122件中 81 - 90件表示
  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たパン

    2013年10月、キャメロンが食パン一斤の価格を知らないことが報道された。イギリスのメディアはしばしば政治家に食品や生活用品の価格を問い、適切な回答ができなければ揚げ足取りのように扱われる場合が多く、食パン価格の報道もその一環である。なおキャメロンは食パンの価格を知らない理由について「出身地の小麦粉を使って自らパンを焼いているため」としている。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た財務大臣 (イギリス)

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たスンナ派

    2014年9月13日、イスラム教スンナ派の過激派組織ISILが、英国籍の男性を殺害する映像をインターネット上で公開。自身のTwitterで「悪魔の所業だ。殺害犯を追い詰め、裁判を受けさせるために全力を挙げる」と書き込み、怒りをあらわにした。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見たイートン校

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た経済学

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た多文化主義

    保守党所属の政治家ではあるが、アメリカのジョージ・W・ブッシュと同じ思いやりのある保守主義を掲げており、従来の保守党のサッチャリズムや労働党の第三の道とも距離を置き、自由民主党と協力する「リベラルな保守」を自称し、多文化主義は失敗したとして筋肉質な自由主義を主張している。2007年の金融危機の際、政府による金融機関のコントロールが機能しなかった要因について、1997年に実施された金融機関の監督権限の財務省、イングランド銀行(中央銀行)、金融サービス機構(FSA)への分離を挙げ、財務大臣時代にこれを実行した当時の首相、ゴードン・ブラウンの責任を追及し、FSAを廃止して中央銀行の監督権限を回復させる政策を主張した。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た公務員

    内閣発足直後の5月29日、財務省首席担当官のデイヴィッド・ローズが交際相手の男性(同性愛者)が所有する住宅を間借りし、賃料4万ポンド(約530万円)以上を議員経費の名目で不正に受け取っていた責任を取り辞任するスキャンダルに見舞われた。6月15日、北アイルランドで1972年に発生した血の日曜日事件について、1998年以来イギリス政府が続けてきた調査(サビール調査)報告書の提出を受け、イギリス政府の非を認め謝罪。10月、財政赤字解消のため第二次世界大戦後最大規模の歳出削減案を発表。実行された場合、公務員49万人が失業し、軍事費の大幅な削減が見込まれる。専門家によれば、この軍事費の削減により今後イラク戦争規模の軍事行動参加は不可能になる見通し。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た哲学

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た政権

    ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学) で哲学・政治学・経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーとメージャー両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年の庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • デーヴィッド・キャメロン

    デーヴィッド・キャメロンから見た庶子

    ウィリアム4世の愛妾であったドロシー・ジョーダンの庶子10人のうちの三女エリザベス・フィッツクラレンスの子孫であり、エリザベス2世の遠縁にあたる。また、ロシアのエカチェリーナ2世も遠縁にあたる。デーヴィッド・キャメロン フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「デービッド・キャメロン」のニューストピックワード