121件中 31 - 40件表示
  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーズポイントは、タイトルの条件である5位に入賞したハミルトンが98、マッサが97となり、23歳300日のハミルトンがわずか1ポイント差でF1史上最年少王者の座に就いた。イギリス人ドライバーとしては1996年シーズンのデイモン・ヒル以来、マクラーレンにとっては1999年シーズンのミカ・ハッキネン以来のドライバーズタイトルとなった。コンストラクターズタイトルはフェラーリが172ポイントで2年連続の獲得となった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年モナコグランプリ

    1996年モナコグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レースでは2番手スタートのデイモン・ヒルがトップに立つと、徐々に後続を引き離し始める。ただ1台ドライタイヤでスタートするギャンブルに出たフットワークのヨス・フェルスタッペンが、1コーナーでスピン・クラッシュし早くもリタイア。さらに2番手を走行していたシューマッハが、トンネル手前のポルティエでスリップしそのままガードレールにクラッシュ。サスペンションが折れてマシンを降りたほかジャンカルロ・フィジケラとペドロ・ラミーが接触するなどオープニングラップで早くも5台がリタイアする波乱の幕開けとなった。1996年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ディフェンディングチャンピオン

    ディフェンディングチャンピオンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    F1などのモータースポーツの場合、前年チャンピオンがカーナンバー1を付けることが多い(ただしバレンティーノ・ロッシのように、チャンピオンであっても1番を付けない者もいる)。またこれに関連して、前年チャンピオンが引退した場合に所属チームの選手がカーナンバー0を付けた例がある(1993年・1994年のF1におけるデイモン・ヒル等)ディフェンディングチャンピオン フレッシュアイペディアより)

  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    低速サーキットのハンガロリンクでは、思わぬ波乱が起こる事も多い。特にコースが改修された2003年以降は波乱が多く起こり、2002年から2008年まで毎年、ハンガリーGPの勝者は変わっている。デイモン・ヒル、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンとここで初優勝を挙げた者も多い。予選重視という事でポールシッター有利と思われがちであるが、これまでのハンガリーGPのポールシッターは26戦11勝であり、勝率がかなり低い。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

  • 中谷明彦

    中谷明彦から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前述の日本国内における実績を買われ、1992年(平成4年)にはF1のブラバムとレギュラードライバーとしての契約を結んだが、当時の国際自動車連盟(FIA)におけるスーパーライセンス発給基準が「実質的に国際F3000に1シーズン出場しているか、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、南アフリカのF3の現チャンピオンか、前年のF1世界選手権に5回以上スタートしている」となっており、中谷は厳密に言えばライセンス発給基準を満たしていなかったため発給を拒否され、F1に参戦することはできなかった。空いた中谷のシートはジョバンナ・アマティが手に入れ、その後デイモン・ヒルがアマティのシートを手に入れた。ただ中谷のライセンス申請を却下したFIAの判断に対しては、海外のメディアからも疑問符がつけられたことがある。中谷明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のF1世界選手権

    1992年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ブラバムから参戦し、後にウィリアムズで優勝戦線に加わるデイモン・ヒルと、クリスチャン・フィッティパルディ、片山右京と国際、全日本F3000チャンピオンといったドライバーがデビュー。マンセルの他にステファノ・モデナ、マウリシオ・グージェルミン(共にジョーダン)、ヤン・ラマース(マーチ)といったベテランドライバーが去り、コンストラクターではブラバム、マーチ、フォンドメタル、アンドレア・モーダ、スクーデリア・イタリアに供給していたダラーラ(翌年からローラに変更)が撤退した。また、ベンチュリー名義で参戦したラルースも93年シーズンから本来の名称で参戦した。1992年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前年チャンピオンのデイモン・ヒルはアロウズへ移籍し、ブリヂストンのタイヤ開発に協力した。シーズン前半は苦戦したが、ハンガリーGPで予選3位からトップを独走。アロウズとヤマハエンジン、ブリヂストンタイヤの初優勝が近づいたが、最終周回のトラブルで惜しくも2位に終わった。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のF1世界選手権

    1996年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    この年、フェラーリ伝説のドライバージル・ヴィルヌーヴの長男ジャック・ヴィルヌーヴがウィリアムズへ加入した。CART現役チャンピオンのF1挑戦、また、グラハム・ヒルの息子デイモン・ヒルとの2世コンビ結成といった話題が注目された。1996年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のF1世界選手権

    1994年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベネトンのミハエル・シューマッハが、ウィリアムズのデイモン・ヒルとの争いを制してチャンピオンに輝いた。一方で、第3戦サンマリノGPにおけるアイルトン・セナと、ローランド・ラッツェンバーガーの死亡事故等、安全性の確保が課題になる年だった。1994年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のF1世界選手権

    1993年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年の選手権は、ウィリアムズ・ルノーのアラン・プロストが、休養明けから4度目にして最後のチャンピオンを獲得。この年7勝をマークし、予選では生涯33回中の1/3以上となる13回のPPを獲得した。その決定は、引退を表明した直後のエストリルでのことだった。ランク2位は、長年プロストのライバルとされてきたマクラーレン・フォードのアイルトン・セナ。前半戦の雨などもあって5勝を記録、予想外の活躍を見せたがシーズンを通しては苦戦、一時はデイモン・ヒルにもポイントで逆転されていた。1993年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

121件中 31 - 40件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード