前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たテレビ朝日

    1990年代以降のタレント活動はワイドショーのコメンテーターとしての出演が多い。どのニュースにもコメントを行うが、アメリカなど海外の芸能ニュースを得意とし、フジテレビ系『とくダネ!』やテレビ朝日『ワイド!スクランブル』では海外エンタメニュースを担当。肩書きは「テレビプロデューサー」としている。コメンテーター以外の仕事としてはWOWOWでは『デーブ&麻里の海外ドラマNAVI』で毎週土曜日、レギュラー司会を務めている。さらに2010年春からは『J-MELO』(NHKワールドTV)にスペシャル・コメンテーターとして定期的に出演している。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見た加山雄三加山 雄三

    まだテレビの録画技術も発展していない当時、アメリカ在住の日本人駐在員や日系アメリカ人に見せるために全米巡回で観賞会が開かれていた紅白歌合戦の放映会がシカゴに回って来た際には一緒に観賞していたという。印象に残った曲である「君といつまでも」(加山雄三)、「花と蝶」(森進一)に至っては歌詞を覚えて物真似までしていた。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たマイケル・ジャクソン

    アメリカABCテレビ番組プロデューサーとしての実績が功を奏し、スペクター・コミュニケーションズによる海外番組の買い付けビジネスに着手。マイケル・ジャクソンが亡くなった時は、いち早く各局に映像を提供し、現地報道陣より先に最新情報を手に入れていたとして、どこの番組がデーブを確保できるのか、しのぎを削りあっていた。各局の中にはデーブのアイデアと情報を求めて昼夜問わず連絡を入れるメディア人間が数多く、一日の睡眠時間が3?4時間は定説。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たWOWOW

    1990年代以降のタレント活動はワイドショーのコメンテーターとしての出演が多い。どのニュースにもコメントを行うが、アメリカなど海外の芸能ニュースを得意とし、フジテレビ系『とくダネ!』やテレビ朝日『ワイド!スクランブル』では海外エンタメニュースを担当。肩書きは「テレビプロデューサー」としている。コメンテーター以外の仕事としてはWOWOWでは『デーブ&麻里の海外ドラマNAVI』で毎週土曜日、レギュラー司会を務めている。さらに2010年春からは『J-MELO』(NHKワールドTV)にスペシャル・コメンテーターとして定期的に出演している。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たテレビ東京

    フジテレビ系『笑っていいとも!』で「デーブ・雄三・スペクター」名でデビュー。テレビ東京系列の『おもしろプレヌーン』で日本のテレビに初出演。巧みな話術に注目が集まり、徐々にテレビパーソナリティとしての活動に軸足を置くようになり、ドラマやCMなどにも活動の場を広げる。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見た小倉優子

    サントリー「BOSS」 - トミー・リー・ジョーンズ、小倉優子と共演デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見た本木雅弘

    JRA「スプリンターズステークス」(1996年)本木雅弘と共演デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たSHELLY

    キリンビバレッジ「FIRE neo」(2012年) - 岡田准一、バナナマン、ナイツ、SHELLY、ケーシー高峰、セルジオ越後らと共演デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見た岡田准一

    キリンビバレッジ「FIRE neo」(2012年) - 岡田准一、バナナマン、ナイツ、SHELLY、ケーシー高峰、セルジオ越後らと共演デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見た永六輔

    坂本九の葬儀を知ったデーブが、葬儀委員長を務めていた永六輔に、良い詩があるからと『Do not stand at my grave and weep』を翻訳して送り、朗読してほしいと頼み、永はその詩を葬式で朗読したのことにより日本で『千の風になって』が初めて伝えられた。デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示