148件中 61 - 70件表示
  • 内海桂子

    内海桂子から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    好江の没後は漫才協団会長として東京演芸界を率いる傍ら、最古参の現役ピン芸人として都々逸や漫談、「名鳥名木 何の木に留めた」、「○○尽くし」等の軽口もこなす。笑組、ナイツ、ロケット団ら協会所属の若手の舞台に客演したり、デーブ・スペクターらと余興で漫才をする場合もある。2011年(平成23年)8月には、あした順子とでコンビを組んで『笑点』に出演。内海桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 松江哲明

    松江哲明から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    対談集。対談相手:峯田和伸、カンパニー松尾、武富健治、山下敦弘、花くまゆうさく、マッスル坂井、大槻ケンヂ、デーブ・スペクター松江哲明 フレッシュアイペディアより)

  • 雛壇芸人

    雛壇芸人から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    しかし2008年のリーマン・ショックがきっかけでテレビ局の広告収入が減り、制作費が削減された結果、大勢のスタッフを引き連れたロケや、コントをやるための衣装やセットを作ることが難しくなり、スタジオでのトークのみのひな壇芸人のための番組が主流になっている。ただしタレントのデーブ・スペクターは「ひな壇芸人の中で実力のあるタレントはごくわずか。8割以上は実力もなく、ひな壇に座っている」と批評している。雛壇芸人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本以外全部沈没

    日本以外全部沈没から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    デーブ・スペクター(日本語学校「デーブ・スペクター日本語学院」校長) - デーブ・スペクター日本以外全部沈没 フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    アメリカ人プロデューサーであるデーブ・スペクターは、日本のテレビドラマについて「(今のドラマは)演技も良くないし、物語に工夫がない」とし、その理由として「力のある芸能プロダクションが売り込む俳優・女優・タレントを使わざるを得ない業界構造がある」と述べた。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 江南スタイル

    江南スタイルから見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    同曲が世界的大ヒットになった要因について、関西大学の三浦文夫教授が「彼の楽曲はよくできています。まずヒップホップ系の16ビートで、乗りやすい。ん・たあ・ん・たあ、というように2拍目と4拍目を強調する『後ノリ的感覚』もある。自然と体が動くようになっています。しかもサウンド的には、アメリカの最先端の音作りとほとんど同じです。それに加えて、ツイッターなどで拡散しやすい要素がある。小太りで、セレブな遊び人。それがお馬鹿をやっている。そして、なんだかんだ言っても、インパクトの強いのはあの踊り(引用者注:乗馬ダンス)。『見た?』となりますよ」と指摘していた。また、タレントのデーブ・スペクターは「アメリカのテレビ局は、ユーチューブで何百万回も再生された話題の人を呼ぶ。彼が日本を後回しにしてアメリカに行った、というより、先に飛びついたのがアメリカなんです。」「ビルボードで上位にランキングされ続けているのは、ラジオの影響も大きい。アメリカではテレビよりもラジオからヒット曲が生まれる。」「エルビス・プレスリーの時代から、アメリカで歌が評価される要素の一つに、ノリがいいか、踊れるかどうかもある。それを『江南スタイル』は十分に満たしている」と三浦は指摘していた。江南スタイル フレッシュアイペディアより)

  • 離婚弁護士

    離婚弁護士から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    「ザ・ワイドII」司会者 - デーブ・スペクター離婚弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のユダヤ人

    日本のユダヤ人から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    デーブ・スペクター David(Dave) Spector日本のユダヤ人 フレッシュアイペディアより)

  • チビ太

    チビ太から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    デーブ・スペクターは日本人の友人の影響で週刊少年サンデーを愛読していた。その中で、『おそ松くん』に出てくるチビ太がいつも手にしているおでんを見て、それが食べ物であると知るまで「何らかの武器に違いない」と信じ込んでいた、と語っている。チビ太 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能人生活保護不正受給問題

    芸能人生活保護不正受給問題から見たデーブ・スペクターデーブ・スペクター

    放送プロデューサーのデーブ・スペクターは、「“認識が甘かった”では通用しない。モラルが低下している。仕事が不安と言っても、河本さんのように売れて数年が経ち、大手事務所に所属している場合は通用しない。いつリストラされるか分からないサラリーマンの方が不安だ」と厳しく批判し、梶原のケースについても、「マンションのローンを払う以前にすべきことがあったのではないか」と批判した。ただし河本に関しては、「蓋を開けてみたらグレーゾーンだった。収入を誤魔化して受給していた張本人でもないし、親族と別居している振りをしていたわけでもない。もっと早くにお母さんに生活保護の打ち切りをさせ、“母親の面倒は自分で見るんだ”というプライドと、グレーなことをしてはいけないというモラルを早くに自覚すべきだった」とし、「河本さんや梶原さんだけが槍玉に挙がってしまったのは気の毒だが、それは影響力の大きい有名人だから仕方がない」「この報道で、生活保護制度の問題点が明らかになった。今後、政府が改善しなくてはならないことを、世間に知らせた功績はあった」と結んだ。芸能人生活保護不正受給問題 フレッシュアイペディアより)

148件中 61 - 70件表示

「デーブ・スペクター」のニューストピックワード