154件中 11 - 20件表示
  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アイルランド出身のエディ・ジョーダンが自身のレース活動のために設立したエディ・ジョーダン・レーシング (EJR) が前身。1987年にジョニー・ハーバートを擁してイギリスF3選手権を制覇したのち国際F3000選手権にステップアップ。1989年にはジャン・アレジがチャンピオンを獲得するなどF3000の強豪チームに成長する。同チームにはマーティン・ブランドル(F3)、マーティン・ドネリー、デイモン・ヒル、エディ・アーバイン、ハインツ=ハラルド・フレンツェンなど錚々たる顔ぶれが在籍した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・プロスト

    アラン・プロストから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    しかし中盤戦以降、フル参戦初年であったチームメイトのデイモン・ヒルが経験を積むと共に次第にプロストに対して牙を剥き出しにし始める。プロストの地元である第8戦フランスGPで自身初のポールポジションを獲得したのを皮切りに、第11戦ハンガリーGPから第13戦イタリアGPまで3連勝を飾るなど、終盤戦までタイトル争いがもつれることになった。チャンピオン決定目前でエンジンブローに終わったイタリアGP後に手記したプロスト自身のコラムには「デイモンの存在が真剣に僕の心を掻きむしるんだ」とある。アラン・プロスト フレッシュアイペディアより)

  • グラハム・ヒル

    グラハム・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ノーマン・グラハム・ヒル(Norman Graham Hill, OBE 1929年2月15日 - 1975年11月29日) はイギリスのレーシングドライバーであり、1962年・1968年のF1チャンピオン。1996年のチャンピオンであるデイモン・ヒルは実子。グラハム・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナの死

    アイルトン・セナの死から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年、セナは1988年から長期にわたって所属したマクラーレンチームからウィリアムズチームへと移籍した。セナはアラン・プロストと入れ替わる形でウィリアムズに加入し、デイモン・ヒルのチームメイトとなった。1994年シーズンを前にドライバーを支援する電子制御装置の使用が禁止されていたものの、ウィリアムズでは過去2年間、プロストとナイジェル・マンセルがワールドチャンピオンを獲得しており、セナを迎えて再び選手権の優勝を争うものと予想されていた。アイルトン・セナの死 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ウィリアムズは前年チャンピオンとなったデイモン・ヒルを解雇したが、それがヒルに絶大な信頼感を寄せていたチーフデザイナーのエイドリアン・ニューウェイの逆鱗に触れてマクラーレン移籍の原因の一つとなり、これらがマシン開発の方向性を次第に見失う影響を与えた結果、前年ほどの安定感は見られなくなる。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    シューマッハとデイモン・ヒルのリタイアによりトップに立つが、サスペンショントラブルでリタイア。リジェのオリビエ・パニスに優勝をさらわれる。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW14

    ウィリアムズ・FW14から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アクティブサスペンションの搭載は1988年のFW12以来となる。当時はシステムを確立できずシーズン途中に放棄してしまったが、その後もパディ・ロウを中心として地道に開発を続けていた。テストドライバーのマーク・ブランデルやデイモン・ヒルによってテスト走行を重ね、信頼性を高めた上で実戦投入に踏み切ることになった。パトリック・ヘッドはこれらのデバイスの投入を当初から1992年からと決めていた。これは仮に前倒しに投入した場合、信頼性に難が見られた時の対策にチームのリソースを食う事になり、開発計画に狂いが生じるのを懸念した為である、ウィリアムズ・FW14 フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A18

    アロウズ・A18から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルを迎え、カーナンバー1を初めてつけたアロウズ陣営。しかし、ダーニーが設計したA18とヤマハV10エンジンは信頼性が低く、ヒルは開幕戦のオーストラリアGPではあわや予選落ちの危機に立たされ、決勝ではフォーメーションラップ中のマシントラブルでリタイアとなった。ペドロ・ディニスは開幕戦は完走するも、その後5戦連続リタイヤを喫してしまう。アロウズ・A18 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マンセル

    ナイジェル・マンセルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年、ウィリアムズはアイルトン・セナの事故死後、セナの代役としてデビッド・クルサードを起用したが、F1人気低下を懸念するバーニー・エクレストンの仲介でマンセルに復帰を持ちかけた。マンセルはCARTのシーズン中、日程に影響のない第7戦フランスグランプリにスポット参戦し、予選2位を獲得(決勝はリタイア)。さらにCARTのシーズン終了後、第14戦ヨーロッパグランプリから残りの3戦に再登場した。第15戦日本グランプリでは豪雨の中、ジャン・アレジとの長い3位争いで一歩も引かぬバトルを演じ、健在ぶりを示した(ちなみに、これがマンセルの鈴鹿での唯一の完走でもある)。最終戦オーストラリアグランプリではポールポジションを獲得し、決勝はチャンピオンを争うデイモン・ヒルとミハエル・シューマッハを先行させ、2人の相打ちを尻目にポールトゥーウィンを達成した。ウィリアムズのコンストラクターズタイトル防衛に貢献し、結果的にこれがF1での最後の勝利となった。F1での出走にあたり、ニューマンハースとウィリアムズとの間に、CARTと重ならない日程でF1に出走する・競合するライバルメーカーのロゴを付けない(エンジンのルノーはフォード・燃料のエルフはテキサコ)という契約がなされたので、マンセルのレーシングスーツにはそれらのロゴは入っていなかった。ナイジェル・マンセル フレッシュアイペディアより)

  • 1994年サンマリノグランプリ

    1994年サンマリノグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    4月29日の金曜日、レースのスタート順位を決める最初の予選中に、ジョーダンのルーベンス・バリチェロはヴァリアンテ・バッサシケインで時速225キロで縁石に乗り上げ、空中に飛び上がった。マシンはタイヤバリアの上端と金網に衝突し、バリチェロはその衝撃で気を失った 。マシンはノーズから地面に垂直落下した後に数回横転し、裏返しになって停止した。バリチェロは事故現場で医療チームからの手当を受け、その後メディカルセンターに搬送された。鼻を骨折し、ギプスで腕を固められた事でレースウィークはマシンの運転が出来なくなったが、翌日にはサーキットに戻り、ドライバーズミーティングに出席した。当時ウィリアムズ・ルノーをドライブしていたデイモン・ヒルは事故から10年が経過してから、当時の気持ちについて「我々は戦車並に頑丈なクルマに乗っているんだ、多少不安に感じても怪我等しない、と自身に言い聞かせて予選を続行した」と述懐している。1994年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 11 - 20件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード