41件中 31 - 40件表示
  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た脳性麻痺

    サマンサ夫人とは1996年に結婚し、3人の子供をもうけている。第一子が脳性麻痺および大田原症候群の診断を受けたことを公表していたが、2009年2月に夭折した。自らも幼子を失った経験のあるゴードン・ブラウンも追悼の意を表している。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たイギリス

    デーヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロン(David William Donald Cameron、1966年10月9日 ‐ )は、イギリスの政治家。イギリス首相(第75代)、保守党党首(第26代)、庶民院議員(3期)。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た自由民主党 (イギリス)

    就任後は、右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正した。長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得し、補選や地方選などで勝利を続けて党勢回復に成功した。そして2010年5月の総選挙で第一党の座を奪還した。過半数獲得はならなかったが、第3極の自由民主党との連立政権樹立を模索し、5月11日にはブラウンが退陣を表明、首相に就任した。43歳7ヶ月という年齢での首相就任は、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、直ちに組閣作業を終え、5月12日にはキャメロン内閣が発足した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た世界金融危機 (2007年-)

    保守党の政治家であるが、サッチャリズムとは距離を置いている。金融危機の際、政府による金融機関のコントロールが機能しなかったのは1997年に金融機関の監督権限を財務省、イングランド銀行(中央銀行)、金融サービス機構(FSA)に分離したことが原因だとして、財務大臣時代にこの政策を実行したゴードン・ブラウンの責任を追及し、FSAを廃止して中央銀行の監督権限を回復させる政策を主張した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た兵隊

    警官や兵隊、教師などの一割削減を掲げているが、労働党からはこのことから「ミスター10%」と綽名されている。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た夭折

    サマンサ夫人とは1996年に結婚し、3人の子供をもうけている。第一子が脳性麻痺および大田原症候群の診断を受けたことを公表していたが、2009年2月に夭折した。自らも幼子を失った経験のあるゴードン・ブラウンも追悼の意を表している。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たオックスフォードシャー

    2001年、庶民院議員総選挙にオックスフォードシャーのウィットニー選挙区から出馬し、初当選。2005年5月5日の庶民院議員総選挙で2期目の当選を果たす。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た日本

    日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを支持している。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た財務大臣 (イギリス)

    1966年、ロンドンに生まれる。イートン校を経てオックスフォード大学で、哲学、政治学、経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年、保守党調査部に就職し、サッチャー政権とメージャー政権で政策資料作成のスタッフとして活動した。また、財務大臣だったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。1994年から2001年まではイギリスのメディア大手であるカールトンで働いた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たイートン校

    1966年、ロンドンに生まれる。イートン校を経てオックスフォード大学で、哲学、政治学、経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年、保守党調査部に就職し、サッチャー政権とメージャー政権で政策資料作成のスタッフとして活動した。また、財務大臣だったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。1994年から2001年まではイギリスのメディア大手であるカールトンで働いた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード