154件中 51 - 60件表示
  • フォーメーションラップ

    フォーメーションラップから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年のF1イギリスグランプリでは2位のミハエル・シューマッハがPPのデイモン・ヒルの前後をフォーメーションラップ中に「抜いたり後退したり」する行為を見せた為、規則により最後尾スタートとなる所をシューマッハはそれを無視して2位の位置からスタート、オフィシャル側は5秒のペナルティストップを課すもそれも無視し続け、更にそれに対する黒旗(失格通知)もしばらく無視し続けると言う、重ね重ねの違反行為が大きく問題視され、結果的にシューマッハは2レース失格、2レース出場停止処分を受け、その年のチャンピオンシップ争いに大きな影響を与える事になった。フォーメーションラップ フレッシュアイペディアより)

  • 顔面ジョージ・ハリスン

    顔面ジョージ・ハリスンから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    顔面ジョージ・ハリスン フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・ラグナ

    ルノー・ラグナから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年当時、ルノーがF1エンジンを供給していたウィリアムズF1に所属していたデイモン・ヒルがシーズンオフ、イギリスの高速道路でスピード違反を犯して免停処分を受けたのだが、その時に乗っていた車がF1レーサーが好んで乗るスポーツカーではなく、この、ルノーから供与されたラグナであった。またアイルトン・セナも晩年はラグナを足車とし、重宝していた。ルノー・ラグナ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・フォード

    フォーミュラ・フォードから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    このカテゴリーを経てフォーミュラ1などのトップフォーミュラで活躍しているドライバーも多く、F1チャンピオン経験者としては、アイルトン・セナやナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどがこのカテゴリーからフォーミュラのキャリアを開始している。フォーミュラ・フォード フレッシュアイペディアより)

  • アデレード市街地コース

    アデレード市街地コースから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年は、ミハエル・シューマッハとデイモン・ヒルのチャンピオン争いとなったが、レース中盤に両者が接触し、リタイアとなった為、シューマッハが初のチャンピオンに輝いた。ちなみにこのレースで勝利したマンセルは、これが生涯最後のF1での勝利となった。アデレード市街地コース フレッシュアイペディアより)

  • 1995年スペイングランプリ

    1995年スペイングランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    本GPは1992年のワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセルにとってF1での最後のレースとなった。マンセルはレース後にマクラーレンを離脱した。デイモン・ヒルとルーベンス・バリチェロが最終ラップでギアボックスにトラブルが生じ、ヒルは4位、バリチェロは7位でフィニッシュした。これによって、ベネトンは1990年の日本グランプリ以来の1-2フィニッシュを達成した。1995年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 世界ダウン症の日

    世界ダウン症の日から見たデーモン・ヒルデイモン・ヒル

    世界事務局によると、2015年のテーマとして"‘My Opportunities, My Choices’- Enjoying Full and Equal Rights and the Role of Families"が掲げられている。パトロン、すなわち個人による資金的援助の形で、デーモン・ヒル、ムティア・ムラリタラン、リーアム・ニーソンの参加が告げられている。世界ダウン症の日 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年カナダグランプリ

    1999年カナダグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    決勝レースは大荒れの展開となり、合計4回ものセーフティカー出動に至った。また、最終シケイン後のコンクリートウォールにデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴ、ミハエル・シューマッハといったチャンピオン経験者が相次いで衝突する事故が起こり、後にこのウォールは'チャンピオンズ・ウォール'と呼ばれるようになった。1999年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • デレック・ワーウィック

    デレック・ワーウィックから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    2011年8月25日に開かれたブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)の年次総会で会長に選ばれた。ワーウィクはデイモン・ヒルの後を継いでの会長就任は重責だと語ったが、BRDCが所有するシルバーストーン・サーキットのさらなる開発という差し迫った難題に取り組むことを楽しみにしているとも述べている。デレック・ワーウィック フレッシュアイペディアより)

  • 1994年日本グランプリ (4輪)

    1994年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーズチャンピオン争いはベネトンのミハエル・シューマッハがウィリアムズのデイモン・ヒルを5ポイントリードして残り2戦を迎えた。このレースで差が10ポイントに拡がれば、最終戦を待たずシューマッハの初タイトルが決定する。1994年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード