121件中 41 - 50件表示
  • 鶴 (バンド)

    鶴 (バンド)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベース・コーラス担当。1996年のF1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルのファン。鶴 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 1994年ドイツグランプリ

    1994年ドイツグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    3位にデイモン・ヒル、4位にはシューマッハがつけた。また、ティレルの片山右京が当時の日本人の予選最高位となる5位を獲得した。1994年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ヨーロッパグランプリ

    1997年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒルは途中計時で3人のタイムを上回っていたが、最終コーナーでスピンした片山右京を避けたためにタイムロスして4位に終わった。1997年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット

    ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ストレートエンドにある最終シケインは、F1サーキットの中でも難関として数えられる。減速を誤ると縁石に乗ってマシンが跳ね、コーナー外側のコンクリートウォールにクラッシュしてしまう。過去にはナイジェル・マンセル、ミハエル・シューマッハ、デイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴら歴代F1チャンピオンがここにぶつかってリタイアしており、「チャンピオンの壁:Wall of the Champions 」とも呼ばれている。このウォールには「ようこそケベック州へ」とフランス語で書かれた看板がある。ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のF1世界選手権

    1998年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    マクラーレンとフェラーリが全滅した展開でジョーダンの2台が浮上し、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハがワンツーフィニッシュ。ジョーダンは参戦8年目、127戦目の初勝利で、1990年代に誕生したコンストラクターとしては初の勝利となった。年間コンストラクターズ順位でもベネトンを抜き4位に上昇した。1998年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年は、チャンピオンに王手をかけて臨んだウィリアムズ・ルノーのアラン・プロストがポールポジションからスタートし、レース終盤までトップ走行するも、エンジントラブルによりストップしてしまい、代わってトップに立ったチームメイトのデイモン・ヒルがハンガリーGPでの初優勝からの3連勝となる勝利をつかむこととなった。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のF1世界選手権

    1995年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前年の最終戦、デイモン・ヒルとの相討ち決着で物議を醸したミハエル・シューマッハは、1992年のナイジェル・マンセルに並ぶシーズン9勝(1992年は年間16戦)を記録し、ドライバーズタイトルを連覇した。ポールポジション数ではウィリアムズ勢の12回に対しシューマッハは4回ながら、ピットストップの回数やタイミングの妙で逆転する勝ちパターンを確立。シューマッハ人気に沸く地元ドイツで開催されたドイツGPとヨーロッパGPの2レースとも勝利した。1995年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ホワイトスティグはトップギア・テストトラックでスズキ・リアナに乗り1分44秒4を出した。これはナイジェル・マンセルやジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトン、デイモン・ヒルなどのF1ドライバーの記録を上回る記録であり、第15シーズン3回目の放送でルーベンス・バリチェロが破るまで最速記録だった。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年日本グランプリ (4輪)

    1999年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    今回が引退レースとなる元チャンピオンのデイモン・ヒル(ジョーダン)は、スプーンカーブでコースオフ。ピットでノーズ交換してからレースに復帰したものの、再びピットに戻り自らマシンを降りた。1999年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年日本グランプリ (4輪)

    1998年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ハッキネンは好スタートを切り1コーナーを制したが、予選3位のクルサードはアーバインとハインツ=ハラルド・フレンツェンに抜かれて4位に後退。以下ジャック・ヴィルヌーヴ、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハと続いた。クルサードはフレンツェンに抑えられ、ハッキネンとアーバインが後続を引き離す展開となる。アーバインは燃料軽めの3ピット作戦で何とかハッキネンの前に出ようとするが、ハッキネンもファステストラップを記録して隙を見せない。1998年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード