122件中 61 - 70件表示
  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た保守党 (イギリス)

    デイヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロン(David William Donald Cameron、1966年10月9日 ‐ )は、イギリスの政治家。イギリス首相(第75代)、保守党党首(第26代)、庶民院議員(4期)。デービッド・キャメロン、デイビッド・キャメロンになっている場合もある。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た法律事務所

    パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ()によって作成された、租税回避行為に関する一連の機密文書、パナマ文書が2016年4月3日に公開され、キャメロンの亡き父親の名前が挙がった。キャメロンとその周辺はパナマのオフショアファンドの所有を否認してきたが、後になって首相就任前に一時保有していたことを認めた。キャメロンは適切な税務処理を行ったとして所得税は支払ったものの、キャピタル・ゲイン税は発生しなかったため、払っていないと釈明した。また、亡父から相続した遺産30万ポンドの中にオフショアのファンドが含まれているか認識していなかったと述べた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たサッチャリズム

    保守党所属の政治家ではあるが、アメリカのジョージ・W・ブッシュと同じ思いやりのある保守主義を掲げており、従来の保守党のサッチャリズムや労働党の第三の道とも距離を置き、自由民主党と協力する「リベラルな保守」を自称し、多文化主義は失敗したとして筋肉質な自由主義を主張している。2007年の金融危機の際、政府による金融機関のコントロールが機能しなかった要因について、1997年に実施された金融機関の監督権限の財務省、イングランド銀行(中央銀行)、金融サービス機構(FSA)への分離を挙げ、財務大臣時代にこれを実行した当時の首相、ゴードン・ブラウンの責任を追及し、FSAを廃止して中央銀行の監督権限を回復させる政策を主張した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学)

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ \(オックスフォード大学\) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た2014年スコットランド独立住民投票

    2014年9月18日、スコットランド独立の住民投票が行われたが、英国政府側が自治権拡大を約束したことなどが奏功し結果的に独立は否決された。しかし、一時は賛否が拮抗した状態となり祖国分裂への危機感が高まっていたため、キャメロンは9月15日にスコットランドを訪問し、次のような感情的な演説を行った(スコットランドは保守党の支持者が少なく、労働党やスコットランド国民党支持者が多数)。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た同性愛者

    内閣発足直後の5月29日、財務省首席担当官のデイヴィッド・ローズが交際相手の男性(同性愛者)が所有する住宅を間借りし、賃料4万ポンド(約530万円)以上を議員経費の名目で不正に受け取っていた責任を取り辞任するスキャンダルに見舞われた。6月15日、北アイルランドで1972年に発生した血の日曜日事件について、1998年以来イギリス政府が続けてきた調査(サビール調査)報告書の提出を受け、イギリス政府の非を認め謝罪。10月、財政赤字解消のため第二次世界大戦後最大規模の歳出削減案を発表。実行された場合、公務員49万人が失業し、軍事費の大幅な削減が見込まれる。専門家によれば、この軍事費の削減により今後イラク戦争規模の軍事行動参加は不可能になる見通し。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た機密文書

    パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ()によって作成された、租税回避行為に関する一連の機密文書、パナマ文書が2016年4月3日に公開され、キャメロンの亡き父親の名前が挙がった。キャメロンとその周辺はパナマのオフショアファンドの所有を否認してきたが、後になって首相就任前に一時保有していたことを認めた。キャメロンは適切な税務処理を行ったとして所得税は支払ったものの、キャピタル・ゲイン税は発生しなかったため、払っていないと釈明した。また、亡父から相続した遺産30万ポンドの中にオフショアのファンドが含まれているか認識していなかったと述べた。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た小麦粉

    2013年10月、キャメロンが食パン一斤の価格を知らないことが報道された。イギリスのメディアはしばしば政治家に食品や生活用品の価格を問い、適切な回答ができなければ揚げ足取りのように扱われる場合が多く、食パン価格の報道もその一環である。なおキャメロンは食パンの価格を知らない理由について「出身地の小麦粉を使って自らパンを焼いているため」としている。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た脳性麻痺

    家族は妻(サマンサ・シェフィールド夫人)、3子。第一子は脳性麻痺及び大田原症候群に罹患し、2009年2月に夭折した。自らも幼子を失った経験のあるゴードン・ブラウンも追悼の意を表した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たイギリス

    デイヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロン(David William Donald Cameron、1966年10月9日 ‐ )は、イギリスの政治家。イギリス首相(第75代)、保守党党首(第26代)、庶民院議員(4期)。デービッド・キャメロン、デイビッド・キャメロンになっている場合もある。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード