121件中 11 - 20件表示
  • グラハム・ヒル

    グラハム・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ノーマン・グラハム・ヒル(Norman Graham Hill OBE, 1929年2月15日 - 1975年11月29日) はイギリスのレーシングドライバーであり、1962年・1968年のF1チャンピオン。1996年のチャンピオンであるデイモン・ヒルは実子。グラハム・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • アラン・プロスト

    アラン・プロストから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    開幕前の予想とは裏腹に、プロストにとって決して楽な展開にはならなかった。シーズン前半戦はウェットレースが連続したこともあり、雨のレースを得意とするマクラーレンのセナに活躍を許す。復帰第1戦となる開幕戦南アフリカGPでは幸先良く勝利するが、第2戦ブラジルGPではトップ走行中のレース中盤、突然のスコールに足元をすくわれリタイアに終わる。第3戦ヨーロッパGPでは雨が振ったりやんだりのコンディションに7度のピットインを繰り返してセナに惨敗した(結果は3位)。第6戦モナコGPではポールポジションを獲得するも、スタートでフライングと判定された挙句、ペナルティストップでエンジンをストールさせ2周遅れの最下位になり、ファステストラップを記録しながら追い上げたものの、1周遅れの4位(プロスト自身は1993年のベストレースを「モナコGP」と発言している)。第7戦カナダGPで優勝してポイントリーダーに返り咲くと、第10戦ドイツGPにかけて自己最多の4連勝を記録。第9戦イギリスGPでは通算50勝に到達した。中盤戦以降はチームメイトのデイモン・ヒルが成長し、終盤戦までタイトル争いがもつれることになった。アラン・プロスト フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年モナコGP:シューマッハとデイモン・ヒルのリタイアによりトップに立つが、サスペンショントラブルでリタイア。リジェのオリビエ・パニスに優勝をさらわれる。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アイルランド出身のエディ・ジョーダンが自身のレース活動のために設立したエディ・ジョーダン・レーシング (EJR) が前身。1987年にジョニー・ハーバートを擁してイギリスF3選手権を制覇したのち国際F3000選手権にステップアップ。1989年にはジャン・アレジがチャンピオンを獲得するなどF3000の強豪チームに成長する。同チームにはマーティン・ブランドル(F3)、マーティン・ドネリー、デイモン・ヒル、エディ・アーバイン、ハインツ=ハラルド・フレンツェンなど錚々たる顔ぶれが在籍した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    「F3000魂も怖いものがあります!!」(1993年日本GPでデイモン・ヒルと大バトルを演じたエディ・アーバインを評して)古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • Damon Hill

    Damon Hillから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    Damon Hill フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ヒル

    デーモン・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デーモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • ドニントン・パーク

    ドニントン・パークから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年にはF1ヨーロッパGPも開催され、マクラーレン・フォードに乗るアイルトン・セナが、当時マシンパフォーマンスに勝るウィリアムズ・ルノーに乗るアラン・プロストやデイモン・ヒルらを1周目で抜いた後、雨が降ったり止んだり霧雨になったりと不安定な天候の中、セナは安定した走りで優勝した。ドニントン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・バーナード

    ジョン・バーナードから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    バーナードは4シーズンにわたって、フェラーリのF1マシンのデザインを続けた。しかし、90年代中盤からはエアロダイナミクスが重視されるようになった時代であり、バーナードは時代についていけなくなりつつあった。ジャン・アレジが唯一の勝利を挙げ、またグランプリにおいて最後に勝利したローノーズマシン(ウィリアムズ・ベネトンはハイノーズであり、トレンドに反していた)、412T2シャシーも含まれている。1996年には、フェラーリ内部で大きな変化が起きつつあった。ベルガーとアレジを解雇し、現役チャンピオンであったミハエル・シューマッハをファースト・ドライバーとして引き入れ、さらにチームマネージャのジャン・トッドはマラネロにデザインオフィスの建設を始めた。しかも、1996年のマシンF310は、他のチームがハイノーズの中、アリクイ型のローノーズ、失敗作F92のようなサイドの形状、巨大なヘッドウォールなど空力に大きなハンデを抱え、信頼性も欠如していたことからシーズン当初から不振が続き、グスタフ・ブルナーによる大幅な改造が施された。3勝を挙げたがシューマッハとチーム戦略によるものであり、シーズン終了後、シューマッハは「見るのも嫌なマシンだった」と述べている。イタリアへの転居を望まなかったため、1997年のF310Bがバーナードのフェラーリにおける最後の仕事となり、ロリー・バーンが後任に就いた。1997年夏にはFDDをフェラーリから買収してB3テクノロジーズと名称変更し、これでバーナードとフェラーリの関係は終わりを告げた。もはやチームの一員ではなかったにせよ、バーナードの設計したF310Bシャシーはミハエル・シューマッハによってチャンピオンの座にじわじわと近づく活躍を見せ、同年の日本グランプリにおける勝利がバーナードの設計したシャシーによる最後の勝利となった。一方で同年途中にアロウズF1チームへ加入・開幕戦あわや予選落ちの危機にさえあったマシンを改良し、デイモン・ヒルがハンガリーGPであと一歩で優勝の2位になるほどの開発力を見せた。ジョン・バーナード フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    9月17日 - デイモン・ヒル(イギリス、レーシングドライバー)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード