前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示
  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    このシーズンをもってマクラーレンは、23年間メインスポンサーだったマールボロとの関係が終了。この訣別により、同シーズンで契約を終了するハッキネンがマールボロの後押しでフェラーリへ、ウィリアムズのデイモン・ヒルが加入するという移籍話も出ていたが、結局第15戦ポルトガルGPでマクラーレンはハッキネンの残留を発表した。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナ

    アイルトン・セナから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    しかし、これ以後ウィリアムズが復調、雨のレースが無くなったこともあって、セナは表彰台すら届かないレースが続く。プロストにポイント差を広げられ、更にはシューマッハやプロストのチームメイトである実質ルーキーのデイモン・ヒルが存在感をアピールし、セナの置かれた状況は厳しくなる一方であった。序盤の好成績から、第9戦イギリスGPよりベネトンと同じ最新スペックのエンジンを手に入れることに成功したが、ベネトンも序盤には未搭載だったアクティブサスペンションやTCSを装備することで、より戦闘力が向上しており、セナの成績向上には至らなかった。第13戦イタリアGPでのリタイアによりセナはタイトル獲得の可能性が消滅、続く第14戦ポルトガルGPでプロストのタイトルが決定した。このポルトガルGPでは、マイケル・アンドレッティに代わり同レースからチームメイトとなったミカ・ハッキネンに予選で敗れる出来事もあった(決勝ではスタートで先行した後、クラッシュでリタイヤするまでセナの前を走っていた)。アイルトン・セナ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前半8戦中6勝してランキング2位のデイモン・ヒルに37点差をつけたが、後半戦はペナルティトラブルに見舞われる。第8戦イギリスGPでは、フォーメーションラップでヒルを追越したことによる5秒のピットストップペナルティを課せられたが、ピットインを指示する黒旗に6周にわたり従わなかったため25,000ドルの罰金を課された。さらに、7月26日に行われたFIAの世界モータースポーツ評議会に召還され、そこでイギリスGPの失格と2レースの出場停止、ベネトンチームへの50万ドルの罰金という厳罰が科された。ベネトンはこの処分を不服として抗議を行い、その聴聞が8月30日に行われることとなったため、聴聞会までの3レース(ドイツGP、ハンガリーGP、ベルギーGP)への参戦が認められた。ベルギーGPでは1位でゴールしたものの、スキッドブロックの規定違反により再び失格となった。聴聞後に出された裁定は、2レースの出場停止を即座に適用するというもので、その後2戦には出走することができなかった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    はFW14Bの正常進化形であるFW15Cを投入し、1年間の休養から復帰したアラン・プロストと、テストドライバーから昇格したデイモン・ヒルがコンビを組んだ。前年チャンピオン不在のためカーナンバーは"0"と"2"となるが、プロストはフランス語で無能を示唆する"0"ではなく"2"を選んだ。プロストは4度目のタイトル獲得を最後に現役を引退し、ヒルは後半戦にかけて初優勝をふくむ3勝を挙げた。ウィリアムズは1992年から1993年にかけて24戦連続ポールポジションという記録を残し、F1マシンの電子制御の進化を牽引した。このシーズンを持ってメインスポンサーだったキヤノン、およびキャメルとの関係が終了。慣れ親しまれた「青・黄色・白・赤」のカラーリングも見納めになった。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ヨーロッパグランプリ

    1997年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒルは途中計時で3人のタイムを上回っていたが、最終コーナーでスピンした片山右京を避けたためにタイムロスして4位に終わった。1997年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年モナコグランプリ

    1995年モナコグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1995年モナコグランプリ(LIII Grand Prix de Monaco)は、1995年のF1世界選手権第5戦として5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。レースは78周で争われ、2番手スタートのベネトン、ミハエル・シューマッハが優勝した。ポールポジションからスタートしたウィリアムズのデイモン・ヒルは23周をリードし、2位でフィニッシュした。フェラーリのゲルハルト・ベルガーが3位に入り、4位はジョニー・ハーバート、5位がマーク・ブランデル、6位がハインツ=ハラルド・フレンツェンであった。シューマッハはシーズン3勝目を挙げ、ヒルに対して5ポイントまで差を広げた。この勝利はルノーにとって初のモナコにおける勝利であった。1995年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    速さを見せる一方、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せる。第13戦ベルギーGP、スパ特有の雨でレースは大荒れの中2位でフィニッシュ。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームに初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年パシフィックグランプリ

    1995年パシフィックグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1995年パシフィックグランプリ (1995 Pacific Grand Prix) は、1995年のF1世界選手権第15戦として、1995年10月22日にTIサーキット英田(現岡山国際サーキット)で開催された。決勝は83周で争われ、予選3番手スタートのベネトンのミハエル・シューマッハが優勝した。ポールポジションを獲得したウィリアムズのデビッド・クルサードが2位に入り、チームメイトのデイモン・ヒルが3位に入った。シューマッハが優勝したことで、ヒルがポイントを超える可能性は消滅し、2戦を残してシューマッハのタイトルが確定した。1995年パシフィックグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年には、アイルトン・セナの事故死などで安全性が見直され、この年に限りオー・ルージュが大きく曲げられるカーブとなった。そして、2回の予選セッションともに雨となったが、ジョーダンのルーベンス・バリチェロが絶妙のタイミングでアタックを敢行し、自身及びチームのF1での初めてのポールポジションを獲得した。レースではベネトンのミハエル・シューマッハがトップでゴールするも、レース終了後にスキッドブロック(レギュレーションでマシン底部に付けることを定められている板)が削れ過ぎているという違反を問われて失格になった為、2位でフィニッシュしていたウィリアムズのデイモン・ヒルが繰上げ優勝となった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ロズベルグ

    ニコ・ロズベルグから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    しかしスペインGPはハミルトンと接触して両者リタイヤに終わると、4連覇がかかったモナコGPでは終始ペースが上がらず7位。ヨーロッパGPでは自身2度目のグランドスラムを達成したが、3連覇がかかるオーストリアGPでは最終周にまたしてもハミルトンと接触し、マシンにダメージを負って表彰台すら失った。続くイギリスGPではチームの無線指示のミスでペナルティを受けて3位に終わりハミルトンとの差は1ポイント差にまで詰められ、ハンガリーGPではポールポジションを獲得したもののスタートでハミルトンに抜かれてからトップを奪え返せないまま2位に終わり、ついにランキング首位の座をハミルトンに明け渡した。母国ドイツGPではポールポジションを獲得するがスタートのミスやペナルティなどで4位に終わり、ハミルトンに19ポイント差をつけられていた。だが夏休み明けのベルギーGPからは3連勝を飾り再び首位の座を奪い返している。日本GPでは3年連続のポールポジションを獲得するとそのまま逃げ切り、2年間勝てなかった鈴鹿での初優勝を成し遂げた。ラスト4戦はハミルトンに4連勝を許したが、ロズベルグも2位に入り続けたことで最終戦終了段階で5ポイントの差をつけ、初のワールドチャンピオンに輝いた。親子でのF1ワールドチャンピオンはヒル家(グラハム・ヒルとデイモン・ヒル)以来2例目、2世ドライバーとしてのF1ワールドチャンピオンはジャック・ヴィルヌーヴ以来3人目となる。ニコ・ロズベルグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示