154件中 31 - 40件表示
  • ジョシュア・ヒル

    ジョシュア・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ジョシュア・ヒル(Joshua Hill、1991年1月9日- )は、イギリス出身の元レーシングドライバー。ニックネームは、ジョシュ(Josh)で一般的にはジョシュ・ヒルと記載される場合がほとんどである。父は1996年のF1ワールドチャンピオンに輝いたデイモン・ヒルで、1960年代に2度のF1ワールドチャンピオンを獲得したグラハム・ヒルは祖父に当たる。父デイモン、祖父グラハムから引き継いだオールのデザインのヘルメットを着用している。ジョシュア・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A19

    アロウズ・A19から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アロウズ・A19は、アロウズが1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ジョン・バーナードが設計した。チーム2年目のペドロ・ディニスと、ジョーダンに移籍したデイモン・ヒルに代わってティレルから移籍してきたミカ・サロがドライブした。アロウズ・A19 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年日本グランプリ (4輪)

    1999年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    今回が引退レースとなる元チャンピオンのデイモン・ヒル(ジョーダン)は、スプーンカーブでコースオフ。ピットでノーズ交換してからレースに復帰したものの、再びピットに戻り自らマシンを降りた。1999年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1994年ベルギーグランプリ

    1994年ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    シューマッハは19周目に下りの高速コーナー「プーオン」の出口でオーバーランして1回転スピンを喫するも、すぐに体勢を立て直して走行を続けた。チャンピオンシップのライバルであるデイモン・ヒルはチームメイトのデビッド・クルサードとの争いに手間取り、シューマッハ追撃には至らなかった。1994年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1993年ヨーロッパグランプリ

    1993年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    土曜日の予選2回目は晴天のドライコンディションとなり、ウィリアムズ・FW15Cが実力どおりのポテンシャルを発揮した。アラン・プロストは開幕から3戦連続ポールポジションを獲得。チームメイトのデイモン・ヒルが0.3秒差の2位と健闘した。1993年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    11チーム、22名のドライバーが出場する本GPは3名のドライバーがデビューした。ニック・ハイドフェルドはプロスト・グランプリに加入しジャン・アレジのチームメイトとなった。プロストの1999年シーズンのラインナップは2人とも入れ替えとなり、オリビエ・パニスはマクラーレンのテストドライバーに、ヤルノ・トゥルーリはデイモン・ヒルの後釜としてジョーダンに加入しハインツ=ハラルド・フレンツェンのチームメイトとなった。ミナルディではルカ・バドエルが1997年から始めたフェラーリのテストドライバーとしての役割に専念するため、代わってガストン・マッツァカーネが加入した。3人目のルーキー、ジェンソン・バトンはアレックス・ザナルディに代わってウィリアムズに加入した。バトンは2000年当時の最年少イギリス人ドライバーであった。多くの関係者、ドライバーがバトンを採用したウィリアムズの選択に疑問を抱いていた。ザウバーのミカ・サロは、バトンは経験不足で「自分か他の誰かを傷つけるだろう。」と述べた。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年モナコグランプリ

    1994年モナコグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    予選2位のミカ・ハッキネンと4位のデイモン・ヒルはスタート直後に1コーナーで接触し、両者ともリタイアした。1994年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年オーストラリアグランプリ

    1994年オーストラリアグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前週行われた日本GPの結果、ドライバーズチャンピオンシップではポイント首位のミハエル・シューマッハと2位のデイモン・ヒルの差が1点に縮まり、最終戦オーストラリアGPで雌雄を決することになった。最終戦がチャンピオン決定戦となるのは1986年のオーストラリアGP以来で、1991年に全戦ポイント制が導入されてからは初のケースとなる。1994年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年日本グランプリ (4輪)

    1995年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    スタートではポールシッターのミハエル・シューマッハ(ベネトン)以下、ジャン・アレジ(フェラーリ)、ミカ・ハッキネン(マクラーレン)、デイモン・ヒル(ウィリアムズ)が順当に1コーナーを通過した。先頭のシューマッハをアレジが追う展開となるが、3周目にアレジとゲルハルト・ベルガーにフライングスタートの判定が下された。フェラーリの2台は前後してピットインし、ピットロードで10秒ストップペナルティを消化した。1995年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ブラジルグランプリ

    1998年ブラジルグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レース前、マクラーレンのブレーキシステムに対してフェラーリが異議を申し立てた。ドライバーが後輪左右独自にブレーキをかけ、コーナーを曲がる際にトラクションをかけることを可能にしたこのシステムは、事実上の4WSであった。FIAは4WSの使用を禁止しており、これに違反している言うものであった。ジャック・ヴィルヌーヴやデイモン・ヒルなど他のドライバー達は、デバイスがどのように機能しているかに対して疑念を抱いた。マクラーレンのロン・デニスは、FIA技術代表のチャーリー・ホワイティングによって承認されているとして反論したものの、スチュワードはこのシステムを違反だと宣告した。フェラーリの異議の結果として、チームは週末のどの段階でもシステムを使用しないことに同意した。1998年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 31 - 40件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード