前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    このシーズンをもってマクラーレンは、23年間メインスポンサーだったマールボロとの関係が終了。この訣別により、同シーズンで契約を終了するハッキネンがマールボロの後押しでフェラーリへ、ウィリアムズのデイモン・ヒルが加入するという移籍話も出ていたが、結局第15戦ポルトガルGPでマクラーレンはハッキネンの残留を発表した。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    第8戦イギリスGPでは、フォーメーションラップでデイモン・ヒルを追越したことによる5秒のピットストップペナルティを課せられたが、ピットインを指示する黒旗に6周にわたり従わなかったことでレース後に失格とされ、更にレーススチュワードから「25,000ドルの罰金」が課された。ところがその後FIAより7月26日に行われた世界モータースポーツ評議会に召還され、そこで更に2レースの出場停止と50万ドルの罰金というペナルティが課された。ベネトンチームはこの処分を不服として抗議を行い、その聴聞が8月30日に行われることとなったため、聴聞会までの3レース(ドイツ、ハンガリー、ベルギー)への参戦が認められた。聴聞後に出された裁定は、2レースの出場停止を即座に適用するというもので、その後2戦には出走することができなかった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナ

    アイルトン・セナから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    しかし、これ以後ウィリアムズが復調、雨のレースが無くなったこともあって、セナは表彰台にも立てないレースが続く。プロストにポイント差を広げられ、シューマッハや、プロストのチームメイトであるルーキーのデイモン・ヒルとの争いにも敗れることも多くなっていた。序盤の好成績から、第9戦イギリスGPよりベネトンと同じ最新スペックのエンジンを手に入れることに成功したが、ベネトンも序盤には未搭載だったアクティブサスペンションやTCSを装備することで、より戦闘力が向上しており、セナの成績向上には至らなかった。第13戦イタリアGPでのリタイアで、セナはタイトル獲得の可能性を失い、続く第14戦ポルトガルGPでプロストのタイトルが決定した。このポルトガルGPでは、マイケル・アンドレッティに代わり同レースからチームメイトとなったミカ・ハッキネンに予選で敗れる出来事もあった(決勝ではスタートで先行した後、リタイヤするまで前を走っていた)。アイルトン・セナ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年は改良型のFW15Cを投入し、1年間の休養から復帰したアラン・プロストと、テストドライバーから昇格したデイモン・ヒルがコンビを組んだ。前年チャンピオン不在のためカーナンバーは"0"と"2"となるが、プロストはフランス語で無能を示唆する"0"ではなく"2"を選んだ。プロストは4度目のタイトル獲得を最後に現役を引退し、ヒルは初優勝をふくむ3勝を挙げた。ウィリアムズは1992年から1993年にかけて24戦連続ポールポジションという記録を残し、F1マシンの電子制御の進化を牽引した。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年サンマリノグランプリ

    1994年サンマリノグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    4月29日の金曜日、レースのスタート順位を決める最初の予選中に、ジョーダンのルーベンス・バリチェロはヴァリアンテ・バッサシケインで時速225キロで縁石に乗り上げ、空中に飛び上がった。マシンはタイヤバリアの上端と金網に衝突し、バリチェロはその衝撃で気を失った 。マシンはノーズから地面に垂直落下した後に数回横転し、裏返しになって停止した。バリチェロは事故現場で医療チームからの手当を受け、その後メディカルセンターに搬送された。鼻を骨折し、ギプスで腕を固められた事でレースウィークはマシンの運転が出来なくなったが、翌日にはサーキットに戻り、ドライバーズミーティングに出席した。当時ウィリアムズ・ルノーをドライブしていたデイモン・ヒルは事故から10年が経過してから、当時の気持ちについて「我々は戦車並に頑丈なクルマに乗っているんだ、多少不安に感じても怪我等しない、と自身に言い聞かせて予選を続行した」と述懐している。1994年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    速さを見せる一方、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せる。第13戦ベルギーGP、スパ特有の雨でレースは大荒れの中2位でフィニッシュ。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームに初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A18

    アロウズ・A18から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルを迎え、カーナンバー1を初めてつけたアロウズ陣営。しかし、ダーニーが設計したA18とヤマハV10エンジンは信頼性が低く、ヒルは開幕戦のオーストラリアGPではあわや予選落ちの危機に立たされ、決勝ではフォーメーションラップ中のマシントラブルでリタイアとなった。ペドロ・ディニスは開幕戦は完走するも、その後5戦連続リタイヤを喫してしまう。アロウズ・A18 フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ=ハラルド・フレンツェン

    ハインツ=ハラルド・フレンツェンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年、ジュニアチーム時代の監督ペーター・ザウバーが興したザウバーからF1デビューを果たした。デビュー戦のブラジルグランプリでは、初体験となるセミオートマチックトランスミッションを難なく使いこなして予選5位を獲得した。参戦2年目のチーム、初めてのサーキットでのデビュー戦で、セナ、シューマッハ、アレジ、ヒルに次ぐポジションは周囲を驚かせた。セナがサンマリノGPで事故死した後、その代役としてウィリアムズチームからオファーを受けたが、折悪しく、この時は断ることとなった。シーズン中4戦で入賞し、日本GPでは予選3位を獲得した。ハインツ=ハラルド・フレンツェン フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年には、アイルトン・セナの事故死などで安全性が見直され、この年に限りオー・ルージュが大きく曲げられるカーブとなった。そして、2回の予選セッションともに雨となったが、ジョーダンのルーベンス・バリチェロが絶妙のタイミングでアタックを敢行し、自身及びチームのF1での初めてのポールポジションを獲得した。レースではベネトンのミハエル・シューマッハがトップでゴールするも、レース終了後にスキッドブロック(レギュレーションでマシン底部に付けることを定められている板)が削れ過ぎているという違反を問われて失格になった為、2位でフィニッシュしていたウィリアムズのデイモン・ヒルが繰上げ優勝となった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マンセル

    ナイジェル・マンセルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年、ウィリアムズはセナの事故死後デビッド・クルサードを起用したが、F1人気低下を懸念するバーニー・エクレストンの仲介でマンセルに復帰を持ちかけた。マンセルはCARTのシーズン中、日程に影響のない第7戦フランスGPにスポット参戦し、予選2位を獲得(決勝はリタイア)。さらにCARTのシーズン終了後、第14戦ヨーロッパGPから残りの3戦に再登場した。第15戦日本GPでは豪雨の中、ジャン・アレジとの長い3位争いで一歩も引かぬバトルを演じ、健在ぶりを示した(ちなみに、これがマンセルの鈴鹿での唯一の完走でもある)。最終戦オーストラリアGPではポールポジションを獲得し、決勝はチャンピオンを争うデイモン・ヒルとミハエル・シューマッハを先行させ、2人の相打ちを尻目にポール・トゥ・ウィンを達成した。ウィリアムズのコンストラクターズタイトル防衛に貢献し、結果的にこれがF1での最後の勝利となった。また、契約上の関係か、このときのマンセルのレーシングスーツにはルノーのロゴは入っていなかった。ナイジェル・マンセル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード