121件中 21 - 30件表示
  • 1999年ヨーロッパグランプリ

    1999年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    2度目のスタートは滞りなくきられたものの1周目の1コーナーにおいて、ジョーダンのデイモン・ヒルが電気系トラブルにより突然スローダウン、それをかわそうとステアリングを右に切ったアレクサンダー・ヴルツがすぐ横を通っていたペドロ・ディニスに激突、ディニスのマシンは激しく横転しながらグラベルへ飛び出した。ドライバーの頭部を保護する目的のロールバーが潰れており、ディニスの安否が気遣われたが幸いにも彼に怪我はなかった。1999年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ハンガリーグランプリ

    1997年ハンガリーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    予選はフェラーリのミハエル・シューマッハがポールポジションを獲得し、タイトルを争うジャック・ビルヌーブが2番手に続いた。3位はアロウズのデイモン・ヒルが躍進し今季最高の順位を獲得した。ベネトンのゲルハルト・ベルガーは7番手に入った。1997年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年カナダグランプリ

    1999年カナダグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    決勝レースは大荒れの展開となり、合計4回ものセーフティカー出動に至った。また、最終シケイン後のコンクリートウォールにデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴ、ミハエル・シューマッハといったチャンピオン経験者が相次いで衝突する事故が起こり、後にこのウォールは'チャンピオンズ・ウォール'と呼ばれるようになった。1999年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • O・Z (企業)

    O・Z (企業)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年フォーミュラ1にてデイモン・ヒルがタイトルを獲得。O・Z (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ベルギーグランプリ

    1998年ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    再スタート後も波乱はやまず、まずは1コーナーでハッキネンとシューマッハが接触しハッキネンがスピン(1コーナーにあるマンホールに乗り上げてスピンしたとも言われている。)、ハッキネンにザウバーのハーバートが突っ込み両者リタイア。さらにマルメディコーナーでクルサードとブルツの2台が絡む接触が発生。両者グラベルに飛び出し、ブルツはリタイア。クルサードは何とかコースに復帰するが、優勝争いは絶望的になってしまった。この時にハッキネン、ハーバート車の事故処理の為にセイフティーカーが入った。その後処理が終わり、2回目のリスタート。最初のリスタートでトップを奪ったジョーダンのデイモン・ヒルが堅実にトップを死守する。しかし7周目にはヒルがフェラーリのミハエル・シューマッハにバスストップシケインでトップを奪われてしまう。1998年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年日本グランプリ (4輪)

    1997年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レース終盤、シューマッハはアロウズのデイモン・ヒルを周回遅れにするのに手間取り、フレンツェンとの差が縮まった。しかし、シューマッハは今季5勝目を獲得してポイントを78点に伸ばし、暫定5位に終わったヴィルヌーヴとの差を1点に縮めた。レース後にマシンを降りると、アシストを務めたアーバインと勝利を祝った。1997年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ローランド・ラッツェンバーガー

    ローランド・ラッツェンバーガーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    翌日の決勝前に行われたインタビュー中、後述のヴィルヌーヴやアーバイン達同様に全日本F3000時代親交のあったハインツ=ハラルド・フレンツェンとジョニー・ハーバート、最後のチームメイトとなったデビッド・ブラバム、同郷で非常に仲が良かったゲルハルト・ベルガー(後に葬儀へも参列)、ウイリアムズのアイルトン・セナとデイモン・ヒルらドライバーをはじめ、チーム代表のニック・ワースが哀悼の意を表している。そしてシムテックチームは「レースに全てを捧げたローランドの遺志に応えたい」として、チーム全員が喪章を腕に決勝レースへ臨んだ。ローランド・ラッツェンバーガー フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・198

    ジョーダン・198から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーはチーム2年目のラルフ・シューマッハに加え、アロウズからデイモン・ヒルを獲得した。チャンピオン経験者の在籍はチーム初となる。ジョーダン・198 フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    チームとしてのニューマシンAP01が完成。リジェ時代からジタン、ゴロワーズなどフランス系のスポンサーによる潤沢な資金を得た。さらにプジョーエンジンにスイッチし、ルノーからベルナール・デュドを引き抜くが、成績は全くの期待はずれであった。パニスもトゥルーリも下位を走るのが精一杯で、入賞はベルギーGPでのトゥルーリの6位1回のみ。それもトップから2周遅れだった上、優勝したのは皮肉にもエンジンを交換する形となったジョーダン・無限のデイモン・ヒルであった。パニスはデビュー初のノーポイントに終わる。コンストラクターズランキングは9位。失意のシーズンであった。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • エンバシー・ヒル

    エンバシー・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒル - 2005年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでヒルGH2をドライブした。エンバシー・ヒル フレッシュアイペディアより)

121件中 21 - 30件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード