121件中 51 - 60件表示
  • 1994年ベルギーグランプリ

    1994年ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    シューマッハは19周目に下りの高速コーナー「プーオン」の出口でオーバーランして1回転スピンを喫するも、すぐに体勢を立て直して走行を続けた。チャンピオンシップのライバルであるデイモン・ヒルはチームメイトのデビッド・クルサードとの争いに手間取り、シューマッハ追撃には至らなかった。1994年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年日本グランプリ (4輪)

    1995年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    スタートではポールシッターのミハエル・シューマッハ(ベネトン)以下、ジャン・アレジ(フェラーリ)、ミカ・ハッキネン(マクラーレン)、デイモン・ヒル(ウィリアムズ)が順当に1コーナーを通過した。先頭のシューマッハをアレジが追う展開となるが、3周目にアレジとゲルハルト・ベルガーにフライングスタートの判定が下された。フェラーリの2台は前後してピットインし、ピットロードで10秒ストップペナルティを消化した。1995年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • アデレード市街地コース

    アデレード市街地コースから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年は、ミハエル・シューマッハとデイモン・ヒルのチャンピオン争いとなったが、レース中盤に両者が接触し、リタイアとなった為、シューマッハが初のチャンピオンに輝いた。ちなみにこのレースで勝利したマンセルは、これが生涯最後のF1での勝利となった。アデレード市街地コース フレッシュアイペディアより)

  • モンツァ・サーキット

    モンツァ・サーキットから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年のイタリアGPではシケインの縁石にタイヤマーカーが設置されたが、これに接触してダメージを受けるマシンが続出。トップ走行中のデイモン・ヒルも第1シケインのマーカーにぶつかってリタイアする波乱の展開となり、翌年から撤去された。モンツァ・サーキット フレッシュアイペディアより)

  • 1993年ブラジルグランプリ

    1993年ブラジルグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アラン・プロスト(ウィリアムズ)はチームメイトのデイモン・ヒルに1秒近い差をつけて2戦連続ポールポジションを獲得した。地元GPを迎えたアイルトン・セナ(マクラーレン)はミハエル・シューマッハ(ベネトン)を抑えて3番グリッドを確保したが、フォードV8エンジンのパワー不足を訴えた。1993年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年モナコグランプリ

    1994年モナコグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒルとミカ・ハッキネンは第1ラップでのクラッシュに巻き込まれ両者ともリタイアした。1994年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1993年ヨーロッパグランプリ

    1993年ヨーロッパグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    土曜日の予選2回目は晴天のドライコンディションとなり、ウィリアムズ・FW15Cが実力どおりのポテンシャルを発揮した。アラン・プロストは開幕から3戦連続ポールポジションを獲得。チームメイトのデイモン・ヒルが0.3秒差の2位と健闘した。1993年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・OX11A

    ヤマハ・OX11Aから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年シーズンは、エンジンの供給先を低迷したティレルからアロウズに変更。1996年に明らかになったトラブルに対処すると共に、エンジン単体の性能に関しても改善。開幕戦にはエンジン下部にあたる潤滑系やクランクシャフト、オイルポンプ、ウォーターポンプの全面的な見直しでフリクションの低減を図り、出力アップを実現したスペックCエンジンを投入。第4戦からは、エンジン上部の潤滑系やシリンダーヘッド、カムシャフトとバルブ、吸気システムとニューマチックシステムを一新。より優れた吸・排気効率を実現することで、出力とドライバビリティを向上させたスペックDエンジンを投入した。この改良が実り、第9戦イギリスGPでデイモン・ヒルが6位入賞を果たした。2戦後の第11戦ハンガリーGPでヒルが予選3位を獲得。決勝でも序盤でミハエル・シューマッハとジャック・ヴィルヌーヴを交わしトップを快走。2位のヴィルヌーヴに30秒の大差をつけていたが、残り2周という所でスロットル系にトラブルが発生。アクセルが戻らなくなり、ギヤも2速のまま変速できなくなってしまった。結局最終周にヴィルヌーヴに交わされ2位に終わったが、最もヤマハエンジンが優勝に近づいた瞬間でもあった。その後はニュルブルクリンクで行われた第15戦ルクセンブルクGPでヒルの同僚であるペドロ・ディニスが5位入賞。これがヤマハにとっての最後の入賞となった。ちなみに完走率は48.5%だった。ヤマハ・OX11A フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・ラグナ

    ルノー・ラグナから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年当時、ルノーがF1エンジンを供給していたウィリアムズF1に所属していたデイモン・ヒルがシーズンオフ、イギリスの高速道路でスピード違反を犯して免停処分を受けたのだが、その時に乗っていた車がF1レーサーが好んで乗るスポーツカーではなく、この、ルノーから供与されたラグナであった。またアイルトン・セナも晩年はラグナを足車とし、重宝していた。ルノー・ラグナ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアキム・ボニエ

    ヨアキム・ボニエから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    BRM時代に同僚だったグラハム・ヒルの息子、デイモンの命名者。ヨアキム・ボニエ フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード