154件中 41 - 50件表示
  • 1995年フランスグランプリ

    1995年フランスグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1995年フランスグランプリ (LXXXI Grand Prix de France) は、1995年のF1世界選手権第7戦として1995年7月2日にマニクール・サーキットで開催された。ミハエル・シューマッハが勝利し、デイモン・ヒルとのポイント差を11に広げた。地元チームであるリジェが好成績を上げた。ゲルハルト・ベルガーはポイント圏内を走行していたが、ピットストップ時に給油リグがうまく接続できず50秒を費やして17位まで後退、結局は12位でフィニッシュした。1995年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年パシフィックグランプリ

    1994年パシフィックグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    金曜日の予選初日にアイルトン・セナ(ウィリアムズ)が切れのあるタイムアタックを決め、暫定ポールポジションを獲得。ミハエル・シューマッハ(ベネトン)が0.2秒差の2位に付けた。土曜日の予選2回目は気温が上昇したためタイムが伸び悩み、シューマッハはタイヤ温存のためにタイムアタックを見送った。これでセナの開幕2戦連続ポールポジションが確定したが、チームメイトのデイモン・ヒル共々同じ地点で原因不明のスピンを喫しており、決勝83周に向けて不安を残した。1994年パシフィックグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーズポイントは、タイトルの条件である5位に入賞したハミルトンが98、マッサが97となり、23歳300日のハミルトンがわずか1ポイント差でF1史上最年少王者の座に就いた。イギリス人ドライバーとしては1996年シーズンのデイモン・ヒル以来、マクラーレンにとっては1999年シーズンのミカ・ハッキネン以来のドライバーズタイトルとなった。コンストラクターズタイトルはフェラーリが172ポイントで2年連続の獲得となった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ3000

    フォーミュラ3000から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    この話はヨーロッパF2時代からあり、事実としてヨーロッパF2、国際F3000ともに、そのチャンピオンドライバーはまだ1人もF1世界チャンピオンになっていない。国際F3000チャンピオンの中からはF1における優勝ドライバーもなかなか現れず、チャンピオンを獲得したドライバーで初めてF1で優勝を果たしたのは1995年カナダGPにおけるジャン・アレジである。アレジ以降もオリビエ・パニス、ファン・パブロ・モントーヤ以外にF1で優勝した元国際F3000チャンピオンはいない。なお、国際F3000とF1の両方で優勝したことがあるドライバーは上記3人のほか、ジョニー・ハーバート、デビッド・クルサード、エディ・アーバイン、フェルナンド・アロンソ、マーク・ウェバーがいる。またデイモン・ヒル(1991年総合7位)、ルーベンス・バリチェロ(1992年総合3位)も優勝こそない(いずれも最高位2位)ものの上位ランカーの一人ではあった。フォーミュラ3000 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の国際F3000選手権

    1990年の国際F3000選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    第2戦のシルバーストン・サーキットではデイモン・ヒルがDAMSの2台に追いついたが、チームメイトのゲイリー・ブラバムに起こったリアタイヤのトラブルが彼の車両にも生じ、苦しめられる。レースはマクニッシュが制し、ドニントンでの事故からちょうど1週間後に感情的な勝利を勝ち取った。1990年の国際F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の国際F3000選手権

    1991年の国際F3000選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ローラ T91/50は前年度優勝車両の発展型であり、という非常に短いホイールベースを持っていた。ライバルのレイナード 91Dはというホイールベースで、およそ15cmも短かった。このローラの短いホイールベースは新型タイヤに悪影響を与え、フォルティ・コルセは3戦の後にレイナードにスイッチすることとなった。エディ・ジョーダン・レーシングはエンジンとギアボックスの間にスペーサーを加えることでホイールベースを延長したが、結局はデイモン・ヒルのためにレイナードにスイッチした。1991年の国際F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ホワイトスティグはトップギア・テストトラックでスズキ・リアナに乗り1分44秒4を出している(「Star in a Reasonably Priced Car」のタイム)。これはナイジェル・マンセルやジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトン、デイモン・ヒルなどのF1ドライバーの記録を上回る記録であり、第15シーズン3回目の放送でルーベンス・バリチェロが破るまで最速記録だった。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年ヨーロッパグランプリ

    1999年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    2度目のスタートは滞りなくきられたものの、1周目の1コーナーでジョーダンのデイモン・ヒルが電気系トラブルにより突然スローダウン。それをかわそうとステアリングを右に切ったアレクサンダー・ヴルツがすぐ横を通っていたペドロ・ディニスに激突し、ディニスのマシンは激しく横転しながらグラベルへ飛び出した。ドライバーの頭部を保護する目的のロールバーが潰れており、ディニスの安否が気遣われたが幸いにも彼に怪我はなかった。この事故によりセーフティーカーが先導する形となった。1999年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の全日本F3000選手権

    1989年の全日本F3000選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    フットワーク/ムーンクラフトと片山右京が、全日本F3000と国際F3000にオリジナルマシンでフルエントリーした。しかし双方とも成績は低迷し、国際F3000ではシーズン途中からドライバーをデイモン・ヒルに交替させてテコ入れを図ったが不振の内にシーズンを終えた。1989年の全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    9月17日 - デイモン・ヒル(イギリス、レーシングドライバー)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

154件中 41 - 50件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード