154件中 21 - 30件表示
  • 107%ルール

    107%ルールから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年のオーストラリアグランプリ、去年に続いて再びPPを獲得するジャック・ヴィルヌーヴのタイムは去年より3秒近いタイムアップを遂げ"1:29.369" であり、この107% = "1:35.625" をクリアしなければならなかった。前年度王者のデイモン・ヒルは非力な上に信頼性も劣ったアロウズ・A18に手を焼くも辛うじてクリアしたものの、ヒルのチームメイトのペドロ・ディニス、ローラのヴィンセンツォ・ソスピリ・リカルド・ロセットの3名が107%をクリアすることができなかった。このうち、"1:35.972" = "107.388%" をマークしたディニスはフリー走行でのタイムも考慮した結果、レーススチュワードが「例外的な状況」と判断したため、決勝への出走が認められた。107%ルール フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    (例)F1ドライバーミハエル・シューマッハを「顔面三浦半島」、デーモン・ヒルを「顔面ジョージ・ハリスン」等古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • Damon Hill

    Damon Hillから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    Damon Hill フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ヒル

    デーモン・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デーモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・AP02

    プロスト・AP02から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    劇的な不振であったシーズンの後、シーズンにチームは人事面での強化を図る。ジョン・バーナードやアラン・ジェンキンスを招聘したものの、マシン自体は大きな変更はなされなかった。ニュルブルクリンクではトゥルーリが2位に入賞したが、シーズン後には引退したデイモン・ヒルの後釜としてジョーダンへ移籍した。パニスはマクラーレンとサードドライバーとして契約し、2000年のドライバーラインナップは一新されることとなった。プロスト・AP02 フレッシュアイペディアより)

  • フットワーク・FA17

    フットワーク・FA17から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    シーズンを通してフェルスタッペンは予選で常に中段につけるなど、そこそこの見せ場は作ったが、完走率はかなり低く、シーズン前半での完走はオーストラリアとアルゼンチンのみであった。彼は多くの機械的トラブルに苦しめられ、その中にはスロットルが戻らなくなって大事故につながったベルギーのようなレースもあった。また、イモラではピットアウトの際に燃料ホースを引き裂くという一歩間違えると大惨事になるような事故もあった。対照的にロセットは前半を終えた時点で新人ドライバーとしては安定していたが、フェルスタッペンに予選で全敗するなど結果を残せなかった。結局両名ともシーズン限りで放出され、フェルスタッペンはティレルに移籍。ロセットはローラに移籍した。翌年は前年度チャンピオンのデイモン・ヒルがウィリアムズから移籍するという驚くべき決定をし、ペドロ・ディニスがセカンドドライバーとして加入した。フットワーク・FA17 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・199

    ジョーダン・199から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    新加入のハインツ=ハラルド・フレンツェンが2勝を挙げ終盤までタイトル争いに食い込む活躍を見せ、前年チームに初優勝をもたらし残留したデイモン・ヒルはサンマリノGPの4位が最高で表彰台に登ることはできなかったが、卓越したマシン開発能力はシャーシの進化に多大な貢献を果たしたと言えた。ヒルはこのシーズン限りでF1を引退し、そのキャリアに幕を閉じた。ジョーダン・199 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・198

    ジョーダン・198から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーはチーム2年目のラルフ・シューマッハに加え、アロウズからデイモン・ヒルを獲得した。チャンピオン経験者の在籍はチーム初となる。ジョーダン・198 フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT60

    ブラバム・BT60から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    開幕時のドライバーはエリック・ヴァン・デ・ポールとジョバンナ・アマティ。アマティは史上5人目の女性F1ドライバーであったが、予選通過もできず、資金持ち込みも行えなかったことで解雇された。第4戦スペインGP以降は、ルーキーで後に世界チャンピオンとなるデイモン・ヒルがドライブすることとなった。ブラバム・BT60 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・アンダーソン

    ゲイリー・アンダーソンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年ベルギーグランプリではルーベンス・バリチェロが初ポールポジションを獲得。1998年ベルギーグランプリではデイモン・ヒルのドライブにより初優勝を達成する。しかし、アンダーソンはその瞬間を見届けることなく、1998年シーズン途中にジョーダンを離脱する(後任はマイク・ガスコイン)。ゲイリー・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

154件中 21 - 30件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード