馬する。当初、キャメロンの当選は有力視されていなかったが、人気歌手だったニール・セダカを彷彿とさせる39歳の若さや爽やかな弁舌が支持を集め、党内の実力者で影の内務大臣だったデイヴィッド・デイヴィスを破り、第26代保守党党首に選出される。ウィリアム・ピット(小ピット)以来の最も議員経験の少ない党首であった。就任後は右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正し、長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得。補欠選挙や地方選挙で快進撃を続け、保守党の党勢回復に成功する。2010年5月の庶民院議員総選挙では、労働党を上回る議席を獲得し、第一党の座を奪還するも過半数は獲得できなかったため、第3極の自由民主党に対し、連立政権の樹立を呼びかける。5月11日、ゴードン・ブラウン首相の退陣を受け、保守・自由民主両党による連立政権の樹立に合意した上で、首相に任命された。首相就任時の年齢は43歳7ヶ月であり、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、連立政権のパートナーである自由民主党のニック・クレッグを副首相及び枢密院議長に起用し、5月12日に戦後初の連立内閣である第1次キャメロン内閣を発足させた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たニール・セダカ

    庶民院議員再選後は影の内閣の教育・技能相を務めていたが、2005年12月の保守党党首選挙に「若手による改革」を唱えて出馬する。当初、キャメロンの当選は有力視されていなかったが、人気歌手だったニール・セダカを彷彿とさせる39歳の若さや爽やかな弁舌が支持を集め、党内の実力者で影の内務大臣だったデイヴィッド・デイヴィスを破り、第26代保守党党首に選出される。ウィリアム・ピット(小ピット)以来の最も議員経験の少ない党首であった。就任後は右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正し、長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得。補欠選挙や地方選挙で快進撃を続け、保守党の党勢回復に成功する。2010年5月の庶民院議員総選挙では、労働党を上回る議席を獲得し、第一党の座を奪還するも過半数は獲得できなかったため、第3極の自由民主党に対し、連立政権の樹立を呼びかける。5月11日、ゴードン・ブラウン首相の退陣を受け、保守・自由民主両党による連立政権の樹立に合意した上で、首相に任命された。首相就任時の年齢は43歳7ヶ月であり、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、連立政権のパートナーである自由民主党のニック・クレッグを副首相及び枢密院議長に起用し、5月12日に戦後初の連立内閣である第1次キャメロン内閣を発足させた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たジョージ・W・ブッシュ

    保守党所属の政治家ではあるが、アメリカのジョージ・W・ブッシュと同じ思いやりのある保守主義を掲げており、従来の保守党のサッチャリズムや労働党の第三の道とも距離を置き、自由民主党と協力する「リベラルな保守」を自称し、多文化主義は失敗したとして筋肉質な自由主義を主張している。2007年の金融危機の際、政府による金融機関のコントロールが機能しなかった要因について、1997年に実施された金融機関の監督権限の財務省、イングランド銀行(中央銀行)、金融サービス機構(FSA)への分離を挙げ、財務大臣時代にこれを実行した当時の首相、ゴードン・ブラウンの責任を追及し、FSAを廃止して中央銀行の監督権限を回復させる政策を主張した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た国際連合安全保障理事会

    日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを支持している。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード