154件中 101 - 110件表示
  • 1993年のF1世界選手権

    1993年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年の選手権は、ウィリアムズ・ルノーのアラン・プロストが、休養明けから4度目にして最後のチャンピオンを獲得。この年7勝をマークし、予選では生涯33回中の1/3以上となる13回のPPを獲得した。その決定は、引退を表明した直後のエストリルでのことだった。ランク2位は、長年プロストのライバルとされてきたマクラーレン・フォードのアイルトン・セナ。前半戦の雨などもあって5勝を記録、予想外の活躍を見せたがシーズンを通しては苦戦、一時はデイモン・ヒルにもポイントで逆転されていた。1993年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年カナダグランプリ

    1998年カナダグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レースが再開すると、フィジケラが首位に立ちヴィルヌーヴ、シューマッハ、デイモン・ヒル、ヤン・マグヌッセン、中野信治がこれに続いた。ヴィルヌーヴはすぐに外側を回ってフィジケラを抜こうとしたが、失敗してコースオフ、リアウィングを破損した。その後フィジケラがピットインし、45ラップ目にシューマッハが再びトップに立ち、2度目のピットイン後も順位は変わらず。結局シューマッハがレースを制し、2位のフィジケラには16秒の差を付けていた。マグヌッセンは6位に入賞し、最後のグランプリで唯一のポイントを獲得した。1998年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ウォーキンショー

    トム・ウォーキンショーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ただ、ブリヂストンが1997年にF1参戦するため、タイヤテストでF1マシンが必要だった際にリジェ・JS41を提供したり、「現役のF1マシンでテストがしたい」というブリヂストンの要望に、当時アロウズでグッドイヤーを履いて参戦中だったにもかかわらず、グッドイヤーと交渉しアロウズのマシンを用意してブリヂストンに現役F1マシンでタイヤテストをする機会を与えるなど、ブリヂストンのタイヤ技術開発に大きく貢献した。また、その際に開発ドライバーとしても定評があるデイモン・ヒルをテストドライバーに招いたのもウォーキンショーである。ブリヂストンの安川ひろしは「ウォーキンショーがいなければブリヂストンは今こうしてF1を戦っていなかったかもしれない。」と後に語っている。トム・ウォーキンショー フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアグランプリ

    オーストラリアグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1ポイント差でチャンピオンを争う、ミハエル・シューマッハとデイモン・ヒルに注目が集まる。開始直後からこの2人が他を大きく突き放して接近戦を演じる緊迫の展開となるが、36周目に両者の接触・リタイアにより、シューマッハの初のチャンピオン獲得が決定した。レースはポールポジションからスタートしたナイジェル・マンセルが制したが、これはマンセルの通算31勝目であり、最後のF1優勝となった。オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • オリビエ・パニス

    オリビエ・パニスから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1995年の最終戦オーストラリアGPでは終盤、首位走行のデイモン・ヒルから2周遅れながら2位を走行中に、車両から白煙を吹いたが、最後までマシンを労わりながら走行し、2位表彰台を飾った。オリビエ・パニス フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・サロ

    ミカ・サロから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1998年、デイモン・ヒルに替わってアロウズへ移籍。モナコで4位に入りペドロ・ディニスとダブル入賞した。しかし、チームに前年健闘したような戦闘力は無く、目立った成績をあげられずシーズンが終了。翌シーズンもアロウズ残留の予定だったが、高木虎之介のシート争奪戦に敗れ、しばし浪人生活を送ることとなる。ミカ・サロ フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ=ハラルド・フレンツェン

    ハインツ=ハラルド・フレンツェンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年、ジュニアチーム時代の監督ペーター・ザウバーが興したザウバーからF1デビューを果たした。デビュー戦のブラジルグランプリでは、初体験となるセミオートマチックトランスミッションを難なく使いこなして予選5位を獲得した。参戦2年目のチーム、初めてのサーキットでのデビュー戦で、アイルトン・セナ、シューマッハ、ジャン・アレジ、デイモン・ヒルに次ぐポジションは周囲を驚かせた。セナがサンマリノGPで事故死した後、その代役としてウィリアムズチームからオファーを受けたが、折悪しく、この時は断ることとなった。シーズン中4戦で入賞し、日本GPでは予選3位を獲得した。ハインツ=ハラルド・フレンツェン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年日本グランプリ (4輪)

    1998年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ハッキネンは好スタートを切り1コーナーを制したが、予選3位のクルサードはアーバインとハインツ=ハラルド・フレンツェンに抜かれて4位に後退。以下ジャック・ヴィルヌーヴ、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハと続いた。クルサードはフレンツェンに抑えられ、ハッキネンとアーバインが後続を引き離す展開となる。アーバインは燃料軽めの3ピット作戦で何とかハッキネンの前に出ようとするが、ハッキネンもファステストラップを記録して隙を見せない。1998年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のF1世界選手権

    1999年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    好調ジョーダンにあってデイモン・ヒルは精彩を欠き、地元イギリスGPでは引退騒動が起きた。結局、最終戦までドライブしてから、1996年のチャンピオンは現役を引退した。1999年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW20

    ウィリアムズ・FW20から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    パッケージを刷新したこの年、ウィリアムズの戦力は大幅に後退した。特に1996年終盤にエイドリアン・ニューウェイが去ったこと(1996年シーズン途中での彼が信頼感を寄せていたデイモン・ヒルの解雇劇が発端となったもの)の影響が出始める年でもあった。ウィリアムズ・FW20 フレッシュアイペディアより)

154件中 101 - 110件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード