122件中 51 - 60件表示
  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た最低賃金

    2016年に公表された国連(UN)のレポートでは、社会保障費削減で若年層、女性、障害者、民族的マイノリティー(社会的少数者)が他と比べて大きく影響を受けていることに懸念が示されていた。その国連のレポートによれば最低賃金時給7.20ポンドでも十分ではないのであり、英国政府はパートタイムワーク(非常勤)や0時間契約を減らすように努めるべきであるという。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た富裕層

    国連の経済的、社会的及び文化的権利委員会(CESCR)は、キャメロン政権の6年にわたる緊縮財政で英国の所得格差(経済的不平等)が上昇していることに懸念を示した。委員会は、bedroom taxやUniversal creditのような逆進性のある政策は人権についての国際法に違反していると述べ、また付加価値税増税と法人税・相続税の減税で貧困層が富裕層よりも税負担が大きくなっている事実にも言及し、英国政府はより社会的に公正な税制にするよう勧告した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た2009年

    家族は妻(サマンサ・シェフィールド夫人)、3子。第一子は脳性麻痺及び大田原症候群に罹患し、2009年2月に夭折した。自らも幼子を失った経験のあるゴードン・ブラウンも追悼の意を表した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た日本銀行

    キャメロンの先祖には近代英国の金融界で重きをなした人物が多く、父・イアンに至るまで代々投資銀行パンミュア・ゴードンの経営に携わっている。パンミュアの仲買人であったアーサー・レヴィータ、香港上海銀行のロンドン支店長であったユーウェン・キャメロンはいずれも当時の日本銀行副総裁、高橋是清によるロスチャイルド家からの日露戦争の戦費調達にあたり、大きく貢献した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たモサック・フォンセカ

    パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ()によって作成された、租税回避行為に関する一連の機密文書、パナマ文書が2016年4月3日に公開され、キャメロンの亡き父親の名前が挙がった。キャメロンとその周辺はパナマのオフショアファンドの所有を否認してきたが、後になって首相就任前に一時保有していたことを認めた。キャメロンは適切な税務処理を行ったとして所得税は支払ったものの、キャピタル・ゲイン税は発生しなかったため、払っていないと釈明した。また、亡父から相続した遺産30万ポンドの中にオフショアのファンドが含まれているか認識していなかったと述べた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た香港上海銀行

    キャメロンの先祖には近代英国の金融界で重きをなした人物が多く、父・イアンに至るまで代々投資銀行パンミュア・ゴードンの経営に携わっている。パンミュアの仲買人であったアーサー・レヴィータ、香港上海銀行のロンドン支店長であったユーウェン・キャメロンはいずれも当時の日本銀行副総裁、高橋是清によるロスチャイルド家からの日露戦争の戦費調達にあたり、大きく貢献した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た欧州連合

    2013年、英国がEUに留まることを国民に説得するために、キャメロンは欧州連合(EU)から譲歩を引き出し、英国のEUにおける新たな地位を確保すると発表した。2015年には保守党の選挙公約として、2017年の終わりまでにEU離脱の是非を問う国民投票を行うことを掲げた。2016年2月20日にEUと新たな合意に至ったのを受けて、同年6月23日に英国のEU離脱の是非を問う国民投票が行われることが決定した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票

    2016年6月23日に執行された『イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票』に於いて、欧州連合離脱支持票が過半数を超えた結果を受けて「明確な結果が出た以上、私が指導者であることは適切でない」として、イギリス首相を辞する意思を表明。後任の党首にテリーザ・メイが選出されたことを受け、7月13日に首相を退任した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た日本

    2012年4月10日には日本を訪問。野田佳彦内閣総理大臣と会談し、日英で防衛装備品の共同開発を進める方向で合意した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た労働党 (イギリス)

    警察官や兵士、教師の人員を10%(1割)削減する方針を掲げており、労働党からは「ミスター10%」と揶揄されている。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

122件中 51 - 60件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード