154件中 91 - 100件表示
  • 中谷明彦

    中谷明彦から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前述の日本国内における実績を買われ、1992年(平成4年)にはF1のブラバムとレギュラードライバーとしての契約を結んだが、当時の国際自動車連盟(FIA)におけるスーパーライセンス発給基準が「実質的に国際F3000に1シーズン出場しているか、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、南アフリカのF3の現チャンピオンか、前年のF1世界選手権に5回以上スタートしている」となっており、中谷は厳密に言えばライセンス発給基準を満たしていなかったため発給を拒否され、F1に参戦することはできなかった。空いた中谷のシートはジョバンナ・アマティが手に入れ、その後デイモン・ヒルがアマティのシートを手に入れた。ただ中谷のライセンス申請を却下したFIAの判断に対しては、海外のメディアからも疑問符がつけられたことがある。中谷明彦 フレッシュアイペディアより)

  • エンバシー・ヒル

    エンバシー・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒル - グラハム・ヒルの息子。2005年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでヒルGH2をドライブした。エンバシー・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年と1994年は前年度のチャンピオンドライバーが引退し不在であったため1は欠番となり、デイモン・ヒルがカーナンバー0を付けた。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 中野信治

    中野信治から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1999年にはジョーダン・無限ホンダのテストドライバーに就任。デイモン・ヒルがシーズン途中に引退を示唆した際にはレギュラー昇格の可能性があったが、ヒルが最終戦まで現役続行したためチャンスは潰えた。中野信治 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW17

    ウィリアムズ・FW17から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーズランキング2位(デイモン・ヒル)4勝 7PPウィリアムズ・FW17 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・クルサード

    デビッド・クルサードから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    そのような不安定な環境を嫌い、クルサードはシーズン終盤に1995年のマクラーレン入りを画策する。しかし所属チームのウィリアムズが提訴をし、裁判の末ウィリアムズ残留が決定、1995年もウィリアムズで戦うことになる。シーズン序盤からチームメイトのデイモン・ヒルを凌ぐ速さを見せていた。シーズン後半、第12戦イタリアGPから4戦連続でポールポジションを獲得し速さを見せつけ、第13戦ポルトガルGPでは初優勝を果たしたものの、同時に、イタリアGPでポールポジションからのスタートながらフォーメーションラップでスピンアウト(赤旗再スタートで復活もブレーキトラブルでリタイア)を喫したのをはじめに、第16戦日本GPでのコースオフ後のブレーキングで自分で拾った砂利に乗ってのスピンアウト(サイドポンツーンに入りこんだ砂利が、ブレーキング時に排出)、最終戦オーストラリアGPでのトップ快走中に、ピットレーン進入時のスピードリミッターの不具合が原因でのクラッシュなど、終盤はつまらないミスを立て続けに犯していた。シーズン終了をもってウィリアムズとの契約期間が切れたため、1996年は満を持してマクラーレンに移籍した。デビッド・クルサード フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・グランプリ

    スチュワート・グランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    新参チームながら、フォードのワークス待遇やビッグスポンサー(HSBC)との契約など、なかなか恵まれたチーム体制となる。ドライバーはジョーダンからルーベンス・バリチェロエース待遇で迎い入れ、セカンドドライバーには前年マクラーレンのテストドライバーを勤めていたヤン・マグヌッセンを起用した。1996年チャンピオンに輝きながら当時在籍していたウィリアムズルノーを解雇されたデイモン・ヒルも興味を示したが、「参戦初年度と言う事でリスクが高い」「古くから続くスチュワート一家との関係を拗らせる事はしたくなかった」と言う理由で見送った。スチュワート・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ

    アロウズから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年には、著名デザイナーのジョン・バーナードと、前年にウィリアムズでチャンピオンになったデイモン・ヒルを獲得し、A18はカーナンバー"1"を纏った。エンジンはヤマハ、タイヤはブリヂストンと奇しくも日本関連の陣容となった。開幕当初はヒルをもってしても苦戦が続いていたが、ハンガリーGPで快走を見せ、ファイナルラップ途中でマシントラブルによりジャック・ヴィルヌーヴに抜かれるまではトップを独走していた(最終的には2位でフィニッシュ)。アロウズ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ディニス

    ペドロ・ディニスから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年、アロウズに移籍し、前年度のワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルとコンビを組んだ。この年は、ディニスにとっての転機となった。ドライバーズサーキットとして知られるスパ・フランコルシャンサーキットで開催されたベルギーGPや鈴鹿サーキットで開催された日本GPなど、何度か予選でヒルを上回ることに成功した。これにより、周囲からの評価を高めた。ディニス自身、後にこのシーズンを回想し、「ドライバーとしてヒルから学んだことは多かった」と成長の契機となったことを認め、ヒルに感謝の言葉を述べている。ペドロ・ディニス フレッシュアイペディアより)

  • 1997年日本グランプリ (4輪)

    1997年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レース終盤、シューマッハはアロウズのデイモン・ヒルを周回遅れにするのに手間取り、フレンツェンとの差が縮まった。しかし、シューマッハは今季5勝目を獲得してポイントを78点に伸ばし、暫定5位に終わったヴィルヌーヴとの差を1点に縮めた。レース後にマシンを降りると、アシストを務めたアーバインと勝利を祝った。1997年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

154件中 91 - 100件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード